« Posts under スポーツ観戦

Basket ball Game 観戦

とあるツテからチケットをいただいて、3/22(土)のプロバスケbjリーグ「東京アパッチ vs 新潟アルビレックス」の試合を観てきた。
シーズンも終盤戦、2位新潟と3位東京のガチンコであり、競ったゲームを期待して観戦に臨んだ。

bjリーグ オフィシャルサイト

実はボク、日本のプロバスケ bjリーグ を観にいったのはこれが初めてである。
NBAはアメリカ滞在していた時に何度か観にいったのだけど、NBAはプレーヤーの技術レベルの高さや迫力はもちろん、興行としての楽しさもあって大好きだ。大衆的で庶民に人気があるせいかNBA観戦の客層は少々ガラの悪いのが多いのだけど、その品の悪い雰囲気に触れるのもまた楽しみの一つである。
さて、bjリーグなのだが、5月のGWに東京・有明コロシアムで行われるプレイオフめざす。イースタン、ウェスタンの各1位は自動的に有明行きが決定となるのだが、2位と3位はワイルドカードを戦って、プレイオフ進出を目指すのだ。
東京アパッチとしては、1位仙台には届かないまでも、2位浮上のためには落とせないゲームなのだが、対新潟戦はここ最近連敗中。

ゲームは10分ピリオドの4クォーター制。
※バスケの国際ルールって、以前は20分ピリオドの2ハーフ、あるいは12分ピリオドの4クォーターだったのだが、2000年のシドニーオリンピックを境に国際ルールが改正となった。
日本でも、2001年度から改正ルールが導入された。併せて他にも、オフェンスのショットクロックが30秒から24秒になるなどの改正が行われた。スピーディなゲーム展開が臨める・・・のだろう(たぶん)。

全く無知のまま観戦に臨んだのだが、ここでちょっとした驚きが。
東京アパッチのヘッドコーチ(監督)は、元NBAプレーヤーであり、あのL.A. LakersのKobe Bryantの実父、Joe Bryant(Joseph Bryant)である。息子KobeはLakersのシューティングガードを務める、現役屈指のスーパースターだ。その父がなぜ日本でコーチをやっているのかはわからないが、創生期の日本プロバスケに尽力してくれているのだろう。スキルアップに向けた指導はもちろんだが、NBAのように観客も楽しめるようなプロリーグを目指して取り組んで欲しいネ。

▼スーツ姿がヘッドコーチのJoe Bryant

もう一つは、東京アパッチの経営母体「株式会社東京バスケットボール・プロモーション」の社長は、元西武ライオンズの監督も務めた、東尾修氏。
これまた、なぜ代表取締役のポジションについているのかはわからないが、技術指導でないことは確かだろう。ショービジネスとしてのマネジメントに手腕を発揮しているのか?

▼月島もんじゃ振興会がスポンサー?
観客参加のフリースロー大会の景品として「月島もんじゃセット」が提供されていた他、もんじゃ食べ放題の付いた前売り券なども発売されていて、試合観戦以外にも楽しむことができる。入場料が安いこともあり、子供連れての家族サービスには丁度いいのではないだろうか。

さてすっかり試合の話題からそれてしまったが、93-79で東京アパッチの勝利。
試合後は、アパッチシートの観客(or その場で+500円)に限り、コートに降りて乾杯(ただしソフトドリンク?)に参加することができる。
プレーヤーに接してサインをもらったりすることができて、これもファンサービスの一環として好感がもてる。

Allen Iverson@76ers

First Union Centerにて、76ers vs. Cleveland Cavaliers

NBAの試合観戦は久しぶりだ。
お目当てはやはり、Iverson!

NHLを観戦してきた!

NHL (National Hookey League)を観戦してきた。

今夜のカードは、Philadelphia Flyers vs. Minnesota Wild である。

仕事を終えてから、First Union Centerへ向かう。車で1時間弱程度だ。
ここPhiladelphiaには、アメフト(NFL)のEagles、ベースボール(MLB)のPhillies、バスケットホール(NBA)の76ers、そしてアイスホッケー(NHL)のFlyersと、4大プロスポーツのチーム全てが揃っている。実力は、Philliesをのぞき、いずれも毎シーズンAクラスの常連チーム。優勝をうかがえるほどの強豪チームだ。(Philliesは、どうもパッとしない。。。)
First Union Bankが冠スポンサーとなっているこのスポーツアリーナは、76ersとFlyersのホームである。
アメリカ、特に北部地域ではホッケーが盛ん。子供が目指すのは、アメフトかホッケーのプロ選手なのだそうだ。聞いたところでは、ベースボールは動きの少ない鈍なイメージがX、バスケは黒人主体のスポーツという点で敬遠されがちなのだとか。

ゲームの結果はというと、Flyersの圧勝。Wildも弱いチームではないのだが、ホームの強み?

ところでこのFlyersのチームロゴ、どうしてもマンガ「パーマン (藤子不二雄作)」のパーマンバッヂに見えてしまうのだが・・・(; ̄∇ ̄A


▼Liveで観るPower Playは見ごたえあるね (●>∀<●)/


76ers (NBA)

アメリカにはいくつかのプロリーグがあるが、NBAもその一つ。Philadelphiaの地元チームは「76ers」といって、日本ではあまり馴染みが無いかもしれないけど、結構強いのだ。ちなみに、76ersは「Seventy Sixer's」なのだが、通称「Sixers」と呼ばれている。76とは、アメリカが独立した「1776」にちなんだもの。Philadelphiaのプロチームは、NBAの76ersのほかに、NFLの「Eagles」、NHLの「Flyers」、MLBの「Phillies」がある。このうち、Philliesを除いた3つはAクラスと言えるのだけど、Philliesはイマイチだねぇ・・・・。

今回のチケットは、仕事の都合で行けなくなったと駐在員の人から譲り受けたものだったのだが、1階席のど真ん中の好ロケーション。 Sixersは人気チームなので、結構チケットの入手は結構困難なのだ。(ちなみに、今回はHornets戦だったのだけど、Lakers戦だと、まともな手段では購入できない)
ちょっと得した気分。
場所は、Philadelphia郊外にあるFirst Union CenterというSixsersの本拠地です。

Gameは、勝ち負けもさることながら、Showの要素がふんだんにあって、「やはりプロリーグはこうでなくちゃ」と思う。お金を払って観に行くのだから、楽しませてもらわなくっちゃね!

下の写真は、HALFTIME SHOW!

これもHalf time show。
派手なダンクをみせてくれるのだけど、さすがに踏み台を使ってます。。。

Baseball Game

会社の慰安(?)で、ナイターを観にReadingという街に出掛けた。バスを2台チャーターして、Beerとおつまみ程度のものがでた。
Game自体は、マイナーリーグのもので、そのレベルは日本の草野球程度・・・かな。でも、ま、Beerを飲みながら適当に楽しめたのでヨシとする。