« Posts tagged 船舶

独学で1級小型船舶免許取得~その1(準備)

【1級小型船舶免許の取得】

1級小型船舶免許の取得にあたって

特殊に続いて、独学で1級小型船舶操縦士免許の取得に挑戦。
1級とは、操船できる船の大きさは2級と同じ(総トン数20t未満)であるが、全ての海域が航行できる免許。1級と2級は「沿岸から5海里(約9km)」という航行区域で区切られていて、5海里に制限されている2級は”沿岸免許”、5海里を超えて航行できる1級は”外洋免許”という位置づけ。5海里というのは、だいたい海上から目視で陸地が見える距離。5海里を超えるということは、目視に頼らず目的地(陸地)に辿り着けなければならないわけで、その技量を持っているかどうかが試験のポイント。1級を持っていると、その気になればヨットなどで海を渡ることも可能(実際には、船の航続距離や、100海里を超えての航行には海技士や機関士の同乗が必要とかあるが)であり、もちろん沿岸部や河川の運行も可能。ただし、1級や2級免許では水上バイクに乗ることはできない(特殊が必要)。
ボクは2級を持っているので、1級小型船舶免許(以下1級)を取得するには2級からのステップアップという形になる。新規で1級や2級免許を取得する場合と比べると、ステップアップの場合は学科の問題は少なく実技試験も免除となる。前述のように、目視に頼らない航行や航海ができるかどうかが試験のポイントであり、操船自体は外洋も沿岸も同じということだ。
このステップアップによる1級小型船舶の取得方法は3パターンあるので、以下にまとめてみた(特殊とは費用が違うだけだが)。

・ボートスクール
費用:25,000~35,000円程(機材別)
期間:講習1日+国家試験1日
特徴:一般的にはこの方法と思う。「ベルソン」や「MGマリーン」など多くのスクールで開講。受験申請から免許発行までの面倒な手続きは全てスクールにお任せ。スクールに言われた通りにしていればまず取得できるだろう。

・登録教習所
費用:35,000~40,000円程(機材別)
期間:講習2日(国家試験免除)
特徴:「日本船舶職員養成協会」などで開講。水産高校や海洋大での単位カリキュラムに含まれているのもこのタイプのようだ。教習スケジュールが決まっている。受験申請から免許発行などの面倒な手続きは全て教習機関にお任せ。国家試験が免除となる(但し修了試験あり)。

・独学受験(個人受験)
費用 5,900円(機材別)
期間:独自学習(1週間程度)+試験1日
特徴:取得計画は全て自分都合で可。費用としては最小限の費用で済む。教材および三角定規やディバイダなどの機材は全て自分で調達し、受験申請や免許発行の手続きまで全て自分で行う。試験機関の窓口は平日のみなので、仕事を休まなければならないことも?

特殊船舶免許の合格でなんだか自信がついたせいか、1ミリも迷わず個人受験することに決めた。

1級の特徴は、学科(上級運航)に海図問題があるので、試験の際には三角定規とディバイダやコンパスといった機材が必須であること。理系大学や工業高校卒の人など、製図の経験がある人なら持っている人も多いだろう。製図用の高価なものじゃなくても構わないが、三角定規は長辺が30cm程度、コンパスやディバイダは15cm程度のものが使いやすい。いずれも100均で売っている程度のもので十分であるが、三角定規は学童用の15cmほどのものでは長さが不足して誤差を生じやすいので、これだけは大きいものがお勧め。また、ディバイダは使わず、コンパスだけで二役こなすことも可能であるが、作業効率を考えるとディバイダがあるに越したことはない。
ちなみに、コンパスとディバイダとは、似て非なるもの。丸を描くのがコンパスで、ある点からある点までの間隔を写し取って、それを定規上に持っていって寸法を確認したりするのがディバイダ。精度という点では絶対にディバイダが正確。というのは、コンパスではどうしても芯の先が針のさきよりも太くなるので、この差が誤差になるのだ。

