« Posts tagged InternetDomain

CORE MINIにお引っ越し(その2)

今後もまた引っ越すかもしれないことだし、自分の備忘録のため、XREA+からCORE MINIに引っ越した際の手順をまとめておきませう。

CoreServerのアカウント取得

まず最初に、移転先となるCoreServer Miniのサーバアカウントを取得する。
Xrea+で使用していたアカウントと同じにする方が楽なのだろうけど、セキュリティ向上のためにアカウント名を変更することにした。
いくつかのサーバーから選択できるので、負荷状況を見ながら混んでいなさそうなサーバーを選択する。サーバー負荷状況は公式に公開されているのでそれを参考にすればよいのだが、こうしてみると、サーバによって当たり外れがあることがよくわかる。

・coreserve負荷状況
http://mainte.coreserver.jp/
・xrea負荷状況
http://mainte.xrea.com/

この他、以下のようなサイトもある。ただしこれは有志によるものなので、全てのサーバー状況を観れるわけではない。

Coreserver / xrea 負荷観測所
http://stress.junos.mobi/index.html

 

ファイルのコピー

一般的にはftpでのdownload&uploadとなるのだが、移転先がCoreServer/Xrea+の場合には「サーバー間コピー」機能を利用するのが楽で確実。移転元サーバでのパーミッションの設定や、Symbolic Linkも含めて移転先のサーバにコピーすることができる。
移転先である新しいサーバ(CoreServer)の管理メニューから「サーバー間コピー」を選択する。間違っても移転元サーバ上で操作を行ってはいけない(全て消えてしまう)。
移転元(リモート)となるサーバのftpの情報を入力すれば、あとは全て移転先(ローカル)に自動的にコピーしてくれる。ftpさえ利用できればいいので、リモートは他社サーバーでも構わない。

CoreServer

リモートディレクトリとローカルディレクトリの部分には、それぞれ / (ルート)とだけ入力する。
/の下には maildir と logが存在するのだが、僕はXrea+のmail は使っていないので、 /public_html と入力した。
転送方式はミラー(削除なし)でよい。実行をクリックするとサーバ間コピーが実行される。これでルートディレクトリ下にある全てのディレクトリとファイルがコピーされる。

ファイルサイズによるが、サーバ間コピーは数分~数十分程度で完了する。
進捗については、コピー先サーバのrootに、.servercopy.logというログファイルが作成されるので、管理画面からファイルマネージャーを使って内容を確認し”COMPLETE”と”END”となっていることを確認してください。

cmd2

コンフィグファイルの更新

MovableTypeなどを利用しているなど、コピーしたファイルの中にconfig.xxxなどの設定ファイルがある場合は、忘れずに新しいサーバの情報に更新する。
僕は、MovableTypeの他に WordPress や Joomla! などのいろなCMSをインストールしていじってみたりしていたので、それぞれのコンフィグファイル全てを修正した。

/public_html/log ディレクトリの修正

/public_html/log/ディレクトリは、アクセス解析ログの他、phpMyAdminやphpPgAdminがインストールされている。
これらの機能を利用されている方は/public_html/log ディレクトリの中のファイルを一度削除し、サーバ管理画面からログの保存の再設定やphpMyAdminを再インストールする。

ここにはベーシック認証用の.htaccessと.htpasswdファイルも置かれているのだが、コピーしたファイルに記述されているアカウントやパスワードは、移転元サーバの情報で不要であるので削除する。ファイルが存在しなければ新しいサーバの情報で朝6時に自動生成される仕組みになっているので、削除して待つだけだ。

あるいは管理画面のツールを利用すると記述内容を生成することができるので、その通りに書き換えてもよい。
このツールは.htpasswdに記述するパスワードの暗号化もしてくれるので、自動生成される初期パスワードではなく任意のパスワードに変更することが可能だ。

