« Posts under 311の記録

The day after …

震災直後にも復旧支援の仕事で出向いたものの、当時は不自由なガソリン事情だったこともあって、実家にはちょっと立ち寄って無事な様子を確認しただけ。GWを利用して帰省することにした今回、2泊という短い滞在ではあったが、家族とひとときの団欒をとることができた。

ちょっと街の様子をみてこようと、家の周辺をまわってみた。
市街地は、津波被害は受けなかったものの、瓦や壁が落ちたりするなどの地震被害はウチも含めてあちこちに見受けられた。

The disaster earth quake

▲近所の老舗造り酒屋。家人は無事だったけど、30年前の宮城沖地震にも耐えた建物は、地震により壊滅状態。貴重な地元産業ではあるものの、被災前から、担い手である後継者不足であったことは否めない。人・¥ともに目処がつかず、瓦礫の撤去や取り壊すことすらままならない。まして建て直すなんて・・・このまま廃業ではないかと父が言っていた。

The disaster earth quake

▲土蔵から崩れ落ちた土壁。

ウチから数km、車で5分も走ると、津波を被った沿岸地域である。道路だけは瓦礫が取り除かれて通行可能であるが、辺り一帯、瓦礫の山である。
震災前の街の様子を知っている僕にとって、こうやって目の当たりにしても、やはりこれは信じられない光景であった。

The disaster TSUNAMI

The disaster TSUNAMI

▲空港周辺。自転車ならウチから30分程度だろうか、子供の頃、竹竿かついで釣りにきていた川は、もうみる影もない。

The disaster TSUNAMI

GWの今頃は、例年であれば田植え作業の最盛期である。のどかな田園風景だった地は、見渡す限りの瓦礫の山。
もう2ヶ月になろうというのに、田んぼや畑は海水に浸かったままである。

The disaster TSUNAMI

▲道端に転がる木彫りの熊。どこかの蕎麦屋か居酒屋にあったのだろうか。。。田んぼの中に突き刺さっているのは、折れ曲がったガードレール。

The disaster TSUNAMI

▲このあたりも、子供の頃には自転車で走り回っていた遊び範囲だ。一度は倒れたらしい、ひしゃげた標識。

The disaster TSUNAMI

▲荒らされた自販機もあちこちで見かける。(小屋の中ではエロDVDとか売っていたのだろうけど)

ウチ周辺を小一時間ほど周っただけだが、僕の知る風景や町並みは跡形も無くなっていた。幹線道路は機能しているけど、2ヶ月近くたった今でも、田んぼや畑の瓦礫はほとんど手付かずの状態だ。ただ、瓦礫を積んで行き交う大型ダンプに混じって、物流のトラックや、ここで暮らしている人たちの往来も多くみかけることが、日常を取り戻しつつあることを感じさせる。

非常時の単1電池

eneloop

3.11震災以降の物資不足で単1電池が入手困難な状況だが、たまたま我が家では以前からエネループを使っていたので事なきを得ている。
Panasonic 単3形充電式電池用 サイズ変換スペーサー 2本入 単3形→単1形 BQ-BS1/2B
アウトドア向けの乾電池式ランタン用として準備していたもので、非常時の懐中電灯とも共用していた。単1とはいえ、これ、要は”ゲタ”で、通常の単3のエネループを単1サイズに変換するだけのただのスペーサーである。もともと、カメラ関連機材やWiiリモコンなどで単3のエネループはよく使っていたし、単1なんて他に使い道はないのでこれで十分と思って買ったものだが、思わぬところで役に立った。。。。非常時に用途が多いのはやはり単1電池。停電しているときはどうしようもないけど、お店に行っても電池が買えないような今のような状況下では、使い回しのできる充電電池は重宝する。

アウトドア用の電池式ランタン。キャンプはもちろん、BBQとか夜桜とか、手軽さゆえに使い道は多く意外と重宝しているのだが、1つのランタンに単1電池が6本も入るので、高価なアルカリ単1電池ではコスパが悪すぎる。ランタンは使用時期が限られているので、長期保管時は液漏れ防止のために電池を抜いておくべきなんだけど、抜いた単1電池ってとってもかさばって邪魔くさい。単1って使うようで使わないし、使わないようで使ったり、ストックするにも困りものだったのだが、単1スペーサーであれば液漏れの心配は無いので入れっぱなしにできるし、電池自身は単3なので他用途と使いまわせるということだ。子供のおもちゃなども同様で、単1や単2のアルカリは高くて!!という方にこのスペーサーはオススメです。