1級小型船舶試験について

受験の申し込み手続きなどについては、試験機関「日本海洋レジャー安全・振興協会(JMRA)」のサイトに掲載されている。

「財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会」

http://www.jmra.or.jp/

試験機関で配布されている「1級小型船舶操縦士試験についての説明書」は必ず読んでおくことをお勧めする。これは、受験申請の際に試験機関でもらえるものなのだが、HPからもダウンロード出来る。ときどき更新されているようなので最新のものを確認すること。
最新版(2010/12月現在) http://www.jmra.or.jp/dl/jitugi_bike_090401.pdf

受験の準備

◇試験申請費用(現有2級からの1級小型船舶受験)

  • 身体検査: 免除(2級受験での合格から1年未満のため)
  • 学科試験: 5,900円
  • 実技試験: 免除(2級所有のため)
  • 写真(1枚): 0円(なんかの時の余り)
  • 住民票: 0円(2級免許のコピーを添付することで不要)

小計:5,900円

ここまでが受験申請時に必要な諸費用。
加えて、合格後の免許証発行申請の際には

  • 登録免許税: 2,000円
  • 写真(1枚): 0円

が必要。

合計:7,900円

◇その他、教材や機材など

といったところ。
三角定規は、30cm前後の大きめのものが使いやすい。学童向けの小型のものでもできないことはないけどオススメしません。ディバイダはガタついたりグラグラしないものを選ぶ。コンパスの芯を針に替えてもいいけど、コンマ数ミリの精度が必要なのだ。
いずれも、精度が悪いと誤差で解答が変わってしまうので気をつけましょう。
学生の時の製図用具一式が実家にあるはずなのだが、探してもらうのも面倒だし送料もかかるので、この際購入してしまった。
そういうわけで、受験費用およびテキスト&機材含めて、しめて10,000円程度。

独学で1級小型船舶免許取得
▲身体検査と実技が免除となっている。

学科試験の対策と学習

試験の内容、配点、合格基準等などは、試験機関JMRAのHPに書いてあるとおり。
http://www.jmra.or.jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

ボクは2級からのステップアップなので、出題範囲は上級運航Ⅰ(8問)と上級運航Ⅱ(6問)の計14問。合格ラインは、それぞれの科目で50%、かつ全体配点で65%の正解率をクリアしなければならない。回答は全問4択となっていて、上級運航Ⅰの半分(3問)が海図問題。海図を使って解答を導き出し、4つの選択肢から回答するといったもの。
海図以外の11問は、予備知識がなくても1/3は解けると思える常識問題だ。加えて、車のメカに詳しかったり、気象の知識がある人なら、おそらく1/2には届くだろう。調べれば調べるほど、”上級”という言葉からイメージされるほど高いハードルではないことがわかった。ただ、受かるためだけなら過去問丸暗記でもいい けど、活用するつもりなら内容はちゃんと理解しておいた方が良いと思う。なにせ自分の命に関わることなので・・・
2級の学科とちょっと違うのは、問題で与えられた情報から解答を得るのに多少の計算を伴う出題があることだろうか。暗算でできる程度の簡単な計算なので、慌てて計算間違いしないようにしたい。

ボクが行った学習方法は、次の通り。

  1. 前述の問題集「「1級小型船舶操縦士(上級科目)学科試験問題集(2016-2017)」」(以下、問題集)の海図問題の解き方(P.7〜P.16)は、一通りやった。本試験と同じ練習用海図が添付されているので、それを使用しての学習。付属海図を使い、解説を読みながら解くのを1回、自力で解くことを1回づつ練習。海図は、解くために書き込みやコンパスで穴が開いたりするので、コピーしたものを使い捨てにした。
    いそぎ答えを求めることより、解き方、考え方を理解するのを優先した。、基本的なチャートワークに加えて、あとは少しの応用力さえあれば、解くのはさほど難しくはなかった。
  2. 問題集には過去問も載っているが、解き方さえわかってしまえば後はどれも同じ。問題集の海図の解き方(P.7〜P.16)が完璧ならどんな問題にも対応できると思ったので、過去問については出題を読んで解くステップがイメージできればOKと思う。
  3. 海図以外の問題は、予備知識ないまま一度やってみて、間違ったりわからなかったところだけを復習。
  4.  試験機関に受験申請に行った際、過去の問題(試験の余りと思われる)が「ご自由にお持ち帰りください」となっていたのでいただいてきた。試験の問題用紙そ のままなので解答はないが、窓口のおねえさんにお願いして模範解答をみせてもらった。ざっとだけど一度やってみて問題なかったので、ちょっと自信がつい た。

