« Posts tagged Apple

Thunderboltを使って新・旧MacBook間のデータ移行をしてみた

img4138

Thunderbolt Cableを使って新・旧MacBook間のデータ移行をしてみた

MacBook Air 13インチを購入した。これに伴い、これまで使用してきた、MacBook Pro (OS X ElCapitan) からMacBook Airにデータと設定を移行をしてみることにした。
Windows環境ではもう何回もデータ移行を行っているけれど、OS X以降のMacでは初めてかも。(Windowsからメインマシンを10数年ぶりにMacに回帰し、まだ日も浅いので・・)
PCを買い換えたいけど、データと設定、環境の移行が考えただけで面倒・・・だなんてWindows系パソコンなら多い心配や苦労も、MacBookなら一切無し。
Mac OS Xにはアプリとして「移行アシスタント」というツールが付属している。このツールを使って、古いMacBookにインストールしたアプリケーション、データ、ユーザー情報、設定などを、購入したばかりのMacBook Airにまとめて移行できてしまうのだ。

「移行アシスタント」については、Webでも多く紹介されているし、Appleのサポートにも載っている通り。Mac同士を繋いで、あとは「移行アシスタント」にお任せ。これといって難しいことはない。
「移行アシスタント」を使えば、アプリなどのコピーまですべて自動で行うことができるので、作業完了後には、これまで使っていたMacBook Proとほとんど変わらない状態で、新しいMacBook Airを使い始めることが可能になる。

ちなみに僕の場合、仮想化環境であるFusion 9のWindows ゲストOS環境が複数あったのだが、何も意識することなく「移行アシスタント」でキレイに移行できた。

Mac間データ移行用にThunderbolt Cableを購入してみた

「移行アシスタント」利用を前提とすれば、「移行アシスタント」は新旧両方のMacBookが同じネットワーク上に接続されていれば使用可能だ。”ネットワーク”なので、Wireless(WiFi)であっても有線接続であっても構わない。自宅で普段使っているWiFiがお手軽だし、インターネットに繋げるわけではないので 100GB以上のデータをMac間で転送できてしまうのだ。・・・・とはいえ、転送速度を考えれば、WiFiはもちろんのこと、たとえ1GのGigaEther接続であっても時間がかかり過ぎる。100GB超の大きなサイズのデータを移行しようとすれば、一晩たっても終わらないだろう。それだけ時間が掛かれば、TimeOutで転送失敗する可能性も増えてくる。
そこで、爆速と噂の「Thunderbolt」を試してみることにした。Thunderboltとは、インテルとAppleが共同開発した高速汎用データ伝送技術。技術的にはPCI ExpressとDisplayPortを基盤としたシリアルバス規格の一つであり、同時期に登場したUSB3.0と比較されることも多いが、USBよりも多機能・高性能でありハイエンド向けの仕様。第一世代のThunderboltは、双方向ともに10Gb/sのスループットを持つ2つのチャンネルを1つのコネクタに組み合わせている。Thunderbolt 2ではそれが最大20Gb/sに引き上げられ、周辺機器とのデータ転送速度はUSB 2の最大40倍、FireWire 800の最大25倍に達する。Thunderbolt 3では、USB-Cコネクタを利用し、最大40Gb/sもの速度を実現する。MacBook AirとMacBook Proでは、Thunderbolt 2がサポートされている。正直なところ、現状ではデータ移行位にしか使い方が思い浮かばないこの Thunderboltインターフェース、Apple純正のThunderbolt Cableは5千円超とメチャ高い。貴重な時間には代えられないとは言ってもデータ移行だけには高すぎるので、Amazonで互換ケーブルを購入した。

