Windows7アップグレード版メディアでクリーンインストールしよう

win

「Windows7アップグレード版DVDでのクリーンインストール方法」
Windows7へのアップグレードにあわせてHDDを更改したいとか、前OS環境を残しておきたいとか、などの理由で、アップグレード版のインストールメディアを使いつつも、空っぽのHDDにWindows7をインストールしたい場合がある。
このようなケースは、アップグレード版DVDメディアではそのままインストールできない(プロダクトキーを受け付けない)ので、ちょっと工夫が必要だ。
ここでは、アップグレード版でクリーンインストールする4つの方法を紹介する。なお、ライセンスが有効なアップグレード対象となる元のOS(VistaやXP等)を所持していれば、以下の方法を行ってインストールをしてもライセンス違反とはなりません。

1.新規HDDへのクリーンインストール(その1)

まっさらのHDDにWindows7を入れるケース。HDDを更改する場合がこのパターンだ。

  • Windows 7のDVDでブートし新規インストールを選択する。
  • インストールを進めるとプロダクトキーの入力を求められるが、この時点では入力しない。
  • インストール完了後、再びDVDブートし、新規インストールを選択する。
  • インストール場所の選択画面で、ドライブオプションからパーティーションをフォーマット、または削除してインストールを選択。
  • インストールを進め、今度はプロダクトキーを入力。

2.新規HDDへのクリーンインストール(その2)

元のWindowsOSが別のHDDに残されており、それとは別の新規HDDにインストールするケース。
前項との違いは、旧OS環境のHDDにアクセス可能であること。この旧HDDはUSB接続のHDDでは不可。WindowsインストーラーにはUSB接続のドライバが含まれないためで、インストーラーからHDDがアクセスできないからである。

  • 元のOSが入っているHDDを接続
  • DVDブートし新規インストールを選択する
  • 画面に従いインストールしプロダクトキーを入力。

3.元のOSが入っているHDDへのクリーンインストール

これがマイクロソフト推奨のインストール方法。

  • DVDブートし新規インストールを選択する
  • インストール場所選択画面でドライブオプションからパーティーションをフォーマットまたは削除してインストール
  • 画面に従いインストールしプロダクトキーを入力。

4.レジストリを修正する方法

  • Windows7のDVDでブートし、新規インストールを選択する。
  • インストールを進めるとプロダクトキーの入力を求められるが、この時点では入力しない。
  • インストール終了後、regeditを起動。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Setup/OOBE/を見つける
  • MediaBootInstallをダブルクリックし、”1″ から “0” ヘ変更
  • regeditを終了し、コマンドプロンプトを開く。
  • slmgr /rearm のコマンドを入力し、実行
  • “Command completed successfully” のダイアログが出る。
  • 再起動する
  • プロダクトキーを入力する。

※元のOSはXP以降である必要は無く、何らかのWindowOSであればよい。ただし、元のOSのライセンスは有効なものでなければならない。
なお、これら作業は、あくまで自己責任で行うようお願いします。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す