実技が免除というのはかなり気が楽なもので、試験日までは、時間のあるときにテキストを読み返した程度。

さて、1級小型船舶の試験日は、いよいよ1週間後。

関連リンク

2級船舶免許取得記~その1(準備編)
2級船舶免許取得記~その2(実技講習)
2級船舶免許取得記~その3(受験編)
2級船舶免許取得記~その4(完結編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(準備編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その1)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その2)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(完結編)
独学で1級小型船舶免許取得~その1(準備)
独学で1級小型船舶免許取得~その2(受験)
独学で1級小型船舶免許取得~その3(おわりに)

 

独学で特殊船舶免許取得に挑む(準備編)

【特殊小型船舶免許を独学で受験する】

前回の2級船舶免許に続き、今度は特殊船舶免許取得に挑戦することにした。

特殊船舶免許とは、水上バイクを操縦するために必要な免許である。この「水上バイク」というのは日本固有の言い方のようで、世界的には「PWC(Personal Water Craft)」と呼ばれているらしい。英語圏の人にとっては、車輪もないのに”バイク”という表現にどうも違和感があるらしい。ちなみに、「ジェットスキー(Jetski)」という呼び名は、水上バイクを開発した川崎重工の登録商標である。「バンドエイド」などと同様に知名度の高い商標名が商品そのものを指すようになったものだ。他社はこの呼称を使用できないので、「マリンジェット」(ヤマハ発動機の商標)ように別の名称を使っている。ちなみに、今回の記事中では「水上バイク」と呼ぶことにした。

昔の免許制度では「4級船舶免許」を持っているとこの水上バイクにも乗れたのだが、法改正により2級と特殊船舶とに分かれた。それぞれ独立した免許であり、両方乗る人は両方とも取得しなければならない。

この特殊船舶免許だが、周囲の免許保有者から話を聞く限りでは、特殊を独学でとろうとする人ってかなり稀な存在なのだと思う。

ボクはもちろん水上バイクの操縦経験なんて全くなし。タンデムで乗せてもらったこともない。

ネットなどをみても、1級や2級の受験者のうちスクールや教習所を経て受けに来るのは95~96%程度であるのに対して、特殊受験者の場合は99%がスクールや教習所出身で占められるのだとか。法改正で新設された資格ということもあるだろうし、特殊受験者の多くを占める若者世代にとっては車と同様に教習所で習うのがあたり前であって、独学受験なんて考えていないのかもしれない。

特に特殊の場合はスクール費用が安く、独学で挑んで再受験になるぐらいなら、スクールに行って一発合格の方がトータルでは安上がりだ。独学で挑む費用対効果が2級や1級ほどは良くはなく、一度でも実技試験に落ちると再受験料が割りに合わないのだ。

正直なところ、始めは自分でも合格する自信はなくてスクール受講を検討していたのだが、スクールの内容を聞くにつれて「それなら独学でいけるんじゃないか?」という気になったのもまた事実。2級の時にボートスクールで講習を受けた限りでは、練習時間はそれほど多くはなく、必ずしも優位であるとも思えなかったからだ。

・ボートスクール

費用:40,000~60,000円ほど

期間:講習1日+国家試験1日

特徴:「ベルソン」や「MGマリーン」など。多くは、学科は自学自習として、講習は実技講習だけといったコースが主流。安いスクールではオンシーズン(夏季)には予約で一杯ということも・・・。受験申請から免許発行までの面倒な手続きは全てスクールにお任せ。スクールに言われた通りにしていればまず取得できるだろう。

・登録教習所

費用:60,000~70,000円ほど

期間:講習2日(国家試験免除)

特徴:「日本船舶職員養成協会」など。教習スケジュールが決まっている。受験申請から免許発行などの面倒な手続きは全てスクールにお任せ。国家試験が免除となる(但し修了試験あり)のでまず取得できるだろう。

・独学受験(個人受験)

費用 25,000円ほど

期間:独自学習(1~2週間程度)+試験1日

特徴:取得計画は全て自分都合で可。費用としては最小限の費用で済む(ただし一発合格に限る)。教材は全て自分で調達し、受験申請や免許発行の手続きまで全て自分で行う。試験機関の窓口は平日のみなので、仕事を休まなければならないことも?