CoreServer

Databaseのコピー

Database(以下DB)の移動は、phpMyAdminでデータをdumpする方法もあるが、Xrea+/CoreServerの機能を利用したほうが便利だ。
手順としては移転元のサーバ管理画面でDBのダンプファイルを作成し、移転先のサーバにアップロードするわけなのだが、今回の移転にあわせてユーザーアカウント名やDB名を変更したかったので、ユーザディレクトリの絶対パスなど環境依存の部分のデータ修正も併せて必要となった。

※ちなみに、MySQL4(orそれ以前)のデータは、MySQL5とは文字コード他で互換性がないために字化けしてしまう。古いversionのMySQLからMySQL5のサーバに移転する場合は、WordpressやMovableTypeの備えるデータエクスポート・インポート機能などを使用することで可能らしいのだが、僕は試したことがないのでわかりません。。。。

■DBのダンプファイルの作成
移転元のサーバにおいて、ダンプファイルを作成したいDBを選択し「保存」ボタンを押す。
数分~数十分程度で / (root)ディレクトリに「mysql.dump」という名前のファイルが作成される。
2つ目以降のDBの場合は「mysql_1.dump」などと、mysql_のあとにDB名を付加した名前のファイルとなる。
ファイルマネージャやftpツールを使ってこのダンプファイルをダウンロードする。

Xrea

■環境依存データの修正
使っているCMSにもよるが、MovableTypeの場合はDB内にサーバ環境に依存するデータが含まれているので、新サーバに合わせたデータに修正が必要となる。
今回ユーザー名を変更しているので、ユーザディレクトリの絶対パスが変わっている。ダウンロードしたダンプファイルを、サクラエディタや秀丸エディタなど、Unicodeをあつかえるエディタを用いて修正する。

CORE MINIにお引越し

裏ドアの写真

ホスティングサービス契約の年次更新を機に、サーバーを移転することにした。
いまの『Xrea+』というホスティングサービスは低価格で高機能という点が気に入っていて、もう5年ぐらい使っている。僕が初めてホスティングサービス(当時はレンタルサーバーなどと呼ばれていた)を利用したのは97年か98年頃だったと思うけど、当時は月額¥3000ぐらいだったかな。以降、これまで何社かのサービスを渡り歩いて今のXrea+にたどり着いたわけだが、Xrea+は年間で¥2400円、月額にしてたった¥200円である。いくつか不満はあるものの総合的にみてここが一番気に入っている。サポートコストを抑えて低価格を実現しているサービスなのでユーザーサポートにはほとんど期待できないけど、サポートに問い合わせるようなケースは今まで一度もない。サーバー障害の時などに対応してくれれば十分だし、こちらが期待するような迅速な対応がされなくても、改善されるのを待つより不安定なサーバーからさっさと脱出してしまえばいいだけのことだ。

ただ、一台のサーバーのリソースをほかの人と共有している共用サーバーという性格上、同居しているユーザーの利用状況次第では、過負荷状態となってレスポンスが遅くなったり、最悪の場合は障害となってサービス停止状態に陥る可能性もある。ここ最近、そんなXrea+のレスポンス低下が気になりはじめ、そうなると気になるのが「同じサーバーを共有している他の人は誰だろう?」ということだ。
IPやドメイン名を入れると同じサーバーを共有しているサイトの一覧をずらずらと出してくれるサイトがあるので使ってみた。有名なものは「myIPneighbors」というサイトだが、時々落ちていることもあるようで、僕はこちらを使ってみた。

http://www.my-ip-neighbors.com/

これによると僕の同居人は600サイト近くもあった。「それじゃ遅くもなるさ・・・」などと思いつつ、サーバー移転を検討していたのだった。上位サービスであるCORE SERVERに興味はありつつも、少々値段が高いなぁ・・・なんて思っていたところに、昨年末、Xrea+とほぼ同額の『 CORE MINI 』サービスが提供開始となった。さっそく試用してみたところいい感じだったので、契約更新を機に移転・・・というわけだ。

サーバ移転にあたって、おおよそ以下のような手順になる。
1.CORE SERVERのアカウント取得
2.ファイルコピー
3.データベースコピー
4.サーバー設定
5.DNS設定

