« Posts tagged Gitzo

アルカスイスとKIRKクランプ

DSC_2212
三脚をジッツオの三脚+アルカスイスの雲台+KIRKクランプのシステムに変更したので、その備忘録など。
今まで、雲台はGITZOのモノボールを使っていたのだが、壊れてしまったのを機に雲台交換を考えていた。いくつか候補はあったのだけど、運良くヤフオクでみつけたARCA SWISSのZ-1に決定。
雲台にあわせてクイックリリースシステム(QR)もアルカスイスタイプにすることにした。GITZOモノポールのQRは、脱着しにくかったりブラケットが回転してしまったりと、色々と不満があった。機会あって店頭でアルカスタイル互換のクランプとL-ブラッケットを手にして見ることができたのだが、クランプへの脱着は簡単かつガッチリ固定されるし、L-プレートによって縦構図でもカメラは安定するし、これはいいなぁーと前々から切り替えを考えていたのだ。

雲台「ARCA SWISS Z-1」について

まずは雲台のほうから。
このアルカスイスZ-1を実際に使ってみると、ノブの回し心地は軽いのに保持力は強力。非常に 使い易そうなモノボール雲台だ。アルカスイス自由雲台の特徴として上げられるのは、雲台のモノボールに使われているアスフェリカルボール(楕円ボール)。 中心からオフセットして設置されているため、普通の自由雲台と比べて少ない力で強力な保持力を発生するということらしい。 モノボールを締めるのは円筒形をしたノブ。その周囲にグルリと目盛がついていて、締め付け力の違いがわかるようになっている。ボクは持っていないけど、重量級レンズを付けたときなどでも、ある程度の締付け力を保持したままで可動可能で、取り外さなくても構図を変更することができるなど、何かと便利そうだ。 仕様では、ARCA-SWISS Z-1モノボールヘッドの耐荷重は59キロ。 ちょっと信じがたい数字なのだけれど、実際に使ってみるとあながち嘘でもないかもと思える驚きの保持力。 59キロと言えば天体望遠鏡でもOKなほどだが、今のところ、天体望遠鏡に使う予定は当面無し(笑)。日本での取扱いは、ケンコーが総代理店となっているらしい。皆が勧めるだけあって色々と魅力的なアルカスイス自由雲台だけど、「雲台のロールス・ロイス」とも言われるようにZ1の一番安いものでも国内価格6万円台後半と、レンズ一本買えるほどの値段が難点。ちなみに「B&H」でみてみると$400ぐらいのようだ。

クランプを選ぶ

次はクランプ。
「レバー式かノブ式か、それが問題・・・」なのだ。オクで手に入れたZ-1は、丸い台座がついているだけのクイックシュー無しモデル。この台座を交換してクランプを取り付けるわけだけど、アルカスイス純正のほか、互換メーカーとしては、Really Right Stuff の「fB2 AS II:M6」, Kirk の「SQRC-ARCA」, Winberlyの「C-12 QR」, Markinsの「QL-60i」などのメーカーと製品があり、デザインや価格の違いの他、カメラの乗ったプレートを固定する方法に各社の特徴がある。メジャーなReally Right Stuff(RRS)を始めとするレバータイプのクランプは、素早い操作が可能だが、その構造上プレートとの相性が避けられない。アルカスイス互換を謳っている各社製品同士、へたをするとRRS製品同士でも”ゆるゆる”で固定に難アリのケースもあるらしい。RRSはネット直販でのみ購入が可能で、日本国内はもとより、米B&Hでも取り扱いはない。レバータイプのRRSに対して、ノブ(スクリュー)タイプの雄は、1回転で開放⇔固定できるスクリュー式クランプが特徴であるKirk Enterprises Solutions(KES)という会社の製品。候補はこの2社に絞った。
まとめると、
■レバー式(RRSなど)
【利点】脱着が楽で速い。
【欠点】
・不用意に外れてしまうリスクが高い(ただし通常はデテントなどの安全機構が備わっているが。。。)
・互換性に難がありプレートを統一する必要がある(ただしRRS製以外のレバー式はたいてい調整機能がある)
・RRSはネット直販のみなので故障時に不安がのこる。
■ノブ式(KESなど)
【利点】汎用性が高く、プレートを選ばない。
【欠点】脱着に時間がかかる。ただし、KIRKのノブは比較的ピッチが広く脱着が速い。

