« Posts tagged D80

新しいレンズ

以前からずっと欲しかったのだが、価格的になかなか手がでなかったこのレンズ。
■ ニコン AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)
ニコン製品情報

ニコンが期間限定で「VRレンズコレクション ¥5,000キャッシュバックキャンペーン」を実施したことを機に、「えいっ」と購入に踏み切った。
定価¥105,000のレンズが、キャッシュバック含めると¥6万円台ともなれば、これはもう買うしかないでしょう (●>∀<●)/

2005/12月に発売されしばらくの間は入手困難だったこのレンズ、一時期は手にするまで数ヶ月待ち~といった状態だったこともあったようだ。現在ではだいぶ落ち着いたらしく、品薄は続いているものの、入手に困るというほどではない。当初は単体レンズとして発売されていたが、D300発売時にキットレンズとして採用されて以降、最近では、D80と組み合わせたレンズキットも発売となった。

時間がなくてまだちょっとしか使っていないが、ウワサ通りのすばらしいレンズ。ボクのウデがあがったような錯覚になる。特にVRの効果は絶大で、「シャッターを半押しした瞬間、世界が止まる・・・」とはよく言ったものだ。広角側の甘さなど、上級者にとっては注文をつけたい部分もあるようだけど、ボク程度のウデではレンズの性能に助けてもらうことの方が多く、なにより「1本で何とかなる」という安心感が心強い。「これ一本で、他はもう要らないのでは?」と思うほどである。
強いて難点をあげるなら、

  •  D80ボディ(585g)と同じぐらいもある、560gという重さ。
  •  寄れない。最短撮影距離はズーム全域で0.5m。
  •  18-50あたりの広角側がちょっと甘い。(絞り込むことで回避可)

ぐらいだろうか。
内蔵ストロボでは間違いなく影が出るので、ストロボ撮影時は外付けのスピードライトが必須になる。
何を撮影対象とするかにもよるだろうが、このレンズと20cm程度まで寄れるMicroレンズがあれば、もう十分なのではないかとさえ思う。(明るい単焦点レンズは欲しいけど)

▲お買い物リスト
レンズ¥71,500 (キャッシュバック後¥66,500)
ケンコーMCプロテクター¥2,700
計:¥74,200

Nikon D80ファームウェアアップデート

Nikonから「D80の新しいファームウェアをリリースしました」との案内がきたので、早速アップデートを行なった。

変更点は、バルブ撮影時のノイズ処理を改善した他、USBの新しい通信規格「MTP」に対応した。
MTPは、PictBridgeでも使われているPTP(Picture Transfer Protocol)を拡張してマイクロソフトが仕様策定したもの。USB上で画像や音楽を転送するためのプロトコル。
Nikon D80ではこれまでPTPにしか対応していなかったが、ファームウェア Ver.1.10へ更新することで、このMTPにも対応する。

詳しくはNikonのカスタマーサポートページに掲載されている。
http://www.nikon-image.com/jpn/support/

以下は、Nikonからのアナウンス(抜粋)

> **********************************************************************
> **
> 1.Nikon D80 用ファームウェア A:Ver.1.10 / B:Ver.1.10
>   のダウンロードについてのご案内
> ************************************************************************
> バージョンアップされるときは、必ず両方のファームウェアをバージョンアップ
> してください。
> 【ファームウェア A:Ver.1.01 / B:Ver.1.01 からの変更内容】
> ・Certified for Windows Vista ロゴを取得しました。
> ・USB の新たなプロトコル MTP (Media Transfer Protocol) に対応しました。
>  セットアップメニューの [USB 設定] の [PTP] を [MTP / PTP] に変更しまし
>  た。また、アイコンも変更しました。
> ・撮影メニュー の [長秒時ノイズ低減] を [する] にして、1 秒から 8 秒まで
>  のシャッタースピードでバルブ撮影を行ったときの、ノイズ低減処理の効果を
>  改善しました。
>
> 詳細やダウンロードについては次のページからご覧ください。
> http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/firmwar
> e/index.htm#heading01
> ファームアップの手順や注意事項につきましては十分にご確認ください。

広角レンズ

標準のNikkor 18-70に続く2つ目のレンズは、広角レンズ「シグマ 10-20mm/F4.0-5.6 EX DC HSM」に決定。
イメージセンサがAPS-CサイズであるNikon D80に装着するので、35mmサイズに換算すると15-30mm相当の画角となる。
その画角や性能に対するコストパフォーマンスの高さと、ボディ各社向けマウントの豊富なラインアップによって、2006年の発売以来、広角レンズのセールスでは常に上位に入っているモデルである。
当初、人気の高さにより店頭から消えて入手困難となっていた時期もあったようだが、現在では入手に困ることは無く、価格も¥55,000~60,000円程度とだいぶこなれてきている。
。。。
とはいえ、広角側10mmという圧倒的な性能は色あせておらず、ライバル候補も容易には太刀打ちできないのもまた事実である。ボク自身も「タムロン SP AF11-18mm/F4.5-5.6 Di-II LD ASPHERICAL(A13)」と少々迷った。広角側1mmの差、”F4.5″と1段分暗いこと、画質・・・などを考えても、実売¥45,000~50,000円程度の安さも捨てがたく。。。。