その他、今回の移転に併せてアカウント名の変更やDBの変更なども行ったので、
6.MovableTypeなどのconfig fileの修正
7..htaccessの変更
が必要になった。

試行期間にあれこれ試してみたのだけど、手順を理解してしまえば、ここまでやっておおよそ1時間程度で完了すると思う。
今後またサーバ移転するかもしれないし、備忘録として「CORE MINIにお引っ越し(その2)」にまとめて書いておきますので、もしよかったら参考にしてください。
基本的にはXreaやCORE SERVER間での移転手順なのだけど、サーバ間コピーは他社サーバからのコピーにも利用できるので他社サービスからの乗り換え時にも参考になるかもしれない。あるいは、独自ドメインを使ってMovableTypeやWordPressなどでDBを利用している場合のサーバ移転方法の参考にもなるかな。

肝心の引っ越しの効果は・・・・というば、サーバレスポンスもさることながら、MovableTypeの再構築があきらかに速くなった。ディスクの容量も倍増したことだし、年額にして100円高くなった分以上の効果は十分にあると思っている。

参考までに、以下、XREA+とCORE-MINIの機能比較です。

 
XREA
XREA+
CORE-MINI
CORE-A
CORE-B
初期費用
無し
無し
500円
1000円
2000円
年額
無料
2,400円

 

 

(200円/月)

2,500円

(208円/月)

 

 

5,000円

(417円/月)

 

 

9,900円

(825円/月)

 

 

ディスク容量
50MB
3GB
6GB
15GB
60GB
転送量/月
30GB
90GB
100GB
150GB
300GB
許容負荷率
不明
100%
125%
250%
1000%
MySQL/PostgresSQL
各1個
各5個
各10個
無制限
無制限
マルチドメイン
10個
20個
50個
無制限
無制限
メールアカウント数
100
100
200
無制限
無制限
送受信メール数/日
1,000
3,000
5,000
10,000
40,000
ftp (sub account数)
○(なし)
○(3個)
○(10個)
○(無制限)
○(無制限)
共有アカウント数
不明
不明
(500程度?)
300以下
128以下
64以下
商用利用

 

ドメイン予約(更新切れドメインの取得)について

e89f9a940a56f7bcd4506ae6f7c9496c_s
ボクが以前から欲しかったあるドメインが更新期限切れとなっていたのでその取得を狙っていたのだが、運良く公開日に取得することができた。
独自ドメインというのは基本的に1年更新となっている。持ち主である個人や法人が更新をしなければ、他の人が取得できるようになるのだ。更新しない理由としては、不要になったということ以外にも、更新忘れや、法人の場合には組織の解散(倒産など)によって更新がされないまま放置されていることもあるようだ。ボクが取得したドメインは元々は北海道の飲食店が使っていたようで、Googleのページランクなどは大したことはないのですが、結構外部からのリンクも残っている上、ボクが作ろうとしているサイトの内容とも関連していて、かつ覚えやすいドメインだっただけに、取得できたのはとてもラッキーだった。
(ちなみにGoogleでは、ドメインの所有者が変わると検索ランクにおけるドメインの価値や歴史はリセットされるようなので、PageRank的には過去のリンクはあまり価値がないとも思う。ボクにとっては、外からのリンクが残っていることがメリットだったので気にはならないが)

米国のレジストラ godaddy.com では、このような更新切れのドメインを予約するサービスシステム(BackOrder)があって、今回これを利用するかどうか悩んだのだが、このシステムはボクにとっては利用料が少々高額だったので、期限切れとなって公開される日をねらってがんばってみることにした。
ただ、気になっていたのは転売目的の業者の存在である。何月何日にこんなドメインが更新切れで出てきますよ・・・とリスト化されたサイトがあるので、これを見て、高く売れそうなものは一斉にキープするようなしているのだろう。このサイトは、ボクもときどき3文字ドメインなどが出てないかを見ることがある。

http://www.networksolutions.com/
http://expired-domain.bemmu.com/
http://www.deleteddomains.com/
http://www.justdropped.com/
http://www.bizprolink-internet.com/

