« Posts under Life in USA

海外旅行中の入院と医療費

日本から遊びに来ていた友人が滞在中に体調を崩し、腹部の痛みと熱、そしてやたらトイレが近いとのこと。12/30の夜のことで、街は Xmas Holiday から New Years に至るHoliday期間真っ只中、ボクの知る病院はどこもClose。
同僚のアメリカ人の奥様がナースときいていたのでtelにて相談したところ、「症状は伝えておくのですぐ病院に連れて行け」と近くの救急病院を紹介してくれた。急いで友人を車にのせて連れて行くと、そのまま緊急入院となった。
医者の説明は英語が聞き取れずよくわからなかったものの、絵を描いて説明してくれた。どうも急性腎炎か膀胱炎の疑いということのようだ。精密検査など含めて一週間程度の入院が必要とのこと。2週間程の滞在旅行での帰国直前のことなので、帰国は急遽延期。帰国便はフライトの変更ができない格安チケットだったので払い戻しは無理と諦めたのだが、キャンセル連絡の際、急病によるものであるとの事情説明をすると、追加チャージもなくオープンに変更することができた。帰国日程が決まり次第、再予約すればいいとのこと。繁忙期でスタンバイ客があったのかもしれないが、何にせよラッキーであった。

その後、点滴を受けるだけの入院生活を経て体調も回復。2回目のCT Scanの結果では懸念されていた盲腸の可能性もなくなり、微熱は続いているものの帰国の際のフライトには問題ないという医師のお墨付きもいただいた。入院から5日間ほどで退院できることとなった。

あと残るのは治療費の支払いについて。
ボクが現地での連絡先となっていたのだが、おおよその金額を聞いておいてくれと友人から依頼されていたので、保険会社に尋ねてみた。

保険会社の医療安心サービスなる窓口の話によると、海外旅行の際に入院となった場合は、入院だけで約$2,000~$3,000/日程度掛かるのだそうだ($1=120円換算で、一日あたり24万円~36万円!!)。
その他、治療費やCT Scan等の費用を加味して考えると、5日間の入院なので、ざっと150万~300万円程度ではないか・・・・ということだった。

保険について友人に確認すると、今回の旅行代の支払いに使用したクレジットカードに付随する上限50万の海外医療保険の他、個別加入していた旅行保険にも上限約1千万の医療費補償があるというから、特に問題はないだろう。退院の際に処方箋をもらって服用薬を購入(約$120)していたが、これも保険でCoverされるはずだ。

退院時点では Medical Record はまだ完了していないとのことで、後日、病院から直接日本の友人宅に郵送するのだそうだ。これは、医療に関する個人情報の守秘義務の観点から本人以外に見せることはできないため、保険会社やボクが代わりに受け取るということはできないことになっているのだとか。友人によれば、医療通訳サービスを受けるときも、同じ理由で Insurance service Agentより同意書に署名を求められたそうだ。
医療費の請求については、病院から直接保険会社に請求されるように手配済みとのことで、退院時の処方薬の分以外は一切の立替金は発生しなかった。

ちなみに、病院での会話については、ボクも友人も翻訳サービスの必要は全くなかった。病院を紹介してくれた同僚のアメリカ人が、日本人が理解しやすい言い回しやコツなんかを病院側に伝えてくれていたらしく、Dr.やNurseの話もとてもわかりやすくて聞き取りやすく、投薬の際にもゆっくりと説明してくれたので、治療に伴う不安などはほとんどなかったとのことだった。

なにがあるかわからないので、海外旅行に行くときには旅行保険の加入は必須だね。。。。。

 

<追記>

後日きいたところによると、5日間入院での請求総額は、$22,500(約270万円)だったとのこと。
治療らしいことといえば、毎日の生食塩水とブドウ糖かなんかの点滴と、2~3種の服用薬だけだそうだ。当然すべて保険で支払われたため、友人本人はなにも負担は無かったそうだ。

Mustang

OrlandoからClear Waterに行ったときに借りたレンタカーがMustang。 
Florida(FL)は、レンタカーの需要が多いせいか、レンタカーはとても安い。このMustangで、$30/日程度。それに保険代とTAXを加えて、ざっと$50/日程度だったかな。

このMustang、V6の3.8Lなんだけど、もちろん燃費はそんなによろしくない。ただ、FLはガソリンも安い($1.2/GL程度)ので、燃費はあまり気にならない。
ただし、「ホントに3.8Lもあるのか???」と”?”が10個ぐらいつくほど遅い。速そうなのはカッコだけ。(^。^)
非力なのか、それとも車体が重いせいなのか・・・・はわからないが、アクセル全開でもモッサリと加速していく。カローラの方が余程速いのではないか・・・と思う。