独学受験でいくと決心してからは、受験に向けての準備をはじめた。準備した教材などは、後述する費用のところにまとめて記述する。

学科はテキスト学習で問題ないとして、懸念されるのは実技試験。

ネット上のブログなどで特殊船舶を独学で受験した人の体験記を探してみても、そんな記事はほとんど無し。2級や1級での独学受験なら多くの方が挑戦し記事にもしているのだが、特殊船舶を独学で受けたというのはわずか1つのブログ記事「独学で取る小型船舶操縦士免許」しか見つからなかった。とにかく情報が少なすぎるのだが、このブログ記事を参考に、実技については「PWC LICENSE-水上オートバイ免許ガイド」のDVDを見て学習することにした。

特殊船舶免許試験の申し込み方法

受験の申し込み手続きなどについては、試験機関「日本海洋レジャー安全・振興協会(JMRA)」のサイトに掲載されている。

「財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会」

http://www.jmra.or.jp/

まず最初に、試験機関で配布されている「特殊小型船舶操縦士試験についての説明書」は必ず読んでおくことをお勧めする。これは、受験申請の際に試験機関でもらえるものなのだが、HPからもダウンロード出来る。ときどき更新されているようなので最新のものを確認すること。

最新版(2010/11月現在) http://www.jmra.or.jp/dl/jitugi_bike_090401.pdf

独学で特殊船舶免許取得

試験内容について

前述の「特殊小型船舶操縦士試験についての説明書」に書いてある通りだ。視力や弁色力などの身体検査、全40問の学科試験、3人乗りの水上バイクを使用しての実技試験にわかれる。身体検査については、ボクは2級の試験の時に合格しているので、それから1年間は免除となる(費用も不要)。

学科は特に問題ないと思うので、一番気になっている実技試験の概要について。

試験についての説明書にあるように、

◆小型船舶の取り扱い :発航前の点検、ロープワーク、機関運転

◆操縦 :安全確認、コース走行、人命救助

という項目にわかれる。

◆小型船舶の取り扱い

<発航前の点検>

・艇体 2問

・エンジン 2問

・法定備品 2問

それぞれ2問づつ、合計6問出題される。

「PWC LICENSE-水上オートバイ免許ガイド」にも書かれている。各点検箇所で何をどう調べるかをよく覚えておく。

例えば、燃料タンクキャップを指示されたなら、必ずキャップを外し、破損してないかの確認、および、そして外すことでタンクの中の圧力を一旦抜いてやる動作が必要。そして最終的に「燃料タンクキャップよし」と発声する。

ちなみに、「PWC LICENSE-水上オートバイ免許ガイド」には、エンジンルーム内の写真や説明があまりないのだが、備品や部品などの位置については知らなくても減点にならないらしい。メーカーごとに仕様が異なり配置もバラバラなので、練習艇と試験艇が異なるメーカーである場合への配慮のようだ。もし場所がわからなければ、適当に確認するのでなくて、素直に試験員に聞いた方がよい。試されているポイントは、何をどうやってチェックするのかということだ。

<機関運転>

基本的にはDVDの通り。

水上オートバイのメーカーによって、シフトレバーの位置や、キルスイッチの形状や、キルスイッチの位置、スロットル(アクセル)の操作などが違う。

2級や1級とは違って、試験会場ごとに試験艇のメーカーが異なっていて統一はされていないらしい。

<ロープワーク>

「PWC LICENSE-水上オートバイ免許ガイド」や「特殊小型船舶操縦士教本」にやり方が載っているので、ひたすら練習する。

特殊で出題されるのは「もやい結び」「巻き結び「一重つなぎ」「クリート結び」の4種。2級や1級は7種あるのだが、特殊には「本結び」「いかり結び」「二重つなぎ」は入ってないようだ。