高額落札された例としては、vodka.com や g.cn などに続いて、今年の春先には pizza.com が2億6千万で落札されたらしい。こういうことを考えると、どうしても欲しいのであればドメイン予約を利用したほうがいいのかもしれない。

今回の取得にあたって、更新切れとなったドメインが、第三者が取得できるようになるまでの経過を調べてみたので、ちょっとまとめておこう。

『更新切れドメインのWhoisデータベースの内容』
ドメインのステータスは、Internic Whoisデータベースから確認できる(日本のドメインの場合は、「JPRS Whoisサービス」から)。

1. DomainStatus が “expired” に変更される
Whois検索すると管理者の情報等はそのまま残っているが、DomainStatus が “expired” と表示される。
現所有者の更新忘れを補完するため、40日間は支払猶予期間が設けられている。
この期間中は、現所有者のみが更新することができる(更新するまでドメインは停止され利用できない)
2. Domain Status が “redemption period” (救済期間)に変更される
期間にして30日
Whois が削除され Not Found! と表示されるようになる。更新料は100ドル前後高くなる。(レジストラにより相違あり)
3. Domain Status が “locked” に変更される
期間にして最長で5日
西海岸標準時間(PST)の11amから2pmの間に ICANN database から消去され、これ以降は誰でも取得できるようになる。

正確には公的機関の情報を確認していただいたほうがいいかと思うが、ボクがみた限りでは今回はこの通りに進捗していたようだ。
結局、expiration dateから数えてちょうど75日後に取得可能となる。
※これは米国のドメインの場合。.jpや.co.jpなどの日本で管理されているドメインについては、この限りではない。

ドメイン取得費用について(格安レジストラ比較)

ちょっと昔にくらべれば、独自ドメインの運用コストは随分安くなった。ボクがはじめて自分のドメインを取得した当時は、.comドメインが国内レジストラで7000円ぐらい、海外レジストラでは30ドル程度だったので、米NetworkSolutions社で契約したのだけど、格安の国内レジストラが誕生して以来、国内でも価格破壊がはじまったことで、いまでは年間1,000円をきるのが当たり前になった。
期間限定のキャンペーンなどでは、400円程度のものも結構ある。 ボク自身、.com、.jp、.netなど多くのドメインを管理しているので、少しでも金銭負担が軽くなったことはありがたい。その維持費用はアフィリエイトやドメインパーキングなどを使ってドメイン自身で稼ぐようにはしているものの、維持コストは安いに越したことはない。
しかしながら、安くなりすぎた感もある価格を是正するためか、2007年秋に.comなど一部のドメインでの値上げの動きがあった。米国からはじまったこの動きに追従して、国内でも各社値上げしてきているようだ。ドメイン取得時にはきちんと価格を確認した上で契約することをお勧めする。

そういうわけで、ボクのドメインの年次更新を機会に、格安レジストラ毎のドメインの価格比較をしてみた。
まだ値上げをしていないレジストラもあるようなので、取得の際には慎重に確認してください。
なお、リンククラブについては、年間利用料としてユーザーあたり100円がかかる(複数ドメインを管理しても100円だけ)。

※2008年05月現在の価格

ドメイン リンククラブ お名前.com Value Domain
.com 770 950 990
日本語.com 950 990
.net 770 790 790
日本語.net 790 790
.org 770 950 990
日本語.org 950 990
.biz 770 950 990
日本語.biz 950 990
.info 770 950 990
日本語.info 980 990
.mobi 1,980 1,980
.asia 1,970 1,970
.name 3,480 1,110
.jp 3,150 3,360 3,390
日本語.jp 650 660
co.jp 3,150 3,150
or.jp 3,150 3,150
.gr.jp 3,150 3,150
.ws 2,940 3,300
.us
.tv 4,620 3,490
.be 1,850
.at 4,430
.am 9,350
.fm 9,350
.la 4,190
.me 2,310

