« Posts under 新しもの好き

ありがとうEye-Fi。革新的ガジェットが惜しまれつつも販売終了


独創的発想でイノベーションを起こしたプロダクトの終焉。。。その終わりは線香花火のように儚い。

最近、このブログのEyefiに関する記事へのアクセスが増加していたので、不思議に思って調べてみた。
そしたらなんと!僕も愛用しているEyefiはすでに事業を売却しており、日本法人であるアイファイジャパン(株)は2016年8月31日付けで解散となっていたという事実を初めて知った。Eyefi製品の販売も流通在庫分のみのようで、Amazonで販売されてるEyefi Mobi Pro 32GBの価格も8500円ぐらいだったのが30,000円以上に大暴騰!たっかーーーいぃ!なるほどこれは検索エンジンからのアクセスが急増するわけだ。

ここでちょっとおさらい。Wi-Fiを搭載し、デジカメから直接PCやCloudサービスに写真を転送できるSDカード「Eyefi」。アメリカでの発売は2007年頃と思うが、日本国内で発売された2008年当時は、「IoT」なんて言葉も概念もほとんどの人が知らなかった時代である。Wi-Fi接続ができるデジカメもあるにはあったが、一部の機種向けの高価なオプションであった頃。そんな時代に、EyefiはあらゆるデジタルカメラをIoTデバイスにする魔法のSDカードだった。僕もすぐに興味を持ったのを覚えている(当時の記事)。それから今に至るまでの8年間、Eyefiはより便利に機能や仕様を改良し続けた。機能的な大きな変化は2010年頃の「X2」シリーズでのダイレクトモードと802.11n対応、2013年頃の「Mobi」シリーズでスマートフォンに特化しPCが不要になったことか。そしてインフラとしても「Eyefi Cloud」サービスをリリースしてきた。写真のクラウドサービスは今となっては珍しいものではないが、Eyefiが実現した、写真を撮影したら完全自動でクラウドまでアップロードしてくれるってのは画期的だった。

前にこのブログで書いたことがあるのだが、ボクはニコンDfを購入して以来、SDカードはEye-Fi Mobi Pro 32GBを使っている。普通のSDHCも持っているが、使うのはバッテリのモチが不安が時などだけ。出先ではNikon Dfで撮った写真をWi-Fi経由で自動的にiPhoneやMacBookAirに転送、自宅に戻れば、Eyefi Mobi Proカードの入ったカメラが同じWi-Fiネットワーク内に入っただけで、iMacにマウントしたNASのフォルダにRAWファイルが転送される。撮影から帰宅したらカメラとiMacの電源を入れて放ったらかしておくだけで、あとはコーヒーでも飲んでいれば勝手に済ませてくれるのでスグにLightroomでの現像作業が始められるのだ。要は、触るのはカメラのシャッターだけで、あとはほとんどなにもしなくてもいい。これがとても使いやすくて最高だったのに。。。

それが、まずは2016/6/17に「Eyefi Cloud」サービスをリコーの研究開発子会社であるRicoh Innovations Corporation(RIC)へ事業譲渡すると発表したらしい。Eyefi CloudサービスやEyefi mobiのサポートはこのRICが継承するので、既存ユーザーは変わらず利用できるとのこと。RICは、GR Digitalを作っている会社なのでまずは一安心。さらに7月、Eyefiは、X2以前の製品は一部機能のみ残し、2016/9/16をもってサポート対象外になるとアナウンスした。サポート終了の理由としては「対象製品ラインに含められている主要テクノロジーの一部が時代遅れとなりつつある」としている。そして2016/8/23には、東芝がEyefi社とライセンス契約を締結したと発表。EyefiのEyefiたるところである「Eyefi Connected」が、今後は東芝の「FlashAir」に搭載されることとなった。Eyefiのメイン機能とも言える写真の自動転送やEyefi cloudサービスへの自動バックアップをする機能が、この先リリースされる東芝FlashAirでも利用できるようになる(…と言っても、既存のEyefiユーザーにとってはあまり関係ない話か)
この一連の事業売却にともなって、アイファイジャパン(株)も2016/8/31をもって解散になったのだそうだ。とりあえず「Eyefi」というブランドは残るものの、Eyefiカードそのものは販売停止となり流通在庫のみ、それがEyefiの暴騰につながっているようだ。FlashAirのWi-Fiに接続して写真を転送するという仕組みはとても使いにくいと聞く。Eyefiの機能がそのままFlashAirに載るのであればまったく問題はないのだが。
Eyefiがでた当初は、WiFi機能の無いデジカメをすごく便利にしてくれる革新的アイテムであったが、今はデジカメ側にWiFi機能が搭載されるようになり、EyeFiの必要性やメリットも減ってきたのも事実。イノベーションを起こしひとつの時代を築いたアイテムが、また一つ、その役目を終えたということか。

