仙台箪笥料理

9月の初め、祖母の3周忌法要のため帰省した。近しい家族だけで行うことにしたこともあって、お寺での法事を済ませたあとは、皆で実家に戻っての会食となった。

家座敷に用意されていたのは、配膳に仙台箪笥を取り入れたことで知られる「鐘景閣 箪笥料理」だった。

旧伊達邸 鐘景閣

http://www.shoukeikaku.jp/

旧伊達邸を仙台市郊外に移築・復元した鐘景閣は、仙台の伝統工芸品である仙台箪笥をつかった箪笥料理が楽しめることで以前から知られていた。これまでは現
地まで出向く必要があったのだが、法事や会席など向けに出張配膳のサービスを始めたのだそうだ。箪笥料理はもちろん、塗り椀やセトモノなどのお膳一式、座布団にいたるまでが含まれているので、こちら側は場所だけ用意すればよい。
家には家族12名分のお膳を載せた保冷車一台と、着物姿の2名の仲居さん他、数名のスタッフがきていた。外商は始めたばかりということで採算度外視のサービスだったようである(笑)。
ゆっくり楽しんで欲しいということでスタッフは一旦引き上げ、指定した時間に片付けにきてもらうことになった。家から鐘景閣までは20kmほどで車なら
30分程度であるが、出向くよりはやはり自宅の方が落ち着く。上げ膳据え膳なのでこちらはなにもしなくてよくて、片付けはもちろん、自宅ということで座敷の掃除もがプランに含まれているのだとか。さすがにこれは申し訳なくて丁重にご辞退させていただいた。
仙台箪笥料理

料理のメニューは以下の通りであるが、どれも仙台の四季を感じさせる郷土料理ばかり。都会では味わえない、ゆったりとしたひと時を過ごすことができたのだった。
ちなみにこの箪笥はこのために作らせた特注品で、料理よりもずっと高いのだそうである。はっきりとは教えていただけなかったが、仙台箪笥は小さなものでも一棹何十万円もするものなので、配膳用とはいえ5万~10万円程度だろうか。

■仙台箪笥料理
献杯  梅の香ジュース
先付け  もって菊 春菊 蟹 どんぶり
お椀  甘鯛酒蒸し 小蕪 松茸 友菜 柚子
お造り  鮪 縞鯵 あおり烏賊 北寄貝 妻色々
揚げ物  黄菊と帆立のしんじょう 栗 ししとう
水菓子  三種盛り合わせ

仙台箪笥
上段 ずんだ餅 胡桃餅 刺身ゆば
中段 焼き茄子おひたし
下段 かます柚庵焼き 無花果ワイン煮 はじかみ あけびの鶏味噌焼き
つぶ貝紅葉あえ 焼きシメジ酒盗あえ
開き戸 穴子小柚寿司 水こぶ 銀杏唐揚げ松葉串 子持ち鮎煮びたし 丸十いちょう 衣かつぎ

二の膳
炊き合わせ  鰻東寺巻き 里芋 栗麩 いんげん 友汁あん
酢の物  鴨の南蛮漬け 蓮根 人参 焼き葱 昆布 防風
食事  はらこ飯
香物  盛り合わせ
留め椀  味噌仕立て

 

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す