米インディアナ州にあるKESのクランプは、デザインは少々ヤボっったいものの、航空機用軽量アルミ製で剛性は非常に高く、万力のような構造でがっちりとプレートを挟み込む。RRSと並び高精度で加工されたプレートの種類も豊富で、新モデル向けも揃っている。KESは、日本ではスタジオJINが国内唯一の正規代理店となっている、ボクが選んだのはこのKESクランプの方だ。KESのクランプには、汎用のユニバーサル品と雲台にあわせた専用設計のスペシャル品があり、アルカスイス-Z1向けのものは”SQRC-ARCA”($90.00)。この他にはマンフロットRCx向け製品などがある。専用品なので、固定にあたっては何の不安も無かった。

IMG_3314
交換は、丸い台座を外してKESのクイッククランプを載せ替えるだけなのだけど、いろいろ調べているうちに、アルカスイスはこの中心にあるネジを外せない雲台があるらしい、ということが判明。

ごく最近製造されたアルカスイス製雲台の一部で、クランプ固定ネジが非常に強力に接着されている個体を確認しております。このタイプはお客様にてクランプ交換をされることはほぼ不可能です。
ネジ頭を切削してクランプを取り外し、残ったネジ部もボール内まで切削してステム内に同サイズの雌ネジをステンレスで作り直します。 -スタジオJIN

ロットとか出荷時期なのかはよくわからないが、これにあたると素人ではまず取り外し不可でどうにもならない?みたい。その場合はスタジオJINでは有償(\8,000円)で対応を受けてくれるようだけど、このサービスはアルカの国内代理店であるケンコー(KPI)が取り扱ったKPI正規品に限られるとのこと。ボクのZ1は並行品のようでこのサービスは受けられないため、ネジが外れることを確認するまではドキドキだった。手持ちのボックスレンチ(7/16in PROTO)であっさりとはずれたものの、精度の悪い安物のボックスは肉厚で入らないということもあるらしい。インチのボックスは入手し難いので、ミリ規格なら11mmで代用可能のハズだ。Z-1のClamp交換については、Winberlyのサイト(英語のみ)でも事細かにわかりやすく書いてあったのでとても参考になった。無事にKESクランプを取り付けたZ1が、本記事一番上の写真だ。ジッツオの三脚にアルカスイスの雲台とKIRKクランプのシステムの完成である。

IMG_3318
IMG_3323

カメラプレートはL型がオススメ

最後に、カメラプレート。
ARCA SWISSスタイルのクランプには、その構造上、カメラプレートとよばれる台座が必要になる。
ボクは、KES製のショートプレート(PZ-158)とL-プレート(BF-Df)の2つを購入した。それぞれ、Nikon Df専用のものだ。Lプレート代表格のRRSのものは、薄い代わりに縦構図でレリーズ使用時の接地面が少ない。KESとかサンウェイフォトのLプレートのものは、少しカメラ横が分厚くなるけど、縦構図でも接地面が多くてより安定するため、こちらがオススメだ。KESのものは、2つのプレートをネジ止めしてL型になる構造。購入したあとでわかったことだけど、Lを買ってネジを外せばショートプレートになるし、逆にショートを買っておいて、あとからオプション購入てしLプレートにすることも可能だった。脱着さえ面倒でなければ、Lプレートだけ買えば使いまわすこともできる。B&Hにて、ショートプレートが$55.00、L-プレートが$110.00だった。
写真でわかるように、コルクやゴムの類は一切ついていない。高精度で加工された金属同士であれば、弾力のある余計な付加物はかえって振動やブレの原因となるので不要。クランプは、KIRKセーフティースクリューシステムに完全対応していて、カメラプレートやレンズプレートにセーフティスクリューが装着されていれば、スライドしてもネジがクランプ中央部に当たるのですべり落ちることはない。どちらにスライドしようがクランプからプレートが外れることはないので、脱落事故から機材を守る点でも安心。また、装着したままでもバッテリやSDカードのアクセスは問題なく行えるので、つけっぱなしでも構わない。

▼これはショートプレート。固定ネジは六角レンチでガッチリ留めることができる上、形状もDfにあわせた形になっているのでズレたり回転したりすることも無い。IMG_3329