Android と iPhoneアプリ

AndroidとiPhone、まとまって比較した情報は見たことなかったので少し調べてみた。
iPhoneやAndroidのアプリを開発してみたいけど、どう違うのか(どっちが¥とれるのか?)わからない・・・という人の参考に。もし間違い等があればコメントでご指摘ください。

  iPhone Android
開発言語 Objective-C Java,C++
開発環境(IDE) XCode Eclipse
開発環境(OS) MacOS Win,Mac,Linux
エミュレータ
デベロッパ登録料 $99/年 $25/登録時
アプリ審査
アプリ流通経路 App Store

Android Market,他多数(独自流通も可)

アプリ配布手数料 30% 30%
登録アプリ数(2010/10現在)
 同 (2009/11)
24万
10万
10万(15万?)
1万5千
世界での普及台数(2010/3Q)
 同 (2009/3Q)
1,348万台
704万台
2,050万台
142万台
世界でのシェア(2010/3Q)
 同 (2009/3Q)
16.7%
17.1%
25.5%
3.5%

※IDE(Integrated Development Environment):「統合開発環境」の略。エディタ、コンパイラ、デバッガなど、プログラミングに必要なツールが一つのインターフェースで統合して扱えるような環境のこと。

登録アプリの数はよく比較されるところで、Andoroidのアプリ数の10万というのはGoogleの公式発表によるものなのだけど、 Market(Androlib)の統計データの方では10月末時点でアプリ数は15万に達していたらしい。ただし、Googleの数字は今現在実際に登録・配信されていてダウンロード可能なアプリのみを示すのに対して、AndroLibのデータはマーケット上から削除されたアプリや未公開になっているものなども一部含まれているなど、公式発表ほど厳密ではないようだ。ちなみに 11月20日の今日現在 Androlibの統計データのアプリ数はすでに 22万を超えてしまった。

また、台数やシェアの数字については、ガートナー社のデータに基づいた情報からひろっている。こうやってみるとAndroidの台数の伸びが凄まじいが、これはAndroid連合といえる各社を合わせたもの。一社でがんばっているAppleはやはりスゴイとしかいいようがないが、どちらも爆速で増殖を続けていることは間違いない。

■実機で動作させるには?

iPhone iPhone Developers Programに入会する必要有
Android 登録の必要無し

■特定企業向けアプリケーションを配布について

iPhone エンタープライズプログラムに加入する必要あり($299/年)
Android 特に無し

■開発者向け端末について

iPhone 特に無し。市販の「iPhone」や「iPod touch」をそのまま使用
Android 「Android DevPhone 1」「Android DevPhone 2」がある。

■App Store
・公式HP:http://www.apple.com/jp/iphone/apps-for-iphone/
・iPhone/iPod touch向けのアプリケーション配信サービス。Appleが運営する。
・Appleの審査、アプリ署名が必須。
・アプリ開発者の負担: 手数料あり(年間$99~)
・レベニューシェア: アプリ開発者が70%、Appleが30%。
・販売モデル: 売り切りモデル。サブスクリプションモデルは今後検討。

