« Posts tagged バイク

四十路オッチャンの手習い〜大型自動二輪免許(続編)〜 

45歳にして大型自動二輪の免許取得にチャレンジ!

前編はこちら。

「四十路オッチャンの手習い〜大型自動二輪免許(前編)〜」

卒業まであと少しという教習期間中に急な転勤が決まり、引っ越すことになった。考えられる選択肢は3つ。
・教習継続はあきらめて、試験場での自力受験に切り替える。⇒イケそうな気はするけど…
・転勤先の教習所へ転校し、教習を継続する。⇒お金かかりマス
・転校はしない。単身赴任なので帰省する日にあわせて今の教習所で教習を継続。⇒時間的にキツイ

さてコマッタ。

第二段階の途中だけど転校することにした

【9/29】

手続きのために教習所へきた。結論から言って、転校しました。二段階教習の4時間目を終えたところ。規定時間にしてあと3時間だけだったのだけど、いろいろ状況を考えて、月一の帰省のタイミングだけでは無理かなと…。転校にあたっては、通っていた教習所に希望転校先を伝えて、あとは教習所間で手続きをしてもらう。教習原簿の送付等も教習所が行ってくれる。

IMG_0649

【10/26】

転校先の教習所で転校手続き。転校先によっては入学金や教材費を取られたりするので、これはケースバイケースだと思う。僕の場合も、卒業間際だとしても入学金3万円は必要だという転校先との交渉の結果、規定により入学金免除にはできないけど、その分、+3時間までの技能教習料は無料にしてくれた。つまり、規定時間内で終わらなくとも3時間オーバーまでは追加料金不要ということ。そして、お金のことより大事なことだと告げられたのは「降雪期に入るので2輪教習は11月末でクローズ」ということ。雪国ならではのことなのだけど、教習有効期限が3月まであっても教習そのものが無いので3月まで取ればいいというのができない。教習所側も予約を優先的に取るなどの協力はするという条件のもと、「11月末までに卒業できなくても自分の責任なので、一切文句はいいません」といった内容の念書にサインをしました。

【10/30】

本日転校先での初教習となったわけだけど、東京でどういう教習をしたかを一通り聞かれた。やったやらないは教習原簿に書かれているわけだけど、どのようなやり方でやったかとか、原簿に書かれていないことを中心に色々聞かれました。基本的に「大型二輪教習項目」としては全国一律なんだけど、県警によって重点項目や指導要領が異なるケースはあるとのことらしい。あとは、当然コースが違うので、卒検に向けてすぐにコースを覚えてくださいと。

ちなみに、東京であれほど苦労したクランクが、あっさりとできてしまった。コース幅に違いは無いので、違いがあるとすれば、コース脇にあるのが、すだれポールかパイロンかだけの違い。パイロンだと圧迫感が無いせいか、ヒラリヒラリとバイクを翻して、クランク通過は一発OK!
そう言えば、「足首の出てる靴はXです」と足元を注意された。東京では言われなかったけど、教習本には確かにそう書いてある。これを使えと貸与品として用意されていたのは、黒いゴム長。なんだかブカブカしてかえって落ち着かない気がするんだけどなぁ。。。。。

【11/1】

第二段階6時間目。今日はシュミレータ。昔ゲーセンにあった「ハングオン」のようなものだけど、バランス感や重量感が無いため、本物より難しい。

【11/3】

第二段階7&8時間目。今日は2時間教習。規定ではみきわめの日だけど、急制動の加速が足りないということで、急制動の自主練習。

【11/7】

第二段階9&10時間目。今日も2時間教習。会社から教習所まで10分もかからないので、平日でもこんな教習時間が可能。田舎ならではのメリット。もう一度急制動とコース走行をおさらいして、みきわめOK。全教習過程終了です。第二段階の規定7時間に対して、3時間オーバーとなりました。 (転校時の約束通り、3時間オーバーでも追加の教習料金は無し)

IMG_0845a▲転校先の教習原簿。東京でやった4時間分は斜線がひかれている。

卒業検定

【11/9】

卒業検定。ガイダンスのあと、普通車受験の人たち(ほとんど18〜19の高校生・大学生くらい)と別れて、バイク用コースへ。試験車両の暖機運転はすでに済んでいて、いつもの指導員が横でみている。心なしかヨソヨソシイ気もするけど、「いつも通りで大丈夫」とこっそりと声を掛けられて、ちょっと安心。検定員から受けた説明は、本日のコースはAコースであること、コースを間違えたらその場で停止し、手を挙げて指示を待つこと。コース間違いは減点の対象ではないからと言いつつも、たいていの人は動揺して次の課題で失敗するとか、急制動は2番めのパイロンを越えたら検定中止とかのネガティブな話の他、一本橋やスラロームの時間は教習の時より厳しくないので余裕を持って失敗しないようにすること、…といったこと。今日の大型二輪の受験生は僕一人であったので、着替えや準備が終わったらはじめましょう・・・とのこと。
余計なことを考えずに頭真っ白にして検定スタート。何よりも安全確認だけは忘れないようにと気をつけた。クランク、スラローム、急制動と1つ1つクリアしていく度に気持ちに余裕がでてくる。スラロームが少し時間掛かったかもしれないけど、他は満足の行く出来だった。

