« Posts tagged デジカメ

On The Scene

最近ちょっと気になっている製品がこれ「Eye-Fi」(米Eye-Fi製)である。

どんなものかというと、一見したところは普通のSD カードに見えるのだが、2GB分のメモリ容量に加えて無線LAN の機能までもが内蔵されているのである。無線LANを経由して画像をPCに自動保存できたり、FlickrやGoogle Picasaなどの各種Webアルバムやオンラインサービスへの自動アップロードなどが可能となるシロモノ。現時点ではFlickr、Facebook、 MobileMe、Movable Type、my Picturetown、Picasa、Snapfish、TypePad、VOXに対応する。SDメモリーカードを使用するデジカメであれば機種を問わずに使用可能だ。(例外的にいくつかのデジカメでは非対応とされいる。詳しくはEye-Fiのサイトを参照)。

米国では以前から商品化されていたのだが、今回、電波法に基づく技術基準適合証明を取得したことで国内販売が可能となり、国内販売元であるアイファイジャパンから発売開始となったのだ。対応OSはWindows Vista/XP、Mac OS X(10.3/10.4/10.5)で、ユーティリティは日本語にローカライズが行われている。
海外では、PCへの送信機能だけの「Eye-Fi Home」、PC及びオンラインサービスへの送信機能を持つ「Eye-Fi Share」、Eye-Fi Shareにジオタグ付加機能などを追加し位置情報機能を備えた「Eye-Fi Explore」の3種類の製品があるが、日本国内で商品化されたのは「Eye-Fi Share」だけのようだ(2008/12月現在)。海外ではEye-Fi Shareも容量4GBのモデルが発売されているが国内未発売。 
なお、並行輸入品については、前述の技術基準の認可対象外となるので、法規上は使用できない。
自宅環境でのみファイル転送を利用し、送り先も自分のPC だけということであれば、一番安価な「Eye-Fi Home」が適当かとも思うが、このHomeの発売は見送られたもよう。

使用前にはPCとのペアリング作業が必要だが、一度設定してしまえば、Eye-Fiを装着したデジカメで撮影した画像は、そのまま(カメラにSDカードを装着したまま)無線LANで転送可能。特に意識しなくても、無線LANの電波圏内に移動しただだけで自動的に画像の送信が行なわれる。 なお、対応ファイルはJPEGのみで、動画ファイルやRAWファイルは転送しない。
現在、Eye-Fi カードはアドホックモード(アクセスポイントを介さずに、パソコン同士が直接通信を行うモード)には対応していない。

 このような無線LANでの転送機能を装備したデジカメもあるが、選択肢はそう多くはない。デジタル一眼レフでもオプションとして用意しているものもあるものの、それなりに高額なアクセサリである。Eye-Fiは、1万円前後と比較的安価な上、機種を問わず汎用的に使用できるという点が特徴。これがあれば、メーカー純正の無線LANアダプタは不要になるかもしれない。

ボクのカメラでSDカードを使用しているのは、RICOH GR Digital2だけ(Nikon D80は売却予定)。Eye-Fiに興味はあるものの、Amazon価格で 9800円前後 (Eye-Fi Share)。Eye-Fi Homeでもいいので、5000円前後なら購入意欲も沸くのだが。。。。
あるいは、MicroSD化されてケータイでも使えるようになると、これはヒットする可能性アリかも。。。

http://www.eyefi.co.jp/

追記:
米国の仕様によると、Eye-Fi Home/Share/Exploreともに無線LANの仕様はIEEE 802.11b/g、後方互換802.11nワイヤレスネットワークに対応する。Wi-Fiセキュリティは、Static WEP 40/104/128, WPA-PSK, WPA2-PSKをサポートする。ただし、Shared WEPとWEP TSNのMAC版は対応していない。
なお、Eye-Fiを利用した際のデジタルカメラの消費電力が気になるところだが、これについては「画像サイズや通信速度によっても異なるが・・」との前提で、「Eye-Fiが起動した際に周りに無線LANが存在しない時は自動的にスリープモードに移行する。その状態では従来のSDカードと変わりはない」としている。また、接続した無線LAN上にEye-FiクライアントをインストールしたPCが存在する場合には、いったんPCに転送してからアップロードを行う「Smart Boost機能」を利用することで消費電力を抑えられるとのことだ。