Thunderbolt Cableを使って新旧Mac間のデータ移行を行った

img4099
早速、旧いMacBook ProのThunderboltポートと、新しいMacBook AirのThunderboltポートを、「Thunderbolt Cable」で接続。
Thunderboltポート・・・今回初めて使ってみたのだが、このThunderbolt Cableを使ってデータ移行をする場合、旧いMacBook Pro側でひとつだけ操作が必要になる。それは、キーボードの「T」キーを押しながら再起動をすることで、この操作により「ターゲットディスクモード」なる状態でMacを起動するのだ。
「T」キー・・・本当にQ/W/E/Rの右隣りの「T」のキーだ。「T」キーを押し続けながら再起動をすると、画面にサンダーマークが表示されてMacが立ち上がる。ターゲットディスクモードは、「T」キーを押しながら起動すること以外、システム環境設定から起動ディスクを選んでも設定することができる。
※ターゲットディスクモード:Macを外付けハードディスク化するモード
旧いMacを「ターゲットディスクモード」で起動し、新MacBook Airからは外付けDiskとして見せる。あとは「移行アシスタント」任せだ。

ここで注意すべきポイントは、Thunderbolt Cableを使った移行の場合、移行アシスタントでの正しい選択は「Time Machine バックアップまたは他のディスクから」の方を選ぶことだ。
感覚的に「Mac または PCから」を選択してしまいそうになるが、ターゲットディスクモードのMacは、あくまでも「外付けDisk」なのだ。

データ転送が開始されると、旧いMacBook Proのディスプレイはサンダーマークが、そして新しいMacBook Airのディスプレイには転送速度と残り時間が表示され、後はデータ転送の完了を待つのみ。

さぁ見せてもらいましょう!Thunderboltによるデータ転送の性能とやらを

img4102
▲しばらく画面はダンマリだったのだけど、動き出したと思ったら、いきなり「26MB/秒!」。「やはりスゲーな」と思ったのもつかの間・・・・・

img4103
▲ワクワクして様子をみていると、あれよあれよという間に数字が下がっていき。。。。

img4104
▲開始から5分程度で、見た目上は「3MB/秒」まで低下。

「あれ?期待ハズレだったかも?」と不安になりかけたところで、Thunderboltが本領発揮してスゴイのは、ここからだった。

img4111
▲あっという間に転送速度は「81MB/秒」にまで達し、見る見るうちに残り時間は10数分にまで短縮。

img4144
▲最終的には、41分で転送完了。

所要時間 約41分で、200GB以上に及ぶ旧いMacBook Proの全てのデータが、新しいMacBook Airへと移行完了した。ネットワーク経由で普通に転送していたら丸一日かかってしまうのが、たったの41分間に短縮された。

大枚はたいて購入したThunderbolt Cable、やってくれました!!その速さ、まさにThunderboltの如し。貴重な時間とストレスフリーを考えれば、決して高くはない。

・・・ということで、旧いMacBookから新しいMacBookにデータ移行する場合は、迷うことなくThunderbolt Cableを使って、その次世代のデータ通信の性能とやらを活用することをオススメする!

追記:Thunderboltケーブルを使わないで、ターゲットディスクモードを使う

2013年以降のMacは、FireWireが無くなってThunderboltが取って代わったわけだけど、それ以前のMacから新機種に乗り換えた時など、古いMacからターゲットディスクモードを使ってデータの転送を行いたいケースがある。しかしその為だけに高価なThunderboltケーブルを購入するのは勿体無いという場合もあるだろう。もし手元にFireWire800対応のハードディスクのために購入した「Apple Thunderbolt-FireWireアダプタ」があれば、実はThunderboltケーブルを買わずともターゲットディスクモードが使えるのだ。

【必要なもの】
「Apple Thunderbolt – FireWireアダプタ」(¥3,600ぐらい)
「FireWire800 – FireWire800 ケーブル」(¥2,000ぐらい)
※2つとも新規購入する場合はコスパ悪い気もするが、FireWireに対応デバイスも多いので他に使い途があるかどうかで考えよう。

【つなぎ方】
向きは特になし。それぞれを接続すればOK。また、デイジーチェーン(数珠つなぎ)にハードディスクを挟んでいても認識する。

《FireWire800対応Mac》 ※ターゲットディスク

「FireWire800-FireWire800ケーブル」

「Apple Thunderbolt-FireWireアダプタ」

《Thunderbolt対応Mac》

あとは前述のThunderboltケーブルと同様に、ターゲットディスクにしたいMacで「T」キーを押したまま起動すればいいだけ。
スペック上10GbpsのThunderboltに対して、FireWire800は800Mbpsと1/10以下だから劇的なスピードは望めないかもしれないが、それでもNIC(LAN)を使うよりはずっと速いハズ。

