« Posts tagged 白神

お山のてっぺん

dsc_1098

津軽の最高峰、岩木山山頂に登ってきた。

日本百名山に数えられる岩木山は、地元の人は昔から敬意と親しみをこめて「岩木のおやま」と呼んでいるそうだ。

秋も深まって、山頂付近は数日前に初冠雪。さすがにすぐに解けたけど、気軽に登るには、この週末が今年ラストチャンスかも。。。。

dsc_1362▲ココ8合目までは車で登ることができる。8合目から山頂までは徒歩で1時間半〜2時間程度。または、右に見えるリフトで9合目まで上り、そこから徒歩という方法もある。


▲紅葉し始めた岩木山スカイライン

根性のある人は麓の岩木神社から歩いて登るのだが、麓からだと山頂まで片道4-5時間コース。・・・とはいえ、地元の小学生が遠足で登るぐらいなので、高いハードルではないらしい。

dsc_09298合目からの登山道。登り始めはこんな感じ。8合目を8:55出発。

dsc_093820分も登るとゴロゴロとした岩が増えてくる。

dsc_1039▲9合目到着(9:45)。登山道からくると急に視界が開けたところで、8合目から徒歩50分ほど。リフト下り場もこの辺り。山頂に向かって、岩が並んだのが登山道だ。

ここから上は、ゴロゴロとした岩。落石防止のため杭や板で押さえられているが、足元を確かめながら、急斜面を登る。

dsc_1047

dsc_1088頂上に近づくにつれて、岩が大きくなり、斜度もますます急斜面に。

dsc_1236山頂を示すピラミッドが見えてきた(10:25)


▲地域PR動画

dsc_1117岩木山山頂到着(10:35)。天気は快晴、風も微風。朝のせいか雲は全く無く、視界360°のパノラマ!絶景!!

dsc_1206▲北方向。左に伸びるのが津軽半島。その先には北海道の渡島あたりまで見える。右端の市街地は青森市。

dsc_1159▲東方向。遠くに見えるコブ2つが八甲田。眼下の市街地は弘前市。

dsc_1143▲西方向。日本海を望む。右の街は鰺ヶ沢。

dsc_1263▲南方向。真正面が世界遺産の白神山地。

dsc_1256▲岩木神社の社から。鳥居の正面を麓にたどると岩木神社になるわけだが、弘前城(弘前市街)は写真中央の雲のあたり。

 

白神ブナの径

dsc_0091

dsc_0101

dsc_0166

dsc_0235

dsc_0076

dsc_0274

白神のマザーツリー

dsc_9979

推定樹齢400年の「マザーツリー」。

白神ビジターセンターから車で30分程度登った、津軽峠から徒歩5分程度だ。

津軽峠から先の林道は、日本海側の深浦まで車で抜けることができるが、未舗装の林道を40kmほど走行する。乗用車で行けないことはないが、やはりオフロード向けの車がベスト。

dsc_9996

↑枝がわかれている付け根のあたり、木の洞にヤマネが隠れているのだがわかるだろうか?写真だと頭と耳しか見えないが。。。

白神ブナの森

DSC_9243

雨上がりの休日、朝から天気も良かったので、カメラを携えて世界遺産の白神山地へ。

車で1時間も掛からないところなのだけど、自然保護のために歩道整備は最低限。雨季に限らずトレッキング用の装備を要する状況になっていることも多く、Tシャツにスニーカーといった軽装で歩けるのは、ほんの一部の限られたコースだ。暗門の滝へ行くには、落石よけのヘルメット着用や、腰より深い渡川のための装備なども必要。
それはまたの機会にということで、今回は軽装で気楽に行ける「ブナ林の散策コース」。距離にして2kmほど、1時間〜2時間のコースだ。

DSC_9208
▲コース唯一の水飲み場。ブナの森からの湧き水だ。

DSC_9197

自然豊かな白神山地は、マイナスイオンたっぷりで癒し効果も抜群なほか、撮影スポットの宝庫でもある。

今回は行かなかったが、未舗装の林道を車でのぼった先にある樹齢400〜500年の「マザーツリー」、ブナの巨木の生い茂る森など、夏はもちろん、紅葉の時期も愉しめる。東京からはそう簡単に来れないので、今のうちに満喫しておこう。

DSC_9281

DSC_9189

DSC_9186

DSC_9232

DSC_9288

初秋の十二湖と白神

DSC_4577

白神山地の入口にある十二湖は、標高はそれほどでもないので、紅葉にはまだ早い。見頃は、10月半ば頃だろうか。

夕方近かったので、シルバーウィークとはいえ、それほど人も多くない。

ブナ原生林も、新緑の頃に来た時は生命力溢れる感じだったのに、初秋のいまは、なんとなく寂しさというか落ち着いたような感じをうける。

DSC_4580

DSC_4603