なお、写真のはサンヨー当時のエネループと単1スペーサーなんだけど、現在のパナソニック版 単3充電式電池用 サイズ変換スペーサーは、回して開け閉めするタイプで電池が飛び出ないのが魅力。サンヨーのは、ちゃんとホールドされるので問題は無いものの、フタがあるわけではないので、子供がいじったりしていると落ちてくる時があったかな。100均でも同様のものがあるけど、すぐに壊れてしまったり、微妙にサイズが違っていたり。。。パナ版は、安価な上、しっかりした作りなので安心です。

めぐる季節

恵比寿

カレンダーに目をやると、早いもので、もう4月だ。
少しづつではあるけど、近所のスーパーでも水が買えるようになってきた。量的制限はあるものの、会社帰りに立ち寄っても買って帰る程度は残っている。我が家では宅配ウォーターを頼んでいるのだけど、現利用者のオーダーについては通常通りに行われており、品切れという状態ではないらしい。ただ、新規の申し込みが殺到していることでサーバー機の生産が追いつかず、新規申し込みについては一時的に停止しているのだそうだ。

話しはもどって、今日は4月1日。
ウチの会社でもそうだが、街は元気のいい新入社員で溢れている。会社の帰りみち、大通りで信号待ちをしていると、新入社員らしき集団の一人が車道にでてタクシーをとめようとしていた。仲間うちでどこかに飲みに行くつもりなのだろう。なんとなく様子を見ていると、片っ端からタクシーを止めて「5人いけまっか?」「5人あきまへんか?」と聞いている。当然ながらどのタクシーにも断られているのだが、関西弁の彼は「なんでやねん?!」と怪訝そうだ。東京では5人乗れるタクシーをナガシで拾うことは無理ではないかと思うのだが、関西のタクシーってベンチシート(6人乗り)が普通なのだろうか????

 

自分の意思で

街角の自転車

計画停電や節電のため、東京の交通機関は大幅に間引きされた特別ダイヤ、もしくは休日ダイヤでの運行が行われている。ダイヤ調整が難しくなる急行や通勤ライナー系の運行もとりやめ。時差通勤しているとはいえ、早朝の電車ですら激混みである。春休み期間中である今でさえこうなのだから、学校が始まる4月のことは考えたくもない。僕も長いこと東京に住んでいるが、先の見通しすらたたないこんな状態は初めてかもしれない。
そんな状況下の電車通勤を避けるため、僕の周りでも自転車通勤をはじめるひとが一気に増えた。10Km程度の距離であれば1時間も掛からないだろうから、選択肢の一つとしてはアリである。
ウチの場合、少々高台にあるので、経路にはわずかながらのアップダウンがある。カラダのためには少しぐらいハードな方が良いのだろうけど、毎日のこととなるとためらってしまう。そして、帰り道にちょっとお酒を愉しむことができなくなってしまうのが、僕にとってはなによりも耐え難い・・・かも。

久しぶりに

恵比寿

久しぶりにカメラを持って外に出た。
暗いニュースが続いているせいか、街を歩く人も少なくひっそりとしていて、週末ということを忘れてしまいそうだ。節電によって街全体が薄暗くなっているせいでもあるのだろう。
そういえば前から思っていたことだが、道路の両側に立つ街灯~特に幹線道路~は、少し無駄じゃないか?車やバイクにはヘッドライトがあるのに、まるで昼間のように道を明るくする必要があるのだろうか?夜でもヘッドライトを点け忘れている車を時々見かけるが、車道が明るすぎるせいではないか。どうせなら、車道ではなくて、両側の歩道を明るく照らすべきでは・・・・と思うのだが。沿道住民のことも考える必要はあるだろうけど、道端が明るい方が事故とかも減るんじゃないのかなぁ。。。