あれ?メモリが減っている?

image-parallels Windows(仮想)のメモリがなぜか4GBのままになっていた。Memory増設した時に割り当てを増やしたハズなんだけどなぁ。このiMacをヨメが使うことはないので、Windows8とLinuxで遊んでいた時にでも忘れたか、あるいはParallelsをアップデートした時?・・・・理由は不明のままです。とりあえず8GBに戻して、Photoshopも快適になった。ところでこのPhotoshop、今使っているのはCS6なのだけど、Adobeはこれを最後に次からCloudにシフトしようとしてる。それほど毎日使うというわけではないので、Cleative Cloud、もうちょっと安くなってくれないかな・・・・

iMac2013買っちゃう!Winから乗り換えます!

IMG_1736

ついにメインPCをMacに移行しました。iMacの27インチモデル。
Fusionドライブとi7にこだわったので、予算的にAppleストアの整備済み品を選択しました。Adobeアプリを動かすためにWindowsを仮想化で載せる前提なので、メモリは32GBに増設。使ってみると、Windows環境含めてとても快適。振り返ってみると、学生時代からMacを使っていた僕が、メインPCをMacからWindowsに移したのはいつだったか・・・Windows NTの頃だったかな。当時は Apple(その頃の社名はApple Computer)が今にも潰れそうな状態で、株価も$1を切るのではないか?とさえ言われていた。Macintoshを使っているのは変わり者のような目でみられていたなぁ。今ではとても考えられないけど・・・・。そして、Windows 2000、Windows XP、Windows VistaWindows 7と経てきて、Windowsに目新しさを感じなくなってきた…といういうべきか。あとは、MacのプロセッサがIntelになって、仮想化を使えばMac上でもWindowsが動作することや、Webやクラウドの利用が主になってきてMacでもWinでもできることに差が無くなってきたことなど。こうなってくると、デザインはもちろん、OSとしても設計が新しくて洗練されたMacintoshの魅力のほうが上回ってくるのだった。

27インチ iMacのデスクトップは広大。仮想化でWindows 8を開いておいて、Mac上のChromeと並べてもまだ余裕。いまは LightroomをMacOS上で動かしているんだけど、これならWindows上のPhotoshopとの併用も気にならない感じ。昔のMac OSはクラッシュが付きものだったけど、今のOS Xは安定してるし、とっても良いです。

IMG_1737

以前購入した、ヨメ用のMac Book Pro。これもThink Padが壊れた機会に乗り換えたもの。Windows 7も動いているけど、ヨメはブラウザしか使わないから、MacでもWinでも大して変わらないらしい。それならDisk容量を気にせずにMac Book Airにしておけばよかったかな…と。

Android と iPhoneアプリ

AndroidとiPhone、まとまって比較した情報は見たことなかったので少し調べてみた。
iPhoneやAndroidのアプリを開発してみたいけど、どう違うのか(どっちが¥とれるのか?)わからない・・・という人の参考に。もし間違い等があればコメントでご指摘ください。

  iPhone Android
開発言語 Objective-C Java,C++
開発環境(IDE) XCode Eclipse
開発環境(OS) MacOS Win,Mac,Linux
エミュレータ
デベロッパ登録料 $99/年 $25/登録時
アプリ審査
アプリ流通経路 App Store

Android Market,他多数(独自流通も可)

アプリ配布手数料 30% 30%
登録アプリ数(2010/10現在)
 同 (2009/11)
24万
10万
10万(15万?)
1万5千
世界での普及台数(2010/3Q)
 同 (2009/3Q)
1,348万台
704万台
2,050万台
142万台
世界でのシェア(2010/3Q)
 同 (2009/3Q)
16.7%
17.1%
25.5%
3.5%

※IDE(Integrated Development Environment):「統合開発環境」の略。エディタ、コンパイラ、デバッガなど、プログラミングに必要なツールが一つのインターフェースで統合して扱えるような環境のこと。

