301リダイレクトを使って「WWWあり」と「WWWなし」の統一

GoogleやYahooやbingなどの検索エンジンでは、「WWWあり」と「WWWなし」のサイトは”別サイト”として認識しインデックスしている。
たとえば、www.wwm2.comへのバックリンクは、wwm2.comへのバックリンクとは異なるものという整理がなされる。
 ブラウザを使うサイト訪問者に対しては、Apache (httpサーバー)の設定、もしくはサーバーのシンボリックリンクを使えば、どちらでアクセスしても同じページにたどり着くようにすることはできる。しかしそれでは検索エンジンは別サイトとしてインデックスするので、一つのドメインに対するバックリンクが「WWWあり」と「WWWなし」で分散されてしまい、SEO的には望ましいものではない。サイトのPageRankなどにも重要な影響を与えているバックリンクなので、分散化させたまま放置しておくのではなく、一刻も早く一本化させることがポイントだ。
一本化するためにはサーバーサイドの301リダイレクトを利用するので、.htaccessの設定が必要となる。ボクはXREAを使っているので、XREAのファイルマネージャーから.htaccessを作成したが、もちろんftpを使ってアップロードしてもOK。

.htaccessの内容は以下のようになる。

・wwwありの“ドメイン名”で統一したい場合

[php]
"RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^a\.example\.com
RewriteRule (.*) http://www.a.example.com/$1 [R=301,L]
[/php]

・wwwなしの“ドメイン名”で統一したい場合
[php]
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.a\.example\.com
RewriteRule (.*) http://a.example.com/$1 [R=301,L]
[/php]

これで、「WWWあり」と「WWWなし」の統一をすることが可能だ。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す