■Android Market
・公式HP:http://www.android.com/market/
・Android向けのアプリケーション配信サービス。Googleが運営する。
・審査なし。ただしアプリ署名が必須。(開発者署名でもOK)
・アプリ開発者の負担: 手数料あり(Android Marketにアプリ開発者登録のみ$25の手数料がかかる。無期限)
・レベニューシェア: アプリ開発者が70%、その他が30%。(Googleはなし?)
・販売モデル: 売り切りモデル。

Androidでのアプリ開発の概略を簡単に説明しておくと、
1. Java(JDK)を入れる
2. Eclipseを導入する
3. Android SDKを導入する
4. EclipseにAndroid用のプラグイン(ADT)を入れる
といった手順になる。

なににつけAndroidの方がハードル低そうではあるが、マーケットとしてみたらどうなのだろう。ボクは Android (Xperia)と iPadを使っているけど、Androidのアプリはほとんどが無料、有料でもせいぜい数百円なのに対して、iPadのアプリはほとんど有料。必然的に Androidを使う方が多くなり、iPadは標準アプリ(SafariとかMailとか)中心に使っている。だけど、それでもまだ iPhone/iPadにはなにか優位性を感じている。
iPhoneアプリ開発者にとっては、先に述べた登録料などを差し引いても iPhoneの方が¥収益がよさそうで魅力的に見えるのかもしれないが、¥のことを抜きにすればプログラマーの心理で興味をそそるのは Androidといえるのかもww

 

iPad買ってみた

iPadの写真

とりあえず、買ってみた。「iPad Wi-Fiモデル (64GB)」
それと、Wireless Keyboard(USA)版、Dock、CameraConnectionKitも併せて購入。

AppleStoreで6/11オーダーして、キーボードとDockだけは3日程度で届いたのだが、本体の納期は2週間ほど、CameraConnectionKitにいたっては1か月以上とのこと。
Apple製品の購入はもう何年かぶりにもなるけど、新製品の納期がかかるのは昔からぜんぜん変わっていない。それだけ人気があるということで、瞬間風速的に一気に需要が膨らむからなのだろうけど、昔からあまりいい気はしない。急いでいるわけではないのだけど、なんとなく・・・ね。

それにしても、使えば使うほどよくできていると思う。ちょっとしたWebブラウズ用としてリビングに鎮座していたThinkPadは全く使わなくなった。
ただし、アプリの¥高さには閉口した。ボクはドコモのXPERIAを使っているのだが、ほとんどのアプリが無料である GoogleのAndoroid と比べると、iPad/iPhoneはほとんどが有償&高い。(アプリの流通はAppStore経由に限られる上、アプリ登録も年間1万程度のコストがかかる仕組みなので仕方のないことかもしれないが・・・・)
今度は、iOS (iPad) とAndoroid との比較をしてみるのもいいかな…とも思うがどうだろう?

スマートフォンなう

待望のドコモのスマートフォン「Xperia」に乗り換えた。
発売は4/1の発売だったのだが、一週間ほど前に予約をしていたものの品薄のために一日遅れの4/2入荷分にてget。

iPhoneの方が洗練されているとは思うけど、2日間使ってみた感じでは、少なくとも街中の使用においてはエリアの問題は皆無。その他、これからいろいろ試してみる予定。

Xperiaの写真

トルネ売り切れ続出

Sony PS3を地デジ録画に対応させちゃうキット「torne」の発売日が3月18日に決定 した。
価格はこれまでアナウンスされていた通りの¥9,980円。
想像していた以上に反響は大きく、Amazon他、ネット通販はどこもいきなり売り切れになってますww。
本家Sony Styleですら売り切れ(入荷未定)の様子・・・ いまさらあせって買う理由もないし、初期需要が沈静化するまで気長に待つしかないか。。。。

[torne公式サイト]

[ Amazon,ヨドバシ,楽天,Sony Style ]