« Posts tagged イルミネーション

仙台光のページェント2015

DSC_5109

今年で30周年となる仙台の師走の風物詩『SENDAI 光のページェント』。出張の帰路に途中下車して、今年も観る機会に恵まれた。年末の帰省の時にもチャンスはあるけれど、何かと慌ただしくて観れそうで観れないものなので、気分的にも12月半ばがイイね。

クリスマス前ということもあって、街はとっても賑やか。60万個の光芒に多くの人が見とれていた。ページェントが始まった昭和60年は、僕はまだ学生。ちょうどバブル期に差しかかった頃で、阪神優勝やNTT株やBe-1発売など、世の中全体が浮かれていた。「ページェント観に行かない?」ってのがデートに誘うキラーフレーズだったが、それはおそらく今も変わらないだろう。ページェントが無かった時代が思い出せないぐらい、もう定着してますね。

DSC_5123

フィルターを持ってなかったのが残念。。。

DSC_5133

DSC_5144

 

光のページェント2014

IMG_2882

光のページェントを観にこれたのは何年ぶりだろう? 震災以来初めてかもしれない。
何度見てもエエものはええね。
このイベントが始まったのは確か、まだ世の中がイケイケであった昭和62年頃、僕がまだ学生の頃だ。
以降、想いを寄せていた女の子への告白や、付き合い始めてからも彼女連れてのデートなど、いろいろなシーンで利用させてもらったっけ。
このイベントが無かったころの仙台市内の冬景色って、葉が落ちて寒々しい青葉通や定禅寺通、そして、スパイクタイヤの粉塵で霞が掛かっていて一つ先の信号すらボンヤリとしか見えないほどの灰色の世界だった。
ページェントのおかげで、一気に華やかな街並みに変わったことを今でも覚えている。

今年ももう少しで終わり。
明日からの2015年は、いったいどんな年になることやら。。。。

光のイデア


※運営基金をよびかける募金箱の中もなんとなくさみしい。

もうすっかり仙台の冬の風物詩として定着した感がある、『SENDAI 光のページェント』。
基本的に募金でなりたっているこのイベントは、その開催期間が年毎の世相を映しているのはよく知られているところである。終わりについては例年とも大晦日が消灯式と決まっているのだが、スタートの時期が予算(募金額+α)に応じて毎年変わる。予算の少なかった年は12月半ばのスタートということもあったと記憶しているが、バブル期から20年以上も継続しているのは、このイベントを愛する市民、そして地域有志や地元企業の努力の結果なのだろう。
地方分権や財源委譲がさけばれる昨今、活力溢れる地域経済は、もうずっと以前から自立しはじめていたのかもしれない。


※車の切れ目を狙って慌てて撮ったので、手ぶれしてしまった。


※Nikon D700


※Nikon D700

仙台 光のページェント2002


※Olympus C2000Z

Philadelphia近郊のクリスマスイベント

近場の冬のイベント情報です。
実際にいってみたものに限っていますが、行ってみて面白くなかった時はご容赦願います。

ロングウッドガーデン:
11月24日から1月6日までXmas Illuminaitonが見られます。庭園内の木々に40万球の電飾が飾られます。仙台の光のページェントや表参道のイルミネーションとは趣が違いますが、見て損は絶対ありません。 音楽に合わせて踊る噴水、デュポンの家もお忘れなく。
今年も見てきましたが温室内の色々なXmasツリーやWreath(リース) には感心します。温室奥のリースの展示会場、温室内の地下のトイレのホールもお忘れなく。毎日夜9時まで夕暮れ時に行ってブラブラ散歩すれば良いと思います。
入場料は12ドルですが火曜日は8ドル。童顔の方なら6ドル(16~20歳)でOK。IDを見せる必要はないので。
知人の息子さん(26才)も6ドルで入りました。

Waterloo Garden:
我家のアパートの前の植木、ガーデニング、ギフトショップ。ドライブしていると気が付くほど、目立ちます。州道100号と平行するWhiteford RoadとR30号の交差する付近。店の前の駐車場のXmasのイルミネーションがなかなか。
ギフトショップ内のツリーやXmasグッズ、温室内のポインセチア、温室奥のレインフォレストやDickensの部屋もどうぞ。無料なのでいつでも可。9時過ぎると外のイルミネーションが半分消えるので9時前に。近隣にお住まいの方なら会社帰りに最適。

Philadelphia:
フィラデルフィアの町もきれいです。Phila美術館前のXmasツリー、City Hallの回り、Rittenhouse Square近辺、裏町(Pine Street、Lucust St.等)の家の飾り付け。
City HallのそばのLoad&Tailorデパートのメインホールでは夕方から毎時、7階までの吹き抜けの壁に音楽に合せてイルミネーションが踊ります。お子様向けですが、只ですから
お暇ならどうぞ。街中をあちこちドライブすると色々な飾りが見られます。Penns Landingでは屋外スケート場もオープンしています。

New York City:
Philadelphiaからは車で一時間ほどと近場ではないのですが、Xmasと言ったらNYCをはずすわけにはいかないので。。。
ご存知だと思いますがロックフェラーセンターまえの大 Xmasツリー。
ロックフェラーセンター前のアイススケート場、五番街の店々のXmasデコレーション、セントラルパーク内のスケート場、リンカーンセンター前のツリー、Plazaホテルをはじめとする
有名ホテル内のXmasデコレーション、Radio City Music HallのRocketsのラインダンス等等、アメリカの風物詩です。一度は必ず行って見てください。この時期のNYCが一年で一番華やかだと
私は思います。できれば一泊してノンビリと。

Washington D.C.:
ここもPhiladelphiaから近くはないけど、行ける人はぜひ!。
XmasデコレーションをしたWhite House内の見学。月曜を除く毎晩か週末の夜か忘れました。インターネットで調べてください。整理券ではなくただただ並んで待ちます。
昨年行った時はミゾレ混じりの中、2時間半も待ちました。飾り付けはなかなか。話の種にどうぞ。
それからWhite House 前の公園(Elipse)に大きなツリーが飾られます。毎年点灯式は大統領がする筈。

注意事項:
どこも寒い。特にNYCはビル風が強いので体感温度は零下10度C。寒がりな方は、スキー用のタイツがお勧め。 それからマフラー、手袋、耳の隠れる帽子か耳当は必ず準備。
靴は底の厚いもの。「ほっカイロ」もあれば完璧です。 靴の中敷きになる「ほっカイロ」、日本では売っていたような気がするのですが、こっちで見つけた方あれば教えてください。