パンク!

ある日、いつものように出勤しようと駐車場へ行った。走りはじめると車の感じがおかしい。お尻に感じるコンコンというものがない。車を停めて確認すると、右後ろのタイヤのAirが少ない・・・・。でも、全然無いわけでは無いのでパンクとは違う。
徐行しながら、近くのスタンドまで行って、Airをいれた。米は当然「ポンド表示」なのだが、そのスタンドのものはKg表示もついていた。確認すると、1Kg前後しかない。
Airを2Kgちょっとまでいれて、確認。大丈夫。やはりパンクではない。会社までもお尻の感覚に注意しながら、出勤。
会社に着いて再度Airを確認(約10マイル強走った)。大丈夫。でも・・・・・毎日気をつけていると、1週間程度でやはり抜ける。
レンタカーなので、修理をするのもバカらしいし、交換に行こうとも思ったけど、やっと手にいれたカローラ。
またどーしようもない車にChangeされたら嫌なので、このまま乗り続けることにした。

会社が認めている"コンパクトB"のグレードだと、下手するとなーんの装備も無い車もある。
やはり、パワーウィンドウと集中ドアロック、Autoクルーズは必需品。初めのFord
Escortなんて、装備はともかく、アクセル全開でも全く走らない。あげく、燃費は悪いときたもんだ。Airが抜ける・・・ってことよりも、そんな車に
替えられちゃうことの方が重要問題だった。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す