有楽町の○○○カメラでは、ポイント還元含めて「シグマ¥63,000円」「タムロン¥54,000円」程度だったので、「うーん、欲しいのはシグマ。でも予算的にはタムロンだよなぁ」と購入を躊躇していた。
ところが、ふとkakaku.comをみると、amazonが珍しく最安付近にランクインしているではないか。さらにクーポン割引が使えたので、欲しかったシグマが¥52,000円程度である。 これには迷うことなく、気がついた時には「ポチッ。。。。」としたあとだった。 我が家の予算審議からはちょっとだけ予算オーバーだけど、誤差の範囲ということで押し通そう。

2日ほどで届いたレンズ、いかにもamazonらしい簡素な梱包である。
取り出した商品はサイコロのように真四角な箱で、レンズはというと、これまた真四角のレンズケースに収められた状態で梱包されていた。
広角性能については、これまで多くのサイトやメディアに取上げられているので割愛する(性能や画質を評価するほどの腕前も知識も持ち合わせていないし)。

し重めのズームリングは、摺動はスムースで心地よい。ズームリングとピントリングが純正と逆であるのはちょっと違和感を感じたけれど、まぁ慣れの問題だろうし、ボクレベルのスキルでは気にしても仕方ないし(笑)。 あえてシグマに苦言を述べるとすれば、マウントと同様に、この辺りも純正に合わせて作り分けて欲し
いが。。。コスト的にムリか。

▼D80に取り付けるとこんな感じ

▼フードを外した状態でも陰ができてしまうので、内蔵スピードライト(ストロボ)は、使えない。

▼ズドンとした形状がまた逞しい

すっげぇ・・・やっぱりいいわ、ニコン

念願のデジイチ、買いました。 『Nikon D80』 
ニッコールAF-S/18-70mmのレンズキットで、約¥11万。

メモリカードも4GのSDHC(Class 4)をオマケといえるぐらいの値段でゲット

機種選定にあたっては・・・
フィルム一眼はキャノン(EOS kiss)を持っていたけど、レンズ資産があるわけじゃないから、キャノン・ニコンのどちらでも良し。
 でも、キャノンKissDigiXとニコンD40xは、どちらもオレの手には小さすぎて馴染まない。かといってEOS 30DやニコンD-200はオレみたいなシロウトには扱いにくい感じがした。
メモリにしても、いまさらCompact Flashってのもいかがなものか・・・と。 我が家を見渡せば、ノートPC、デスクトップPC、ケータイ、車(カーナビ)、DVDレコーダ、Wii・・・・みーんなSD。 メディアは共通な方が何かと都合がよく、この点でニコンは合格。
 
SONYのα100もちょっと考えたけど、ミノルタを使っていたわけでもないから、あえて選ぶ理由もないし。。。。

ペンタックスやオリンパスもガンバってるし、特にオリンパスは、以前つかっていたC2000が良かったのでいい印象をもっていたのだけど。。。。やはりレンズの豊富さを考えると、ニコンかキャノンかの二択。 
同じ理由で、カメラメーカーじゃない、電器屋さん(パナソニックとか)のカメラは眼中に無し。
・・・・・・・・・・というわけで、数ヶ月前から「ニコンD80」と気持ちは決まっていた。 後は「買うか買わないか」と「次期モデルまで待つか」・・だけだった。
 
最近になって、キャノンもニコンも次期機種のウワサがある。 ここ最近の従来機の値動き(実売価格下落)からしても、リリース間近と思われる。 出すなら、秋の運動会シーズン前である9月だろう。 

ニコンD80は、昨年9月リリース。 売れてるようだし、1年でのモデルチェンジはないだろう。 それならD200の後継機が先だ。 D200の後継となれば価格帯も¥15万~20万程度だろう。

キャノンは、EOS30D、5D、いずれもデカい&重い&高い。 店頭デモ機をいじってみる限りでは、ニコンD80とガチンコの対抗馬にはならない(シロウト直感だけだが)。 キャノンの次期機種(30D後継?)は気になるものの、キャノンカメラに共通する、パッと見の品質感というか印象があまりよくない。 感覚的なものだろうが、ナゼかココロに響かないのだ。

最後に決め手になったのは、カメラ好き(マニア)である義理のお父さんの一言。 
 「デジタル一眼レフ買うのか? 気に入ったものを買いなさい」
 「ニコン? 古いレンズも使えるなら、あげるよ」
お義父さんは、ずっとニコンを使っていたものの、ライカを買ってからはニコンレンズのコレクションは眠っているらしい。 
ライカのレンズについては、上京するたびにレンズを衝動買いしているぐらいなので、相当なものだ。
ニコンコレクションは今度帰省したときに見せてもらうことにした。 カメラ談義で盛り上がることができそうだ・・・・・

まだ身の回りにあるものを撮ってるだけだけど

「すっげぇ・・やっぱりいいわ、Nikon・・・・」