そうそう、Mustangも含めて「オープンカーのバリエーションがある車種」は、トランクオープナーがグローブボックス等の中にある。これはもちろんオープンの場合の盗難対策なのだが、これを知らないと、初めて乗るとき運転席の足元等を必死に探してしまうハメになる。もちろん、車から降りてキーでトランクを開ければいいのだけど、いちいちそうしていたんじゃカッコ悪いしねぇ。

落ち葉掃除 2000

ここPennsylvaniaでは、Thanks Givingの前後の頃には秋も終焉を迎える・・・のだが、その頃には毎年恒例(?)の落ち葉掃除が・・・。落ち葉掃除は、土地が広いアメリカでは日本のようにチマチマとはやらなくて、風で吹き飛ばして一箇所に集めて・・・で、一気にまとめてトラックに乗せて運んで行っちゃう。このお掃除の日は、朝早くからブイブイとエンジン音が鳴り響くので、とてもではないがゆっくりとは寝ていられない。

ある休日の朝、ウチの外からけたたましいエンジン音が響いて目が覚めたのだが、すぐに「落ち葉掃除か」とピンときた。
「あぁ、もうそういう時期かぁ・・・」と思いながら窓の外に目をやると、やはり落ち葉掃除。

何人かの連中が、エンジンの付いた掃除機(吹き飛ばすだけだから掃除機とは言わないか?!)をぶら下げて、落ち葉を一箇所に集めている。この携帯のものでは、細かいところ(木々の下とか)をやって、ある程度集まったら、今度は手押し式の強力な扇風機(これもエンジン付)でさらに一箇所に集めるのだ。
落ち葉で一山ができると、今度はそれをトラック(というかダンプ)に積み込んで、どこかに運んでいく。この一連の作業で、アパートの周りからはキレイさっぱりと落ち葉が無くなる。

大抵、お昼頃には終わるのだけど、日本のように「シャッ・・シャッ・・・」という竹ボウキや熊手の音のような風流な感じはサラサラ無い。

左側に落ち葉が舞い上がっているのがわかるでしょうか?

背中にエンジンを背負って、こんな感じで吹き飛ばしていきます。

仕込みではなくて・・・

NYのグランドセントラル駅を歩いていたら、前から歩いてくる人が皆、私の肩越しの方を指差してクスクス笑っている。「何だろう?」と思って振り返って驚いた!

オケツ丸出しで何だか佇んでいる(?)お兄ちゃんがいたのだ。
(断じて、仕込みネタではない)
私も思わず笑ってしまったが、あまりのインパクトに、ついカメラを向けてしまった。写真を撮るのはちょっと気が引けたのだけど、周りのアメリカ人らも結構カメラを向けている人がいたので、「まぁいいや」と思って撮影。 (^-^;)ゞ

NYに限らず、アメリカでは時々変な人を見かけるが、彼がわざと(パフォーマンス?)やっているのか否か、それは定かではない。とてもではないが、声を掛けれる状態ではなかった・・・・。
何だか真剣に階下を眺めているし・・・。

この写真は、LINCOLN TUNNEL入り口の渋滞の中で撮影した、WORLD TRADE CENTER

AZTEC

ある日会社に出勤すると、何だか見かけたことのないSUVの車が。「なんだろ?」と思ってシゲシゲと観察。
で、GMのブランドの一つである「Pontiac」ブランドの「AZTEC」という車だった。アメリカでは、ミニバン・ワゴンのブームが去った後、SUVが人気となっていて、Mercedes-Benz MLやLexus RX300(日本名ハリアー)等が人気。これらSUVは、車に興味が無い人にとっては「パジェロ等のクロカンと何が違うんだ?」と思われるかもしれないけど、要はライトクロカンと考えればいいかも。昔、パジェロやランクルの類の4x4がブームだったことがあったけど、「四駆なんて使う機会は殆ど無いからいらないジャン。重くなるだけだし・・・・。じゃ、そんなの取っちゃえ。カッコだけの”ヨンク”でいいや・・・」という感じかな。
で、そのSUVの筆頭が、前述のMLやLexus RXとなる。さらに、「これらは高くて買えない。アシに使うだけならもっと安くて小さいのでいい」という市場があって、そこに位置するのが、Honda CR-VやToyota RAV-4やIsuzu Rodeo。

今まで日本車独占だったこの市場を、アメリカの自動車メーカーが指をくわえてみているハズがなく、ここ最近いろんな車種がデビューしている。このAZTECもその一つ・・・・というわけ。
このマーケットには、他にも、FordがEscapeという車を出したし、NissanもX-Terraという車を出している。

▼アクの強い、イカにもアメリカ車的なデザイン。品質感はまぁまぁ。内装はどうなんだろ?

どことなく、2代目のCR-Xを思わせるリアビュー。