« Posts under

海峡いか釣り体験

IMG_2423
下北の風間浦でイカ釣り体験ツアー(¥3,000)。民宿の船長の話では、イカ漁ははじまったばかりで、量も少ない上、まだ小ぶりなイカしか上がっていないらしい。晴天とはいえ海峡は少し風が強く出航が心配されたのだけど、出航可否を問い合わせたところ、17:30の出航予定を17:00に繰り上げますとのこと。早めに出て早めに戻るということらしい。
前日の宿泊客は残念ながらボウズだったとのことで「行けば釣れるというものでもないし、運もありますから」とのこと。ツアー自体は夕食前の1〜2時間程度なので、あまり期待せず、と言われながらも、ワクワクしながら乗船。

出港して15分ほどで最初のポイントへ到着。岸が見えているので、4〜5海里(7〜9km)ほどだろうか。船長さんから仕掛けを渡されて「深さ35〜40mぐらいを目安に、仕掛けを煽って・・」との指導。 イカが掛かると重くなるからわかる・・・とのことなんだけど、うーん、わからず。他の釣り客(家族連れ)も初心者らしく、船長は大忙しのようだった。
ポイントを探して何回か移動をしたところで最初のアタリが!!
小ぶりなイカでほとんど重さを感じることはできなかったけど、なんとなくではあるものの、波の動きとは違う動きが指先からわかるような感じ。
このポイントで船長さんから指示されたタナ(水深)は、3m〜5m。こんな浅いところにいたなんて。。。

ポイントが見つかってアタリがではじめると、船長さんも熱くなって早口になってくる。ただでさえわかりにくい青森弁(下北弁?)、早口になると何を言っているかさっぱりわからない。
一度では聞き取れず、何度か聞き返した。

「あっしぇーどごっ、あっしぇーどごっ!」(浅いところ!浅いところ!)
「しゃんめーだーっcけwww」(3メーターくらいww)
「おぉー、いぃーかだだっ」(おぉー、いい型だ)
「こんどなも、かだいーごだ!っっ」(こんどのも型いいなっ!)
「こだかだ、はづがもしゃね!」(こんな型、今期初かもしれない!)

という感じ。
なお、型がいいとは、大物であること。船長いわく、ずっと小ぶりなイカ続きだったので、やっと大型の群れが来たかも!と喜んでいた。

一人あたり10杯ほど揚げたところでツアーは終了。時間にして2時間弱ぐらい。いそぎ港に戻るのだけど、帰路の船長、メチャメチャ飛ばす!。
帰るだけから当然といえば当然なのだが、揺れに耐え甲板にしがみついている我々としては、長袖+カッパをきているとはいえ、波しぶきをかぶるし、風は冷たくて寒いし・・・
イカを持って宿に戻ると「ずいぶん釣れたようでよかったですね。型もいいし。」と。2〜3杯を夕飯用に捌いてもらって、あとはおみやげように冷凍してもらうことにした。鮮度を保つには、皮を剥いて捌いて冷凍してしまうのが一番いいのだそうだ。  

IMG_2427▲本日の釣果。 IMG_2435▲1時間ちょっと前まで海で泳いでいたイカ。さすがに鮮度は抜群でコリコリしていて美味しい。イカゴロもそのまま食べても臭みは全くない。 IMG_2439▲イカゴロにつけて食べるのも良いが、地元ではウニに絡ませて食べるのだとか。なんとも贅沢!

黒石つゆ焼きそば

B級グルメ「黒石つゆ焼きそば」なるものを食してみた。
僕が頼んだのは「つゆ焼きそばセット」。大きな皿の方が通常のソース焼きそばで、丼に入っているのが「つゆ焼きそば」。味はといえば、ソース焼きそばを和風だしスープで割ったような感じ。麺は平麺でコシもしっかりしているので、延びてしまうこともなさそうだ。

IMG_1659

IMG_1657お店は「秋元食堂」といって、黒石つゆ焼きそばの元祖と言われているところなんだけど、店構えはきわめて質素です。

 