IMG_3336

以下は、L-プレート。
左サイドの端子部へのアクセスも問題なし。RRSのL-プレートだと、ボクの指ではゴムのフタを開けることができなかった(笑)が、KESのLプレートでは大丈夫だった。それにしてもこの手のものは、米国のRRSやKES、韓国のMARKINS、中国のSUNWAYFOTOと海外勢が主流。特にいまは、中国や韓国製が安い上に品質が良いモノも多く、目が離せない存在。日本メーカーは三脚の脚部ではいいもの出しているけど、雲台やクランプではなぜか力が無いねぇ。

IMG_3345

IMG_3343

新しい三脚選び

これまで使っていた三脚は、D80で使うことさえ躊躇う頼りなさ。 D700では、とてもじゃないが使用に耐えないので、三脚を新調しようと心に決めた。・・・・ということで、会社帰りに店頭展示の豊富な大型カメラ専門店に出向いてはみたものの、店頭で見比べて「いいなぁ」と思うのは高い。「迷ったら、無理せず一晩考えろ」という天の声に従い、じっくり考えることにした。

フォトグラファーの友人に相談・・・というか質問攻めにしたところ、三脚メーカーの特徴や材質・形状毎の特性などを親切に教えてくれた。僕は三脚を使用して撮影するときはほとんど車での移動だろうし、三脚抱えて山登りはしない(少なくとも今は)のだが、街角写真でも使うことはあるだろう・・・ということを伝えた。カーボンは贅沢すぎるけど、スチールでは重過ぎるということで、アルミもしくは新素材を中心に吟味した。三脚メーカーは色々あるが、あるメーカーの製品は脚部固定レバーの耐久性が低くて、使っているうちにレバーの部分が緩んでくるようになるものがあるのだとか。きちんと締めても上からちょっと力を加えると脚が中に入ってしまったりするのだそうだ。「へぇ~・・」などと思いつつも、会社帰りにお店に立ち寄って店頭展示品で試してみたところ、まさにその通りの状態だった。店頭展示品は様々な人が一日中さわるので、実際の使用環境以上に酷使されているのだろう。脚をのばしてみたりレバーをロックしたりすることが多いのだろうから、ちょうど耐久テストのようなもの。つまりは、遅かれ早かれ使っているうちにこうなるということなのだ。

話はもどって、前述の友人や有識者のアドバイスに沿って選んで行くと、どうしてもフランスのGITZO(ジッツォ)とアメリカのQuickSet社のHUSKY(ハスキー)のモデルに集約する。結局僕が選んだのは、憧れともいわれるGITZOの三脚。ハスキーの三脚の弱点はその重さで、「重ささえ我慢できれば、最高の三脚はハスキー」と言われるように、その使い勝手とメンテナンス性の良さでは定評があるものの、アルミ製とはいえ軽く3~4kgにもなってしまうのは持ち歩きを考えるとちょっと厳しいものがあった。国産のSLIKとかVelbonなどと比べるとどちらも高いけど(特にGITZO・・・)、いまのヘタレ三脚ですら5年以上は使っていたし、そうそう壊れるものでもないだろうということで、これから先10年は使うものものだから・・と考えてGITZOの製品を選ぶことにした。いい三脚を使ったからといって別に腕があがるわけもなく、いい写真が撮れるようになるということではないのだが、所有することで満足するアイテムに走ってしまうのは僕の道楽癖だ。
ちなみに、GITZOはもともとフランスのメーカーで、創業は1917年と古くて90年以上の長い歴史がある。機銃の台座を作っていたりしていたこともあるそうだが、設立当初から三脚を作っていたわけではなくて、1950年代になって製品のラインナップに加わったのだそうだ。

日本の輸入代理店になっているボーゲンイメージング( http://www.bogenimaging.jp )のカタログを眺めて、GITZOのモデルなかから僕が選んだのは「シリーズ2」とよばれるもの。使い勝手と安定性を考えて、脚は3段にした。
シリーズ2の3段とまでは決めたものの、素材でまた悩む。GITZOの製品には、アルミとカーボンの他に「バサルト」と呼ばれる素材がある。軽さ重視なら当然カーボンだろう・・・でもカーボンはイイが高い。カーボンモデルであるGT2531は脚だけで10万近くもする。そう考えるとバサルトはかなりコストパフォーマンスが高く、GT2931で5~6万ぐらい。バサルトは粉砕した玄武岩を溶かして生成したファイバー素材なのだが、コスト面と性能面がちょうどアルミとカーボンの中間に位置する。気持ちはもうほとんどGT2931に決まっていた。
GITZOのモデルナンバーは、例えばGT2931だったら
2-シリーズ2
9-バサルト材(3=アルミ、5=カーボン)
3-3段脚(4=4段脚)
1-モデル世代?
というネーミングルールがあるようだ。
ちなみに、このモデルの格納長は67cm、エレベーターを伸ばさない伸高は138cm。加えて、雲台+カメラの高さを25cm程度とすると、ファインダーの位置は165cm前後になる。僕の身長は186cmあるので、このファインダー高と目線の高さとがほぼ一致するというのも、このモデルを選んだ理由だ。。。。。