この辺りまでは2級の時と大差は無い。2級と比較してみるとロープワークは種類が少ないし、解らんも係留も着岸も離岸もトラブルシューティングも無いし、ハンドコンパスもないので楽といえるかもしれない。

そして一番の問題は、このあとの操縦試験・・・・・

◆操縦試験

2級の時と同じで、実技試験には”安全確認”が入ってくる。

その辺の考え方はやはり2級と全く同じようだが、2級のときとは「安全確認」の確認方法が少し異なる。

発進時の確認はするものの、特殊では立ち上がって後ろまで行く必要はない。

右前方、右後方、前方、左前方、左後方、後方までは2級と一緒なのだが、特殊では「船尾よし」がない代わりに「同乗者」って確認項目が増える。その他、変針時の確認、減速と停止時の後方確認、この辺りは2級と同じ。

また、特殊では「後進」っていう試験項目はない。

(後進の機能はあるけど、”とりあえずバックもできまっせ”って程度)

それと、コースを暗記するということも2級にはなかったこと。

・コース1:ブイを一周して危険回避後、もう一周して停止

・コース2:ブイを8の字で1周回し、2周目でスラローム

・人命救助

この3つだけなんだけど、ブイの1周回はせいぜい80m程度。

このコース周回を規定速度(25~40km/h)でグルグル回りながら、前後左右の安全確認もしなくちゃならないわけで、操船は大忙しになることはすぐに想像できるというもの。景色をみる余裕すらあった2級とは異なる難しさがありそうだ。。。。。

実技試験に向けての準備

DVDを観ながら、操船しているのを自分に置き換えてイメージトレーニングを繰り返した。

30分もないDVDだが、10回以上は観たと思う。もうただひたすらイメージトレーニング。

コースを覚えるために、紙上に6つのブイを書いて、何度も何度もコースを回った(もちろん頭の中で)。

折り返した時に間違わないように、停止位置側から見た往路の他に、逆側から見た復路もイメトレを重ねた。

発進や旋廻の都度の安全確認も忘れないよう、何度も何度もやった。。

よく言われるところで、水上バイク特有の旋廻(変針)操船についても大事なポイント。ハンドル切りながら加速していかないと曲がれないというものだが、DVDをみてもイメージがわかない。これはもう実際にやってみなきゃわからないということで、「曲がりながら加速するんだ」ということだけは頭に叩き込んだ。

ところで、2級の時に思ったことだが、スクールでの実技講習なんて、1人当りの持ち時間にするとせいぜい30分程度。

その程度の操船経験で受験に臨んで、2級も特殊も実技試験の合格率は95%前後・・・ということを考えると、操船経験がないからといってあまり深刻に考える必要もないのかな?とも思う。

学科や試験コースなどについてはスクール行く方が有利とは思えないし、2級スクールを受けた時の教訓からして、十分な練習時間が与えられるとも思えない。それでも95%前後という高い合格率を保っているということは、操船経験の有無は合否のキーポイントにはならないはず・・・と思い込むことにした。

受験申請と教材などの準備

2級を持っているという前提になるけど、独学受験の費用はこんな感じです。。。

◇試験申請費用(特殊船舶)

・身体検査: 免除(2級受験での合格から1年未満のため)

・学科試験: 2,600円

・実技試験: 16,000円

・写真: 0円(1枚。パスポートかなんかの時の余り)

・住民票: 0円(2級所持者は、2級免許のコピーを添付することで不要)

小計:18,600円

ここまでが受験申請時に必要な諸費用。

加えて、合格後の免許証発行の申請時には

・登録免許税: 1,500円

・写真: 0円(1枚。パスポートかなんかの時の余り)

が必要。

合計:20,100円

◇そろえた教材など

・「PWC LICENSE-水上オートバイ免許ガイド2010-2011」舵社: 1,500円

・「特殊小型船舶操縦士学科試験問題集2010年版」舵社: 1,050円

・「特殊小型船舶操縦士教本」舵社: 1,850円

・ロープワーク用ひも: 0円(2級の時のもの)

・実技試験時用のウェットスーツ:0円(手持ちのバイク用カッパで代用)

・同 シューズ:0円(ふつうのスニーカー)

11月の受験だったのでカッパを用意したが、夏場であれば半そででもいいと思う(水着は・・どうだろう?試験機関に確認要)