登録アプリの数はよく比較されるところで、Andoroidのアプリ数の10万というのはGoogleの公式発表によるものなのだけど、 Market(Androlib)の統計データの方では10月末時点でアプリ数は15万に達していたらしい。ただし、Googleの数字は今現在実際に登録・配信されていてダウンロード可能なアプリのみを示すのに対して、AndroLibのデータはマーケット上から削除されたアプリや未公開になっているものなども一部含まれているなど、公式発表ほど厳密ではないようだ。ちなみに 11月20日の今日現在 Androlibの統計データのアプリ数はすでに 22万を超えてしまった。

また、台数やシェアの数字については、ガートナー社のデータに基づいた情報からひろっている。こうやってみるとAndroidの台数の伸びが凄まじいが、これはAndroid連合といえる各社を合わせたもの。一社でがんばっているAppleはやはりスゴイとしかいいようがないが、どちらも爆速で増殖を続けていることは間違いない。

■実機で動作させるには?

iPhone iPhone Developers Programに入会する必要有
Android 登録の必要無し

■特定企業向けアプリケーションを配布について

iPhone エンタープライズプログラムに加入する必要あり($299/年)
Android 特に無し

■開発者向け端末について

iPhone 特に無し。市販の「iPhone」や「iPod touch」をそのまま使用
Android 「Android DevPhone 1」「Android DevPhone 2」がある。

■App Store
・公式HP:http://www.apple.com/jp/iphone/apps-for-iphone/
・iPhone/iPod touch向けのアプリケーション配信サービス。Appleが運営する。
・Appleの審査、アプリ署名が必須。
・アプリ開発者の負担: 手数料あり(年間$99~)
・レベニューシェア: アプリ開発者が70%、Appleが30%。
・販売モデル: 売り切りモデル。サブスクリプションモデルは今後検討。

■Android Market
・公式HP:http://www.android.com/market/
・Android向けのアプリケーション配信サービス。Googleが運営する。
・審査なし。ただしアプリ署名が必須。(開発者署名でもOK)
・アプリ開発者の負担: 手数料あり(Android Marketにアプリ開発者登録のみ$25の手数料がかかる。無期限)
・レベニューシェア: アプリ開発者が70%、その他が30%。(Googleはなし?)
・販売モデル: 売り切りモデル。

Androidでのアプリ開発の概略を簡単に説明しておくと、
1. Java(JDK)を入れる
2. Eclipseを導入する
3. Android SDKを導入する
4. EclipseにAndroid用のプラグイン(ADT)を入れる
といった手順になる。

なににつけAndroidの方がハードル低そうではあるが、マーケットとしてみたらどうなのだろう。ボクは Android (Xperia)と iPadを使っているけど、Androidのアプリはほとんどが無料、有料でもせいぜい数百円なのに対して、iPadのアプリはほとんど有料。必然的に Androidを使う方が多くなり、iPadは標準アプリ(SafariとかMailとか)中心に使っている。だけど、それでもまだ iPhone/iPadにはなにか優位性を感じている。
iPhoneアプリ開発者にとっては、先に述べた登録料などを差し引いても iPhoneの方が¥収益がよさそうで魅力的に見えるのかもしれないが、¥のことを抜きにすればプログラマーの心理で興味をそそるのは Androidといえるのかもww

 

Apple Macintosh

Apple Macintosh

Apple Macintosh Plus

1987年頃のモデルで、Appleがまだ”Apple Computer”だったころの古きよき時代のMac。たしか当時、メモリ2MBのモデルで ¥398,000だったと思う。何となく懐かしくなって、ヒマを見つけては少しづつリストア中。
一応起動はできるのだけど、FloppyDrive(2DD)がいまいち動作不良かな。

インターネットが商用公開されるより前の時代なので、ネットにつなげて使えるわけではない。動作するといっても、使い道はお絵かきやゲームを楽しむ程度なのだが、Light Speed PascalやLight Speed Cをいじってみるのも面白いかもしれない。なにせ、20年以上も前のコンピューターなのだ。

それにしても、HyperCardって、いま見ても画期的だ。。。。。