ネットショップなどを眺めて、どこが安いか・・・などと調べていた時、フト思いついたのが『個人輸入』だ。
リーマンショックに端を発した世界的な不況により、世界の資本が比較的安定している円を求めたため円高が進み、ここ最近は1ドルが90円を割ることも珍しくなくなった。この円高ドル安を見逃す手はないと、個人輸入に踏み切ることにした。個人輸入自体は初めてのことではなく特に抵抗はなかったのだ(カラダの大きい僕はどうしても国内では服のサイズが無く、Yシャツなどの購入で時々利用している)。
友人の勧めもあって、NewYorkの『B.H.』(http://www.bhphotovideo.com)を利用することにした。国内のネットショップと同様に、最初にアカウントの登録を行って、欲しいものをショッピングカートに入れるだけである。見積もってみると、バサルトどころか、カーボンの「GT2531 6x 3-SEC CARBN FIBR」が $519.95(2009/2/15までの$55 Instant Rebete込み)。International Shipping ChargeはUPS利用で$60程度なので、$1=90円前後とすると、送料込みでも¥5.4万程度とGT2931(バサルト)の国内価格とほぼ同等である。ちなみにGT2932(Basalt)のB&H価格は$360程度。この差額なら・・・とカーボンモデルである『GT-2531 Mountaineer』に決定。店頭で見たとき、国産のカーボンでも4万円~5万円程度だったので、それより少々高い程度だ。

次に雲台(ヘッド)なのだが、きちんと水平が取りやすい3wayの雲台にするか自由雲台にするかで迷ったが、この際、両方使ってみることにした。 店頭で見たとき、手に取った感じで以前から気になっていたManfrottoの#804RC2と#486にしたのだが、、#460MGのマグネシウムヘッドでもよかったかなとも思う。とりあえず使ってみて、ボクにとってどちらが使い易いか考えてみることにしよう。
ちなみに、Manfrottoはイタリアの会社でGIZOはフランスの会社だが、どちらも買収されて今はイギリスの会社の傘下にあるそうだ。そう言えば、ヘッドには”Made in ITALY”の刻印があったが、GITZOも同じ”Made in ITALY”だった。

保管のことや、(滅多にないとは思うが)飛行機に持ち込むことを考えて、この際三脚用のバッグも購入することにした。まずみたのは当然GITZO純正のバッグ。さすが純正品だけあって丈については申し分ないのだが、友人のアドバイスは、ヘッドにManfrottoの3Way Headを使う場合、ヘッドの3本レバーの部分が頭でっかちとなってファスナーを閉めることができない可能性があるとのこと。収納の都度、三脚とヘッド(ハンドル)を分解すれば収まりそうだが、それは面倒で使い勝手が悪くなる。吟味の結果、僕が選んだのはヘッドと同じManfrotto MBAG90P というモデル。脚長だけからみるともう一回り小さい80cmのもので十分なのだが、ヘッドのレバーを付けたままでの収納を考えると、この90cmモデルがベストかな・・・と思う。

他にもカメラバッグなどを併せて購入。水曜日夜にオーダーして、月曜には手元に届いた。国内の配送はUPSと提携しているヤマト運輸が行うようで、受け取りの際、荷物と引き換えに関税として3,200円を支払った(Fedexは後日支払いだった気がするのだが)。Trackingによれば日本時間の土曜には成田についていたので、週末を挟んだことで通関に時間が掛かったのだろう、実質は4日というところか。そう考えるとB&Hはほとんどが”In Stock”で在庫豊富な分、モノによっては国内で購入するよりも早いかもしれない。ボクがはじめて個人輸入にチャレンジした10数年前、Internetはまだ普及しておらず、カタログを取り寄せてFAXでやり取りして服やPDAなどを買っていた。その頃と比べたら大変便利になったものである。