Wiiがやってきた

Wii は面白いのである。

いきなりではあるが、やっとのことでWiiを入手できた。
昨年末の発売以来、買いたくても買えない状態であったので、落ち着くまで待つことにしていた。以前のボクであればあらゆる手を尽くして手に入れていただろうが、そこまでアツくなれないのは、少しは大人になった証拠なのだろうか。

さてお待ちかねのWiiであるが、何といっても、振り回して遊ぶという、操作系としては新感覚のWiiリモコンの楽しさに尽きるのではないだろうか。 Wiiの世界へ導くための「Wiiスポーツ」は、Wiiリモコンの機能をフル活用したもの。デモ的な要素が強いのだが、その楽しさたるや、Wii入門用どころか、Wiiの普及を促すエバンジェリストになるとみた。

テニス、野球、ゴルフ、ボーリング、ボクシングなど 、Wiiリモコンをブンブン振り回して遊ぶのは、かなり新鮮だ。これまでのビデオゲームというと座って遊ぶことが多かったのだが、このWiiスポーツは立たなければ遊べないし、体を大きく使う。
ボーリングもボールを投げるフォームをしてWiiリモコンを振り回すのだが、少しでも傾いていたり曲がていたりするるとガーターになる。 同様にゴルフはちゃんとスライスになる。テニスは、つい足元が右に左にステップしてしまうほど。
なんだか笑っちゃうほどハマってしまい、気がついたら汗までかいていたぐらいである。

同時に「ゼルダの伝説」も購入してみたのだが、これまた新鮮。スーパーファミコンで遊んで以来なので、なんだか懐かしい。BGMは同じメロディーだし、岩を持ち上げるとそこに隠されている宝石が出てくるのも昔と同じ。当時のゼルダは、剣を振り下ろしたり、走ったり、しゃがんだりした程度だったと思うが、WiiのゼルダはWiiリモコンを駆使して、様々な動きが表現できる。
ただ・・・今のボクに、ゼルダのエンディングまでたどり着けるほどの元気と時間があるかどうかは、はなはだ疑問ではあるのだが。。。。。。

お買い物メモ: 
2007/01/17 Wii本体、WiiSports、ゼルダの伝説、レッドスティール  計¥41,200円 (ベスト電器

 


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す