これからロープやカッパを用意するのであれば、100均で売っている「洗濯用ひも」や「なわとび」や「カッパ上下」でも十分と思う。ロープは、太めのものの方がロープワークの練習用としてはお勧め。

◇交通費(以下の3回分の足代)

・受験申請の時(JMRA関東事務所まで)

・学科、実技試験の時(試験会場まで)

・合格証明受け取りと免許申請・発行の時(JMRA関東事務所&関東運輸局)

※関東の場合、JMRAと運輸局とは徒歩5分程度

◇その他

受験申請は、郵送、もしくは試験機関(JMRA)の窓口に出向いての手続きとなる。ボク個人的には、郵送ではなく直接出向くことをお勧めする。

郵送の場合は、申請書の取り寄せに数日、申請書を送付して受験票が届くまでに数日・・・と時間が掛かる。さらに、支払いは現金書留か郵便為替のみのようで、これまた郵便窓口にいく手間が煩わしい。申請書類に不備があるとその分また余計な時間が掛かってしまうので、試験日選びは余裕を持って。。。

窓口申請の場合は、申請書記入含めてその場で全ての手続きが済み、受験票もその場で発行される。唯一難点は、お役所機関のせいか、窓口は平日のみで、土日はCloseであること。手続き自体は10分もかからないものの、申請は受験者本人が行わなければならず、家族などによる代理人申請は不可(海事代理士という資格が必要)とされているので、申請のためにわざわざ仕事を休まなければならない(それも試験結果の受け取り含めて2度も)。。。

ボクは勤務の関係で遅番の日があるのでその日を利用して直接窓口で申請したが、いまどき、どうしてWeb申請やカード決済やコンビニ決済ができないの??

さてあとは、試験当日「受験編(その1)」に続く。

■関連リンク
2級船舶免許取得記~その1(準備編)
2級船舶免許取得記~その2(実技講習)
2級船舶免許取得記~その3(受験編)
2級船舶免許取得記~その4(完結編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(準備編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その1)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その2)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(完結編)
独学で1級小型船舶免許取得~その1(準備)
独学で1級小型船舶免許取得~その2(受験)
独学で1級小型船舶免許取得~その3(おわりに)

 

2級船舶免許取得記~その1(準備編)

2級船舶免許がほしい!

まずは受験の動機から

2級船舶免許にチャレンジしてみた。動機は・・・・なんだろう。ボクは船は持っていないし、今のところは買おうとも買えるとも思っていない。仕事で船(以下ボート)に乗ることもないし、釣りだってもう随分していない。いまの状況で船舶免許の必然性は全く無いので、船舶免許はただの道楽なのかもしれない。強いて言えば、子供の頃に母の実家にいった時、浜のオジサンたちが気軽にボートをだして釣りしたりしてて、素直にいいなぁと思った・・・動機なんてそんな程度だ。
免許取りたいなぁと漠然と思ってたものの、趣味とか道楽というにはそれなりに¥は掛かるのでためらっていたのだけど、そんな間に免許制度が改正されて4級船舶がなくなって2級船舶と特殊船舶が新設された。水上バイクに乗るための免許が「特殊船舶」として分かれたのは、水上バイクの利用者の増加とともに事故も増えてきたことに対処するためだろう。車やバイクの免許もそうだが、制度改正のたびに厳しくなるのは世の常。これからも変更のたびに難しくなりそうだし、特殊と分かれたことで個々の取得費用も安くなったらしい(¥旧4級=¥2級+¥特殊という感じ)・・・ということで、このたび取得にチャレンジすることにした。
2級船舶というのは「総トン数20トン未満、または、長さが24メートル未満で用途がスポーツやレクリエーションに限られるボートを、海岸から5海里(約9キロメートル)までの海域で操縦できる」というもので、国土交通省管轄の国家資格。2級取得には学科および実技試験があり、2級免許から1級へのステップアップは学科のみだ。
特殊船舶については、2級免許保持者であっても特殊の取得には学科(一部免除)の他に実技試験が伴う。車とバイクの免許の関係と似ている。

