« Posts under 巡り來る季節

June, 2016

DSC_8000

6月末、ちょうどアジサイが見頃。青森にも梅雨はあるのだけど、緯度的にはほとんど北海道なので、梅雨らしい梅雨は無いに等しい。どんより空ではあるけど雨はあまり降らないし、ジメッとしていたりということもない。

そう言えば、こちらに来てから、傘をさしたという記憶があまり無い。雨が降らないわけではないのだけど、朝から夜まで降っているということは少なくて、通り雨のような降り方。雷雨が多くて、ドザーっと降るのは夜半だけとか。車での移動が多いからかもしれないけど、傘ってあまり持ち歩かなくなった。

冬季も、降雪していても基本的に傘はささないかも。体幹バランスの取りやすい、フード付きコートだけが一般的。傘をさしても、サラサラの雪は風に巻かれて横から吹いてくるので、あまり意味が無いのだ。降雪期に傘を使うのは横なぐりの吹雪の時で、上ではなく前にむけてさす。だから黒い傘よりも、傘越しに前が見えるビニ傘の方が重宝する。

 

弘前さくら祭り2016

DSC_7033
▲西濠はやはり夜桜の方が綺麗だ。

今日は、ゴルフの予定が急遽中止。早起きして弘前城の桜を観てきた。

人はまばらだし、空気は澄んでいて岩木山もよく見えるし、弘前のお花見、特に撮影については平日早朝に限るな。

DSC_7127

DSC_7135
▲外堀はちょっと花筏が出始めた。あと1週間もすると、ピンクの絨毯を敷き詰めたようになる。

DSC_6912
▲曳家で移転した天守。岩木山と撮れるのは今だけ。

▼もと天守があったところ(石垣の上)は何もない。
DSC_6905

DSC_7057
▲昨夜はたくさんの人が行き来していた桜のトンネルは、人影もまばら。

DSC_7109

DSC_7105

弘前城の夜桜2016

DSC_6852

夜桜は、西濠のさくらが一番のお気に入り。

今年からは夜もボートの営業を始めたようで、みな救命胴衣を着用して乗ってました。
(一見、警察かと勘違いして「何か事件でもあった?」と思った)

今日は無風だから波が立たず、鏡のように水面に桜が映る絶好のチャンスなのに、ボートの波で台無し(泣)

▼こちらは風の無いおかげで、綺麗に映ってます。
DSC_6766
DSC_6781
▲この位置が下乗橋と天守を写す撮影スポットなのだけど、今年は天守が無い。

▼天守はココにおります(笑)。お濠を埋めて歩けるようにしてある。
DSC_6808

▼桜のトンネル。この辺りは時間によって陽が隠れて少し日陰になるため、開花も散るのもいつも遅れ気味なのだけど、ほぼ満開。
DSC_6860

津軽の春2016

DSC_6704
▲この写真、この時(http://rightdice.com/2015/12/hashire-melos/)と同じ場所。

最近、津軽鉄道にハマリ気味。

鉄ちゃんではないのだけど、なんか色々と気に留まる話題が豊富な津軽鉄道。

ダイヤは1時間に1本あるかないか程度、通学の無い日祝はさらに本数が減るので、撮るのも大変だ。

今の季節は気にならないけど、真冬の汽車待ち時間は辛いの一言。
DSC_6585
DSC_6152
DSC_6250
DSC_6305

桜のトンネル

DSC_6089

今年もまた変わらず、ここで桜の季節を迎えることに。

満開にはあとちょっと。でも来週末は散り始めるかな。

天気がイマイチだったので、ソフトフィルターを着けてみた。

明日は天気よさそうだから、もう一度きてみよう。
DSC_6072

DSC_6129