IMG_1649ところで、メニューの「やきそばだけのオードブル」というがどんなものか、とっても気になる。。。。

定義山の三角油揚げ

定義山の三角油揚げ

仙台市民から「定義(じょうぎ)さん」の名で信仰されている定義如来(じょうぎにょらい)の浄土宗極楽山西方寺は、仙台市内から車で一時間ほど。平家落人伝説に語られらた寺でもあり、縁結び祈願、子授け祈願、子宝祈願、安産祈願・・・などで知られていて、現在では観光名所にもなっているのだ。

その定義さんで一番の名物が、この「三角あぶらあげ」。製造元でもある豆腐店は、土産物屋など何軒ものお店が並ぶ参道の一番手前にある。拝殿からは一番遠くのお店だ。遠目からみても、写真のように多くの人がこの豆腐屋さんの前に並んでいるので、迷うことはないだろう。
カウンター越しに見えるフライヤーから次々と揚がってくるアツアツの三角あぶらあげに、醤油と唐辛子だけかけて、その場で食べる。表面はサクサク、中はホクホクといった感じで、シンプルなのにかなり美味い。ただの油揚げのようにも見えるけど、香ばしい油がさらに美味さを増してい る気がする。やはり並の油揚げとは違う。
定義とうふ店
仙台市青葉区大倉上下下道1-2
定義山の三角油揚げ

 

定義山の三角油揚げ
▲三角油揚げ(¥120)。奥にみえるのは、同じく名物のみそ田楽(¥120)。

定義山の三角油揚げ
▲店頭の様子。

恒例のブルーベリー狩り

ブルーベリー狩り
※D700+TAM DiSP 90mm (272E)

今年もまた恒例のブルーベリー狩りへ行ってきた。行き先は、昨年も訪れた河口湖畔のブルーベリー農園(昨年の記事)。河口湖畔では、ここ数年ブルーベリーの栽培がさかんで、町をあげてとりくんでいるらしい。ボクらが行った「農園ほりうち」は昨年も行ったところなのだけど、開園してからまだ日が浅く、幹線道からも離れているので、落ち着いてブルーベリー狩りを楽しむことができる。こじんまりとしたところだが農園のひとたちもフレンドリーだ。料金も時間制限なし&食べ放題で¥500円と良心的。持ち帰る分については、¥150/100gだそうだが、それもまた格安。

ブルーベリー狩りのシーズンは、だいたい7月~8月初旬ぐらい。ボクらが行った7月初旬は、まだシーズンインしたばかりで、ブルーベリー畑には
たわわに実っていた。ブルーベリーは、甘くておいしい実をみつけたら、その木になっている実はみなおいしい・・・といわれる。甘い実を探して畑をウロウロし、甘い実のなっている木をみつけたらそこに腰を落ち着ける。時間無制限ということもあって、一本まるごと食べつくす勢いでブルーベリーをむさぼる。時間を気にせず食べていると、さすがのボクもおなかいっぱいになってくる。そんなに多くは食べれるものでもないので、おいしい実は持ち帰り用のパックにつめて持ち帰ろう。ブルーベリーは、そのままでは傷みが早いフルーツなのだが、冷凍すれば何ヶ月ももつのだそうだ。そのまま食するにしても、ジャムなどに加工するにしても、重宝することだろう。

「農園 ほりうち」
〒401-0305
山梨県南都留郡富士河口湖町大石2398
電話:0555-72-8450
http://blueberryfarm.sakura.ne.jp/

Happy Valentines Day!

ア・ラ・カンパーニュのケーキの写真

チョコレートケーキをいただきました(・・・・でもせっかくだけど、甘いものはちょっと苦手)
「ア・ラ・カンパーニュ」というお店のケーキだそうで、このかわいらしい器もセットなんだそうだ。
念のためお店に予約しておいたのだそうだが、14日にお店に受け取りに行ってみたら、店頭販売分はバレンタイン前日のうちに売り切れてしまったのだとか。
ホント女性の行動力には頭が下がるおもいです。。。。

このお店、通常メニューは、フルーツを食材としたフレッシュケーキ(というのかな)がメインだ。その手のものでは「キルフェボン」というお店のものが有名かもしれない。ア・ラ・カンパーニュは、無農薬、あるいはそれに近いような農園で作られた食材にこだわったケーキ作りに取り組んでいるのだそうだ。

「ア・ラ・カンパーニュ」
http://www.alacampagne.jp