室内の灯かり

K26a

アメリカのアパートや一般家庭の室内は、みな薄暗い。
日本のように「天井に照明」ってあまりなくて、また、「蛍光灯」も少ない。蛍光灯がついているのは、台所のみという場合が殆ど。これは、リビングやベッドルームは、みな「白熱灯&間接照明」なのだ。
また、リビングとかでも、「日当たりのいいリビング」ってまず無い。どうも、「家具等が傷む」という理由から、ウチの中に日が差すような造りは敬遠されるようだ。

で、日本人は逆に「日当たりが悪いのは嫌」とか「室内が明るくないと落ち着かない」という人が多いのではないだろうか?
なので、日本人のウチのリビングって、みな、何百wもの明るい電気スタンドを置いていたりする。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す