Table Check

アメリカではテーブルチェックが基本。
日本のように、食べ終わったら明細をもってレジに行って支払って・・・ということはマズ無い。
食べ終わったら「Check Please….」と言えば、テーブルに伝票(明細書)を持ってきてくれるので、現金払いの場合にはチップを含めた現金をテーブルに置いて立ち去ればいい。カード払いのときは、伝票と一緒にカードをテーブル上に置いておくと、ウェイター(ウェイトレス)がカードごと一旦レジに持っていって、カード支払いの明細を持参してくる。あとは、チップの金額を書いて、チップを含めたトータルの金額を書いて、サインをするだけ。
現金払いの場合には、テーブルに現金を置いてスッと立ち去ればよい。クレジットカードの場合には、Tipの額とTipを含めたトータル金額とそしてサインをするのだが、これは2枚複写になっていて、裏側の紙(大抵黄色)は自分の控えとして取る。そして立ち去るだけ。
混んでいる場合には、レジにウダウダと並ばなければならない日本と違って、ちょっとスマートだったりする。(^_^;)
でも、帰国した際には、そのクセが抜けなくて「無銭飲食」と間違われないよう、注意しなければ・・・


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す