« Posts under アメリカ暮らし

Basket ball Game 観戦

とあるツテからチケットをいただいて、3/22(土)のプロバスケbjリーグ「東京アパッチ vs 新潟アルビレックス」の試合を観てきた。
シーズンも終盤戦、2位新潟と3位東京のガチンコであり、競ったゲームを期待して観戦に臨んだ。

bjリーグ オフィシャルサイト

実はボク、日本のプロバスケ bjリーグ を観にいったのはこれが初めてである。
NBAはアメリカ滞在していた時に何度か観にいったのだけど、NBAはプレーヤーの技術レベルの高さや迫力はもちろん、興行としての楽しさもあって大好きだ。大衆的で庶民に人気があるせいかNBA観戦の客層は少々ガラの悪いのが多いのだけど、その品の悪い雰囲気に触れるのもまた楽しみの一つである。
さて、bjリーグなのだが、5月のGWに東京・有明コロシアムで行われるプレイオフめざす。イースタン、ウェスタンの各1位は自動的に有明行きが決定となるのだが、2位と3位はワイルドカードを戦って、プレイオフ進出を目指すのだ。
東京アパッチとしては、1位仙台には届かないまでも、2位浮上のためには落とせないゲームなのだが、対新潟戦はここ最近連敗中。

ゲームは10分ピリオドの4クォーター制。
※バスケの国際ルールって、以前は20分ピリオドの2ハーフ、あるいは12分ピリオドの4クォーターだったのだが、2000年のシドニーオリンピックを境に国際ルールが改正となった。
日本でも、2001年度から改正ルールが導入された。併せて他にも、オフェンスのショットクロックが30秒から24秒になるなどの改正が行われた。スピーディなゲーム展開が臨める・・・のだろう(たぶん)。

全く無知のまま観戦に臨んだのだが、ここでちょっとした驚きが。
東京アパッチのヘッドコーチ(監督)は、元NBAプレーヤーであり、あのL.A. LakersのKobe Bryantの実父、Joe Bryant(Joseph Bryant)である。息子KobeはLakersのシューティングガードを務める、現役屈指のスーパースターだ。その父がなぜ日本でコーチをやっているのかはわからないが、創生期の日本プロバスケに尽力してくれているのだろう。スキルアップに向けた指導はもちろんだが、NBAのように観客も楽しめるようなプロリーグを目指して取り組んで欲しいネ。

▼スーツ姿がヘッドコーチのJoe Bryant

もう一つは、東京アパッチの経営母体「株式会社東京バスケットボール・プロモーション」の社長は、元西武ライオンズの監督も務めた、東尾修氏。
これまた、なぜ代表取締役のポジションについているのかはわからないが、技術指導でないことは確かだろう。ショービジネスとしてのマネジメントに手腕を発揮しているのか?

▼月島もんじゃ振興会がスポンサー?
観客参加のフリースロー大会の景品として「月島もんじゃセット」が提供されていた他、もんじゃ食べ放題の付いた前売り券なども発売されていて、試合観戦以外にも楽しむことができる。入場料が安いこともあり、子供連れての家族サービスには丁度いいのではないだろうか。

さてすっかり試合の話題からそれてしまったが、93-79で東京アパッチの勝利。
試合後は、アパッチシートの観客(or その場で+500円)に限り、コートに降りて乾杯(ただしソフトドリンク?)に参加することができる。
プレーヤーに接してサインをもらったりすることができて、これもファンサービスの一環として好感がもてる。

Broadwayでストライキ


Broadwayには「Local Oneと」いうの裏方で働く人達の組合があるらしい。 本来なら今年の7月末でおこなわれるべき、雇用側であるThe League of American Theatres and Producers(以下、The League)との間の契約更新が棚上げになったまま、今日まで働いてきたのだそうだ。 

これまで双方がそれぞれの条件を提示しあっていたが、同意を得られないまま交渉は難航を続けた。

← イメージ
(最近の写真ではないので。。)

その後の経緯は、
 11月7日 League側が提示した改定案は、組合側にて拒否された。
 11月8日 組合側は
       「現在、ストライキ開始を今週末からにするか、11/13からにするかを検討中」という声明を発表した。
 11月10日 ストライキ決行
 11月12日 ストライキ継続中

The League側は、「ストライキの影響でキャンセルになった公演チケットについては、別の日に振り替えるか全額を返金する」とコメントしている。 Ticketmaster.comや劇場ボックスオフィスで購入し、クレジットカードで支払った場合には自動的に返金されるらしい(要確認)。 現金やチェックで支払った場合には窓口に出向く必要があるようだ。

でも全額返金されるとしても、国内外遠方からその日のBroadway Musical観劇を楽しみにして訪れた観光客にしてみれば、お金さえ返せばいいという問題ではない。 数ヶ月待ちにもなる人気公演のチケットだったりしたら、なおさらである。。。

The LeagueとLocal Oneの間で契約の更改が成立して、ストライキなんてこんな事態は1日も早く終息することを願うばかりである。

キライではないけど・・・

甘いものは苦手なのですが、唯一、チーズケーキだけは好きです。
(レアチーズもベイクドチーズもるんるん

でも・・・

でかっっあせあせ

NYC名物「ニューヨーク・チーズケーキ (キャラメルシロップがけ)」
です。
甘さはほどほどですが、食べきれませんでしたたらーっ(汗)

スカンク

最近の日記というわけじゃないんですが、アメリカに出張していたときの話です。(当時の記事

仕事から帰宅し、駐車場からウチに入ろうとすると、玄関の前にノソノソと動く動物らしきものが電球
「スクワール(Squirrel:アメリカアカリス)にしては大きいし、トロいな・・・・」と思いつつ、よくよく見ると野生のスカンクたらーっ(汗)
(野良じゃなく、野生です)

「Splyダッシュ(走り出す様)・・・たらーっ(汗)」にビビりながら撮影カメラ

翌日会社で話したら「野生のスカンクは珍しくはないけど、見かけたら絶対に追い詰めたりしちゃダメexclamation ×2」とのことです。

このアパート、郊外の住宅地なのですが自然豊かなところで、シカ(Deer)もくるんです。

変わったトイレ

以前ブログ記事に書いたNYCのBarが、たまたま読んだ雑誌に紹介されていました。(当時のブログ記事

BAR89
89 Mercer Street New York, NY 10012

場所は・・SOHO。
Mercer Ave.とSpring St.の交差点より、ちょっとダウンタウン側。通り側の大きなガラス張りのお店だし、昼夜問わず混んでいるのですぐわかると思うよ。

このトイレは男女兼用なので不埒な期待で頭がいっぱいですが、透けそうでいて全然透けないガラスの扉です。
このトイレは人が入ってロックすると自動的に曇りガラスになる不思議なトイレなのです。