« Posts tagged 津鉄

Happy Halloween 2016

dsc_1485

Halloween飾りつけをした『メロス号』、通称「Halloween列車」。昨年は外からみただけだったので、今年は乗車してみた。

Halloween: ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているヨーロッパを発祥とする祭り。 もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日の、カトリックの聖人の日である万聖節(All-hallow)の前の晩に行われる。万聖節のイブ「All-hallow-even」を短縮して、Halloweenと呼ばれる。

現代のHalloweenは、特にアメリカ合衆国で民間行事として定着しており、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
日本でのHalloweenは、幼稚園や保育園の行事があるぐらいでなかなか定着しなかったのだが、SNSが定着しはじめた数年前ぐらいから、なぜか仮装(というかコスプレ)パーティというのが目立ってきた。夜の繁華街でのイベントも増えたし、学生〜20代ぐらいが中心だろうか、Halloweenが近くなると仮装した人たちが渋谷の街に集まるようになってきたのもここ最近のこと。仮装のテーマにこだわりはなく、Halloweenとはあまり関連性が無いのも日本独特だ。Halloweenは子供が主役のお祭り、学生や大人が夜更けまで大騒ぎするものではないし、仮装パレードの日でもないのだが。。。

それはそれとして、津軽鉄道のハロウィーン列車は、いかにも津鉄らしい手造り感満載だった。同乗しているアンバサダーによると、職員が夜遅くまで手縫いや工作をして作り上げたんだとか。アンバサダーが「コウモリは私が縫い付けました!一匹で3ヶ所づつヒモに縫ったんで大変だったんですよ!!!!」と言ってた。

dsc_1492▲医療用?ゴム手袋の指を切って作ったオバケ。さらに指先はチビオバケに(笑)

dsc_1502▲クモの巣はゴミ袋だそうだ。

dsc_1470ハロウィン列車は、1両編成のこの車両だけ。一日数本程度。

dsc_1462▲津軽鉄道 津軽五所川原駅。レトロ感満載、切符は懐かしい硬券。

dsc_1461▲10月末で気温は一桁。すでにストーブ必須。

dsc_1634▲日本最北の私鉄「津軽鉄道」の津軽五所川原駅と、右のレンガ模様はJR五能線のJR五所川原駅。

津軽の春2016

DSC_6704
▲この写真、この時(http://rightdice.com/2015/12/hashire-melos/)と同じ場所。

最近、津軽鉄道にハマリ気味。

鉄ちゃんではないのだけど、なんか色々と気に留まる話題が豊富な津軽鉄道。

ダイヤは1時間に1本あるかないか程度、通学の無い日祝はさらに本数が減るので、撮るのも大変だ。

今の季節は気にならないけど、真冬の汽車待ち時間は辛いの一言。
DSC_6585
DSC_6152
DSC_6250
DSC_6305

桜のトンネル

DSC_6089

今年もまた変わらず、ここで桜の季節を迎えることに。

満開にはあとちょっと。でも来週末は散り始めるかな。

天気がイマイチだったので、ソフトフィルターを着けてみた。

明日は天気よさそうだから、もう一度きてみよう。
DSC_6072

DSC_6129

成人の日

DSC_5820
▲津軽鉄道:走れメロス号

明日11日は成人の日。連休にかけて降りだした雪は、ちょっと落ち着いた感じ。

この辺りでは、お正月や連休中日にあたる今日10日に式を行うところも多いらしい。

地方共通の傾向として、連休や年末年始などのほうが繁華街は繁盛しているものだが、週末の鍛冶町(弘前の繁華街)も例外ではなかった。

成人式のために帰省し、懐かしい友人と大騒ぎ・・・という図式は、今も昔も変わらない。

ところでこのメロス号、ダイヤによって1両の単行編成と、2両編成があるのだけど、ボクが好きなのは単行の方。

コロンとしたカワイらしさ、どうにも惹かれてしまうのであった。

 

爆進!

DSC_5416

津軽鉄道のストーブ列車。一昨日まで積雪ゼロだったのが、昨日の降雪で一気に冬モードになりました。
ストーブ列車がやっと絵になる景色になりました。