ある日の出来事

恵比寿

ある日の京浜東北線でのこと、駅で電車を待っている僕の前にいた一人の男性。順よく電車に乗り込んだ彼が、空いていた目の前の席に腰を下ろそうとすると、「ドサッ」という音とともに大きなトートバッグがその席を塞いだ。網棚から落ちたものと初めは思ったのだが、見ると、隣のドアから乗車してきた女性のバッグのようだった。呆気にとられる男性と周囲の視線を気にする様子もなく、30~40代前後と思えるその女性は、自らが投げ入れたその荷物をどけて着席した。
電車でのイス取りゲームはもう珍しくもないけれど、バッグを放り投げてるのを見たのは初めて。呆れる気持ちよりも、たった一席分の隙間に、数歩先からピンポイントで投げ込む見事なコントロールに感心したというのが正直なところ・・・・・。

こんな女性のたくましさをみていると、日本はまだまだ大丈夫だと思う。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す