LR2.2のCamera Calibration

Photoshop Lightroomを ver2.2にバージョンアップしたところ、カメラキャリブレーションが変更となっていることに気づいた。現像のプロファイルに、従来からの「ACR4.4」「同 4.3」「Adobe Standard」に加えて、

  • Camera D2X Mode1
  • Camera D2X Mode2
  • Camera D2X Mode3
  • Camera Landscape
  • Camera Portrait
  • Camera Vivid
  • Camera Standard

が追加されている。
もともとこのカメラキャリブレーションは、複数台のカメラ同士の色合わせに使ったり、カメラ固有の色のクセなどを補正する為に、ピクチャーコントロールのようにカメラで調整したパラメーターをソフトウェア上でも反映させる為に使うものだ。これまでも後述するadobe labでベータ版が提供されていたものの、少々不自然さが残るのでボクは積極的には使っていなかった。
LR2.2のリリースにあわせて、このプロファイルがベータ表記の取れた正式バージョンになって標準実装されたということか。

さて、標準になったのはいいのだが、今まで使っていたベータ版とダブってしまうので、今までのものを削除することにした。その削除の方法がよくわからなかったのだが、以下に掲載されていた。
http://labs.adobe.com/wiki/index.php/DNG_Profiles_FAQ#WhereDeleteBeta
http://labs.adobe.com/wiki/index.php/DNG_Profiles_FAQ#WhereInstall

FAQの記述をよむとわかるのだが、以下に置かれている"~Beta"をフォルダごと削除するだけだった。

  • Windows Vista
    C:\ProgramData\Adobe\CameraRaw\CameraProfiles
  • Windows XP/2000
    C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Adobe\CameraRaw\CameraProfile
  • Mac OS
    /Library/Application Support/Adobe/CameraRaw/CameraProfiles

※Photoshop Lightroom (以下 LR)は初期状態ではカメラ設定を反映せず、カメラキャリブレーションは、アドビ独自のACR4.4、ACR4.3、もしくはACR2.4になっていた。
(このあたりがNikon純正のPicture NXでとの違いか)
LRはできなかったのだが、LR2ではプロファイルをインストールすることで、完全にニコンと同じとは言えないまでもかなり近い感じにすることが出来るようになった。インストールすると、ニコンならAdobe Standard beta, D2X Mode 1 beta, D2X Mode 2 beta, D2X
Mode 3 beta, Landscape beta, Portrait beta,Standard beta,Vivid
betaがインストールされる。このプロファイルは以下のAdobe Labで提供されている。
http://labs.adobe.com/wiki/index.php/DNG_Profiles

新しいデジタルカメラ

勢いにまかせてデジカメを買い換えた。今回買ったのはニコン D700である。
デジカメとしてはコンパクトカメラから数えて6台目、デジタル一眼レフとしては2台目にあたる。
1年半ほど使っているニコンD80は人に譲ることにしたので、クローゼットの奥から箱やら付属品やらを探し出しているところ。

D80も悪くはないのだけど、ニコンの旧いレンズを使ってみたかったのと、やはりフルサイズを楽しみたかったのと・・・が買い替えの主な理由。
コンデジであれば気楽に購入できるものの、さすがにフルサイズ一眼レフともなればそうもいかない。D80で使っていたレンズはAPS-Cサイズ専用であるDXレンズがほとんどなので、レンズも買い替えが必要になる。それなら、フルサイズはあきらめて同じAPS-CであるニコンD300にするか・・・・なんてことで、しばらく悩んでいた。
あるいは、どうせレンズも買い替えるとなれば・・・・と、キャノンやソニーのフルサイズ機も考えてみたものの、前述のように旧いレンズを使ってみたかったのが動機でもあるので、ターゲットはやはりニコンのモデルである。

