Nikon D80ファームウェアアップデート

Nikonから「D80の新しいファームウェアをリリースしました」との案内がきたので、早速アップデートを行なった。

変更点は、バルブ撮影時のノイズ処理を改善した他、USBの新しい通信規格「MTP」に対応した。
MTPは、PictBridgeでも使われているPTP(Picture Transfer Protocol)を拡張してマイクロソフトが仕様策定したもの。USB上で画像や音楽を転送するためのプロトコル。
Nikon D80ではこれまでPTPにしか対応していなかったが、ファームウェア Ver.1.10へ更新することで、このMTPにも対応する。

詳しくはNikonのカスタマーサポートページに掲載されている。
http://www.nikon-image.com/jpn/support/

以下は、Nikonからのアナウンス(抜粋)

> **********************************************************************
> **
> 1.Nikon D80 用ファームウェア A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
>   のダウンロードについてのご案内
> ************************************************************************
> バージョンアップされるときは、必ず両方のファームウェアをバージョンアップ
> してください。
> 【ファームウェア A:Ver.1.01 / B:Ver.1.01 からの変更内容】
> ・Certified for Windows Vista ロゴを取得しました。
> ・USB の新たなプロトコル MTP (Media Transfer Protocol) に対応しました。
>  セットアップメニューの [USB 設定] の [PTP] を [MTP / PTP] に変更しまし
>  た。また、アイコンも変更しました。
> ・撮影メニュー の [長秒時ノイズ低減] を [する] にして、1 秒から 8 秒まで
>  のシャッタースピードでバルブ撮影を行ったときの、ノイズ低減処理の効果を
>  改善しました。
>
> 詳細やダウンロードについては次のページからご覧ください。
> http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/firmwar
> e/index.htm#heading01
> ファームアップの手順や注意事項につきましては十分にご確認ください。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す