複数のドメインを管理するのであれば、現在のところはリンククラブが一番安くなっている。ただし、ブログやメールなどを独自ドメインで運用する場合はDNSが必要になるのだが、レジストラによっては独自DNSサーバーを持っていない場合があり、リンククラブもその一つだ。この場合、外部のDNS、もしくは自分で立ち上げたDNSを使うように設定するのだが、設定方法はレジストラによって異なるので気をつけよう。 ボク自身はどちらのタイプのレジストラも使っていて、あまり気にしていないが。。。。 もし自由度の高い高機能のDNSサーバーを使いたいのであればバリュードメインがお勧めなのだが、自由度が高いかわりに、設定方法は少々わかりにくいかもしれない。
レジストラについて、ボクは10年ほど前にはじめてMyドメインを取得して以来いくつかのレジストラを使ってきたが、今はドメインの更新時点で一番安い会社に移管してしまうことが多い。

このほかにも、Microsoft Office Onlineでは、独自ドメインのメールアドレスとホームページを無料で作成できるが、Microsoftだけに、CGIやPHP、データベースなどはサポートされない。そのような機能的制限があっても構わないのであれば、検討の余地はあると思う。

ボクがはじめて独自ドメインを取得した頃は、国内と比較して海外の方が圧倒的に安かったのだが、現在ではほとんど差がなくなっていて、むしろ国内の方が安い場合もある。いまでもボクは Network Solutions社を利用しているし、レジストラ最大手である GoDaddy などのサイトも利用しているのだが、ほとんどは機能的にメリットがある場合だけだ。そうでなければ、わざわざ海外レジストラを利用する必要はないと思う。また、海外のレジストラの多くは、Whoisデータベース上にある自分の個人情報が公開されるのが基本となっている。公開したくない場合は、オプション利用料を別途支払ってレジストラの窓口を代理公開することができるのだが、国内のレジストラは代理公開を無料サービスにしていることがほとんどなので、この点でも国内レジストラの方が魅力的ではある。
ただ、海外レジストラでは頻繁にキャンペーン等をやっているので、激安でドメイン取得できる場合がある。例えば「.info」は、年間1ドル少々で取得出来るケースもあるので、希望するドメインが取得できるようであれば十分に利用価値はあるのかな。

 

VALUE-DOMAINを使う

DSC_8111

低コスト、かつ細かい設定が出来るかわりに、サーバーやドメインに関するある程度の知識がないと設定方法が解りにくいのが、Value-Domain。サポートについては、障害や新たな不具合には迅速に対応してくれるが、操作をはじめ、既知の問題や調べればわかる質問や問い合わせには一切無視といえる。基本的には自己解決が前提になっており、だからこその低価格なのだろう(そう考えれば納得する)。管理画面も素っ気無いもので、見た目では物足りなさを感じるひともいるかもしれないが、自由度の高いDNSが利用できる上、ブロガーやWeb運営者にとっては至れり尽くせりな玄人向けの機能を備えているのも事実。運用上の自由度の高さを考えるとバリュードメインはとてもお勧めなのであった。

■VALUE DOMAIN でできること
簡単にではあるが、VALUE DOMAIN でできることをまとめてみた。連携するホスティングサービスである「XREA+」に関しては省略する。

【有料サービス】
・ドメインの登録 (880 円 / 年~)
・他レジストラで取得したドメインの移管
・XREA+ (広告非表示、2000 MB の容量、スパムフィルター、ウイルスチェッカー、CRONTAB などの機能強化などが受けられる追加サービス) の利用権の購入 (2400 円 / 年~)