そしてスクール選び

経験者談やネットの情報によると、学科は独学でもなんとかなるが、やはり実技は実技講習を受けておかないと合格には難しいようだ。ボート実技となれば当然場所は海や河川があるところに限られるわけで、自動車免許とは違って、そんな環境が自宅や職場周辺にあるとは限らない。一般的なボートライセンススクールでは、学科にしろ実技にしろ何日かの通学コースとなっているのだが、1泊2日で実技講習と2級船舶受験が可能なコースがあった。

ベルソン ボートライセンススクール

場所は良く知っている河口湖。経験者に聞くと、湖での試験は潮の流れや波を考慮しなくてもいいので、船体係留や人命救助試験がやりやすいかもしれないとのこと。費用は、受験経費すべて含めて6万円台。都内の通学コース(2週間程度)だと7万円から8万円代が相場なので、さっそくこの「河口湖一泊二日コース」に申し込んだ。このコース、学科はテキストによる自己学習となっていて、河口湖での1日目は実技講習、2日目が本試験(午前が学科/午後が実技試験)となっている。
宿泊代は別料金(¥6千円程度)となっているけど、宿泊に縛りはないので他に泊まるアテがある人や近くの人は自由にして構わないそうだ。ボクは河口湖から車で30分ほどの山中湖畔にある会社の保養所が安く利用できたので、そちらを利用することにした。ちなみに、宿泊を依頼すると斡旋されるのは提携先の民宿なので、夜は講師や宿のスタッフから受験のコツや裏話が聞けたりもするらしい。

必要書類を揃えて入金すると、テキストと問題集、ロープ、実技のプリント、実技講習場所の地図、その他、何枚かの書類が送られて来た。

2級船舶免許取得記

学問のススメ

この問題集(過去問)は全800問もあるのだが、本試験では9割以上がこの中からそのまま出題されるということで、スクールからは最低3回はやれといわれた。
800問×3回 ・・・・(@_@

いざやってみると、船舶の予備知識がなくても一般常識の範囲で半分程度は回答可能だ。ただ、週末に集中して取り組んでみても800問全部はできないボリュームなので、全体では1回やっただけ。間違えた部分には付箋をはって、そこを集中的に反復した。

2級船舶免許取得記
↑努力のあと

実技のプリントなのだけど、プリントみながらイメージトレーニングをやれとのことだった。
ざっと書くと、
「エンジン始動します」
「ブロアースイッチオン」 (でも、どこにスイッチがあるかを知らないのでイメージのみ)
「換気よし」
「ハンドル取り付けよし」 (ハンドルカタカタやってるところをイメージ)
「機関中立」 (レバーカタカタやってるところをイメージ)
「エンジン始動」 (キーいれるフリをしてみる)
「エンジン始動よし」
「ブロアースイッチオフ」(スイッチいれるフリをしてみる)
「エンジン始動終了しました」
・・・・・・
といったことをイメージトレーニングしろと書いてある。
そもそもボートに乗った経験すらあまりないので、イメージトレーニングだけではさっぱりわからず、一度プリントを読んだだけで、あとは実技講習で覚えることにした。

実技試験は、こんな感じのことを、
エンジン始動
暖気運転開始・終了
エンジン停止
発進
増速
変針
停船
人命救助
蛇行
後進
着岸
離岸
といった動作それぞれで行う(行える)ことが試される。ロープワークについては7つの結び方を覚えなければいけないのだが、これも実技講習でやるからと予習はしなかった。
それと、点検(船体・操縦席、エンジン、法廷備品)についてだが、機関系はだいたい車と同じなので何とかなるさ・・・と一度プリント読んだだけ。
結局のところ予習は、問題集を一回やったのと、テキストにある標識と法規を少し覚えた程度で、講習に臨むことになった。

2級船舶免許取得記~その1(準備編)
2級船舶免許取得記~その2(実技講習)
2級船舶免許取得記~その3(受験編)
2級船舶免許取得記~その4(完結編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(準備編)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その1)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(受験編その2)
独学で特殊船舶免許取得に挑む(完結編)
独学で1級小型船舶免許取得~その1(準備)
独学で1級小型船舶免許取得~その2(受験)
独学で1級小型船舶免許取得~その3(おわりに)