« Posts under ツーリング

GSX-R1100でアメリカを堪能


▲GSX-R1100 アメリカ在住当時の、ぼくの愛車である。。。。

日本では大型バイクになる”イレブン”だけど、ここアメリカでは排気量や大きさは関係なく、免許は一種類だけで「Motor Cycle」という括りだ。

会社の同僚から中古で買ったものだけど、ヨシムラの集合もついてていい音がするんだ。

写真の場所は、Pennsylvania Turnpike (I-76)のPennsylvania州とOhio州の州境、Ohio州に入ったあたり。

Floridaへ。(4500km/5日間のドライブ紀行)

仕事は、11/23から11/27まで5連休だった。特に休みをとって・・というわけではないのだが、会社のボスが「交替で5連休を・・・」という配慮からこうなった。
土日分の休み+Thanks givingの1日+今までのシフト勤務の時間超過分=5連休
ということでの配慮。でも、それを言い渡されたのが、11/19の土曜日。
そんな急に言われても、どこにも行けない(手配ができない)・・・と思いつつも手当たり次第にあたってみた。
結果、日本のGWと同じで、ツアーやホテルや航空券はベラボウに高い・・・・というわけで、行き当たりばったりながら、アメリカ南部へ車で・・・・と。
ホテル等は特に予約はせず(できず)、適当にモーテルで・・・もし空いていなかったら走り続けるか車中泊・・・・と決めて出かけることにした。

11/23から休みだったものの、仕事上のレポート等があって、23日はウチにいた。24日早朝出発の予定が、「いいや、行けるとこまで行っちゃえ」と、深夜2時半にアパートを出た。24日は、Chesapeak Bridgeを通ってI-95を南下。Virginia州を抜けて、North Carolina州、South Carolina州へ。South CarolinaからそのままI95を南下する途中、I95から西にそれてI20へ。 このI20は、Georgia州のAtlantaに繋がるのだが、日も暮れてしまったので、South CarolionaとGeorgiaの州境のAugustaで宿泊。 ゴルフのマスターズの会場として有名なところだ。
前述の通り、ホテルの予約等はしていなかったものの、最初に入ったモーテル「Hamptomm INN」ですぐに空き部屋が見つかった。 Georgia州との州境まであと2マイル(3km)。25日はここからAtlantaへ直行! (約100マイル)。

11/25、Atlanta市内を観光したものの、お店や観光地などはどこもThanks Giving Holidayでお休み。
当初の予定では、「日数的にも距離的にも、Atlantaまで行くのがやっとだろう・・・」と思っていたのだが、Atlantaは泊まってまで観光するところではなかったのと、時間的にも体力的にもまだ余裕があった・・・。

というわけで、さらに南部のフロリダまで足を伸ばしてみることにした。
マイアミ&オーランドには行くつもりはなく、フロリダ北部のデイトナを目標に。
これは、オーランド(例えば、Walt Disney World)は車での”足”は必要ないし、時間をかけてゆっくり行きたい、マイアミも同様・・・との理由によるもの。

以下の地図はその経路ですが、走行距離はおおよそのものです。結果的に、5日間での走行距離は、4500kmにも及ぶこととなりました。
このドライブ紀行については、「旅録」の方で詳しく取り上げることにしよう。

 

Harley Touring

Pennsylvania州には無かったのだが、ここMinnesotaではバイクのレンタルショップがある・・・・とかで、バイク好きが同士でツーリングへ。

これは・・・・・・雨にたたられて大変だった。ボクのはまだカウルがある&フルフェイスだったからいいものの、ハーレー組は・・・皮ジャンにハーフキャップorジェットヘルだったので、濡れるのはもちろん、頬にあたる雨が石ツブテのようだった・・・・とか。

ちなみに、レンタル代(保険代込み)は、ロードキング(左から2番目)で$150/1日、他のもので$100/1日だったとか。ヘルメットなどもレンタル可だけど、こだわりが無ければその辺のホームセンターで買った方が安い。また、借りるときにDepositとして$1000がクレジットカードにChargeされる。このDepositはバイクを返却後に全額返される(傷をつけたりした場合は、その分が引かれる)
ハーレーは、満タンでも100マイル程度しか走らないので、給油に気を配らないとガス欠の可能性が高い。(アメリカでは、50マイル:80kmぐらいガソリンスタンドが無い・・・ということもザラ)
また、レンタルバイクは、備え付けのバッグ以外にはネットすらNG(傷がつく)とのことで、宿泊を伴う場合は荷物量が限定される。
なお、レンタカーと同じく国際免許でOK。バイクの国際免許を取得するためには、日本国内で普通自動二輪(大型でなくてもよい)を持っている必要がある。つまり、日本で普通自動二輪(要は中型二輪)を持っていれば、米では排気量無制限になる。

NY州やNJ州やCA州では、国際免許の有効期限は、米入国後3ヶ月(NJは1ヶ月)と決められているので注意が必要。免許自身の有効期限が残っていても無免許運転として処罰される(前例アリ)。国際免許は”非居住者”が一時的に運転することを許可するものであるので、3ヶ月を越えて滞在する者は、そもそも”非居住者”とは言わないので国際免許の利用資格を満たしていない・・・という解釈なのだそうだ。

当然、入国日を証明するもの(パスポート等)の同時携帯が義務付けられている。

Golf competition

 

バイクのツーリングがてら、会社のゴルフ大会に立ち寄ってみた。私はゴルフをしないものの、興味半分で見学。

ミネソタに限らず、アメリカのゴルフ場は日本とは比較にならないほど安い・・・とのこと。
18ホールで$30もしない・・・とか。
ちなみに、スパイク付きのゴルフシューズが禁止のところも多いそうだ。
また、見ていた限り、日本のようにキッチリと道具を揃えている人は少ない。
アメリカでのGolfは、贅沢な遊びではなく、もっと大衆的な娯楽・・・・といったものらしい。



Lake Superior

「5大湖制覇(?)」を目標にしているわけではないのだが・・・

5月のOntario湖、9月のErie湖とMichigan湖・・・に続いて、Superior湖へ行ってみた。

ミネアポリス&セントポールのTwinCityから、車で約2時間。距離にして100マイル(約160km)。

北米最大の湖(だったかな?)のSuperior湖は、九州がすっぽり入る程度の大きさ・・・。もしかして北海道ぐらい?ちゃんと調べたわけではないので定かではないが、地図を見る限り、そのぐらいはある。

これを湖というのにはあまりにも大きすぎるが・・。
・・・で、行ったところは、Duluth(ダルース)というところで、MinnesotaとWisconsinの州境にある。

ここから北にさらに約100マイル(約160km)行くと、そこはもうカナダである・・・。