【無料サービス (ドメイン取得者のみ)】
VALUE DOMAIN にてドメインを取得・移管した人のみ受けられるサービスである。これらはすべて「Control Panel」とよばれる管理画面から自動で設定でき、追加料金は一切かからない。
・ドメインの DNS レコード情報の変更 (100 個まで)
 これを使うことで、sub.example.xrea.com のように、自由にサブドメインを作成することができる
・ダイナミック DNS
 自宅サーバで運営したい人には便利な機能かもしれない。DiCE にも対応しています。また、DNS 情報をうまく設定すれば、www.domain.com は XREA、jitaku.domain.com は自宅サーバといった使い方も可能です。
・ネームサーバの変更
 通常は VALUE DOMAIN 提供のネームサーバを使用しますが、他のサーバ(自前、他社など)に変更することができます。
・URL 転送
 一般的な URL 転送サービスのように転送してくれる。広告はモチロンなし、サブドメインも可。
・メール転送設定の変更 (100 個まで)
 任意の名前@domain.com 形式の転送メールを 100 個まで自由に作成できる。
・WHOIS 情報の変更
 ドメイン所有者の個人情報である、WHOIS 情報をいつでも変更できる。個人情報を公開したくない場合は、運営元である有限会社デジロック名義にすることも可能(無料)。ただし、管理運用をしてくれるわけでないので、デジロック側に迷惑がかかるような事態になると、あっさりとドメイン停止されちゃりするようだ。

■VALUE DOMAIN のデメリット
・DNSの設定が少しわかり難い。
 DNSの設定が全てユーザー任せになっているので、自由度は非常に高いものの、その代わり少々ややこしいかもしれない。
 DNSは、設定が反映されるまでに時間が掛かることがあるので試行錯誤がしにくく、最初の数日は戸惑ってしまうかもしれない。一旦慣れればどうってことないのだけど。

※ DNSについては、XREA上で普通に使う場合は、ドロップダウンリストからサーバを選択するだけで設定が完了する簡単機能が用意されています。また、VALUE-DOMAIN の DNS サーバを使用しない (他社のレンタルサーバにドメインを持ち込むなど) 場合は、このデメリットはありません。

以下は、Value-Domainを使ってドメインを取得する方法である。

■Value-Domainでドメインを取得する方法

1.ユーザー登録
Value-Domainへのユーザー登録が未だの場合は、まず登録が必要である。
バリュードメイン(http://www.value-domain.com/)にアクセスする。
上部メニューの「ユーザー登録」をクリックする。
登録情報を記載したのち「□規約に同意する。」にチェックマークを入れて、「ユーザー登録」をクリックする。

2.ログイン登録したメールアドレスに確認メールが届くので、そこに記載されている「ユーザー名」と「パスワード」(登録時に記載したもの)を使ってログイン画面からログインする。

3.希望するドメインが、空きドメインであることをチェックする
「新規ドメインの取得」をクリックする。
「希望ドメイン名」に希望ドメインを記入し、右側のドメインを選択する。
「空きドメインかチェック」をクリックすると、ドメインの空き状況がわかる。

4.ドメインの取得
希望するドメインが空いていれば、「ドメインは取得できます」と表示される。これで良ければ「→取得する」をクリックする。

5.登録情報の入力
次に登録情報を入力する。
この情報はwhois検索というシステムでINTERNET上に公開される。これはドメインの管理者や技術的問題が発生した場合のコンタクト先を明確にする主旨のものであるが、個人情報を公開したくない場合は”名義を代理公開する”をクリックする。代理公開するとコンタクト先としてデジロックが公開されるが、デジロック自身は何の責任も負わないので、迷惑が掛かるような事態になると予告なしにドメインを停止したりする場合もある。
ボクの経験上、住所や名前は曖昧でも問題ないが、メールアドレスだけは受信可能なものを正確に登録しておいたほうがよい。登録情報変更や移転などの際の確認メールにパスコードが書かれていたりする場合があり、受信不能なメールアドレスだと、そのパスコードを知ることができないからだ。プロバイダ移転などでメアドが変わる際には、忘れずに変更してことをおすすめする。

6.支払
ValueDomainはプリペイド(前払い)方式です。支払が少し解りにくいので、未払いとならないようにする。
「メニュー」をクリックし、「支払操作」の「カード」「WEB MONEY」「銀行振込」を選び、取得するドメイン名に応じた金額で購入する。
支払後に、購入可能金額として入金済み額が表示される。
その後に、取得したドメインを購入してようやく手続完了となる。