購入意欲はあっても、ボクにとってやはりD700は高嶺の花。フルサイズの入門機/普及機(D700の下位モデル)の登場が噂されていることもあり、それを気長に待つつもりでいた。
ところが、2000万画素超のハイスペックをひっさげて鳴り物入りでデビューしたソニーα900とキャノン5DmarkIIが驚くべき低価格であったせいか、D700の市場価格がジワジワと下がり始めた。競争原理が働いたのか、ニコンの戦略か、何にしてもボクにとっては大歓迎である。ボディの市価が\25万を切ったあたりから「ボクにも手が届くかも?!」と思い始めていたところに、キャッシュバックキャンペーンの告知。D700のボディが実質\20万円以下である。旧機材一式を売却すれば持ち出しは数万円程度と、現実的な金額になったことで、購入に踏み切ることにしたのだった。

ボクは、カメラの評論ができるほどたくさんのカメラを扱った経験はないし、そもそもそんな技術も腕もないので難しいことは割愛するが、そんなボクでさえ基本性能の高さは感じ取れる。D80より二回りも大きいボディは、意外としっくりきて、ボクの手の大きさにはちょうどいいようだ。心配していた重さ(945g)も、手持ちのレンズを使っている限りには全然気にならない。バランスがいいのだろうか?
あとは、ニコン純正のフルサイズ対応レンズが、ハイエンド中心のラインナップだけじゃなく、普及価格帯でも充実してれることを期待するだけだが、これには先に述べたフルサイズの普及モデルの発売を待たねばならないかもしれない。

 

RICOH GR Digital2

GRdigital2。買ってからそろそろ3ヶ月になる。
ほとんど衝動買いだったが、もうすっかりサブ機として定着した。

GD2のレンズは、28mm(35mm換算)の単焦点。ズームなんて無し。広角を生かした風景写真はもちろんだが、1.5cmまで寄れるマクロ&F2.4の明るいレンズは、料理メモ(食ブログ)向きとも言えるかもしれないね。そして、ヒンヤリとするマグネシウムボディの金属感は、触れた指先からも質感の高さが感じられる。写りとしては「切れ味の高い画と、ヌケのいい鮮やかな描写」なんて言葉になると思うけど、下手なデジイチよりもずっとイイ。デジイチを作っていないリコーだからこそ、コンパクト機にここまでこだわれるのか?

そういえば、デジイチで街角風景などを撮っていると、身構えてしまう通り掛りの人もいるのだが、GD2なら気にする人も少ないので気楽なのだ。これは混んだ街中に限ったことではなく、お店などでも同じ。「撮ってもいいですか?」と聞くと気軽にOKしてくれるのが、コンデジのいいところだ。

Adobe CS3 Master Collection

これまでAdobe製品は、昨年購入したLightroomの他、 Photoshop Elementsや旧MacromediaのDreamweaver 8なんかを使っていた。
以前はPhotoshopやAcrobatなども使っていたのだが、新Versionがでる毎のアップグレードについていけず、そのうちアップクレードの対象からも外れてしまったことで、ずっと旧いままになっていた。
 特にPhotoshopなんかは、Full Versionが良い事はわかっていても、10万円前後という価格を考えると「1万円程度のElementsで十分」と自分に言い聞かせていた。

ところがこのたび、とあるキッカケで 「Adobe CS3 Master Collection」を入手するチャンスに恵まれ、市価40万円もするこのソフトをかなり安く手に入れることができたのだ。
 このCS3 Master Collectionとは、10数種類ものAdobe 製品群を1つのパッケージにしたもの。Photoshopの最高峰"CS3 Extended"はもちろん、Ilustrator CS3やDreamweaver CS3、そして、Flash、Acrobat、Indesign、Fireworksなど、主要なAdobe製品がほとんど入っているのだった。
ざっと使った印象として、特にPhotoshop CS3とLightroomとの連携は快適そのもの。詳しいことは割愛するが、まさに1+1は2以上ということか。

さてこのプロ仕様ともいえるソフトウェア群、できないことは無いぐらいに強力であることは確かなのだが、それをボクが使いこなせるかどうかについては「?」なのだった。。。。。