IMG_0856結果は合格。やはりスラロームの時間超過と交差点通過で減点があったようだけど、安全確認や安定走行はOK。

合格発表のあと、普通自動車や大型自動車の合格者も含めて、卒業証書を手渡されて解散。
あとは卒業証書を持って免許センターに行けばいいだけ。来月書き換えだし、住所変更とかもあるから、それと一緒にしよう。

【追記】

「降雪期のため2輪教習は11月末でクローズ」との言葉通り、11月21日に初雪が積もりました。この後、12月初旬まで連日のように降り続いた雪。凍結した路面で2輪教習や検定ができるはずもない、危なかった。。。。
IMG_0902

【追記2】自動車教習所の転校について

記事本文にも書いたけど、自動車教習所を転校するには、転校先で再度入学金が掛かるとかコースを覚えなおさなきゃならないとか、そんな面倒さがある。仕組みとかルールとかも、制度化されているわけではなく各教習所の判断に委ねられている感じだった。東京近郊(東京・神奈川・千葉・埼玉)など隣接県での転校は時々あるのですけど、地方への転校は初めてですね・・・とか言っていた。
転校元の教習所は教習原簿とかを転校先に渡すだけなんだろうけど、受け入れる側の教習所がどう対応するかに決まりは無いみたいだ。一般的に公認の教習所は、都や各県の公安委員会から通達された指導要領に基いて教習や検定をしているわけで、基本的な方針やルールは全国共通なものの指導要領は各県それぞれなのでわからないのだとか。どういうことかといえば、例えば、東京や神奈川では急制動をしっかりやるよう周知徹底されているとか、地方ではそれほどでもないとか、あるいはコース施設も、パイロン間隔やS字/クランクの道幅などは決まっているんだけど、コース端がパイロンだけかカーテンロープで囲われているかの違いとか、そういうこと。
3時間オーバーまでは追加教習代不要にしてくれたとか、そういう交渉の余地があることも初耳で、色々と参考になった。

 

四十路オッチャンの手習い〜大型自動二輪免許(前編)〜

45歳にして、大型自動二輪免許をとった。学生の時に普通自動二輪(当時の呼び方は”自動二輪免許の中型限定”)をとった当時は、401cc以上の大っきいバイクに乗るためには、”中型に限る”と排気量制限のついた自動二輪の免許をとった上で、その中型限定を解除する”限定解除”なる実技試験を受けなければならないステップアップ制だった。限定解除試験は教習所では行えず、府中や鮫洲などの試験場での受験のみ。今のように教習所でとる手段は無かった。大型バイクに乗りたければ、必ず一度は運転免許試験場に行って実技試験を受けなければならなかったわけだけど、これが合格率10%に満たないとも言われた難関な試験。10回〜20回は当たり前、30回以上も受けて、やっと合格したなんて人も珍しくなかった。年に全国でわずか2万人ほどしか合格しないという、まるで大型バイクに憧れる若者を落とすことが目的のようなハードルの高い試験だった(・・・と言われていた)。それを知って怒ったのが大型バイク専業の米ハーレーダビッドソンである。大型二輪免許の保有者が増えないから自社のバイクが売れない、全ては世界一難しい試験制度があるせいだと日本政府に噛み付いた。ハーレーさまさまではあるが、現在はハーレーが日本での大型車売上げNO.1であることを考えれば、あながち言い掛かりではなかったのかもしれない(それにしても外圧に抗えない日本政府の不甲斐なさ・・・)。
なにはともあれ、おかげで今は教習所で大型自動二輪免許が取れるようになったのである。昔に比べれば現制度は免許を金で買うようなものとも言われるけど、僕自身も年を重ねて”大人買い”ができる環境になったことと、勤務地が変わって通勤経路に教習所があるようになったことがキッカケで、約25年ぶりに教習所に通うことにした。40代半ばにして大型二輪免許への挑戦である。

ちなみに、アメリカ在勤当時に米国バイクの免許を取得したのだけど、アメリカのバイク免許を持っていても、日本のバイク免許への切り替えは実質不可(公安委員会にもよる)で、手続き的には実技試験を伴う。昔は無試験で切替えができたそうだけど、移住者の救済制度のはずが、限定解除試験の抜け道になったことや事故率の増加が目立ってきたために、公安委員会の判断で実技試験を行うことになったんだとか。そういうわけで、公安委員会によって違うかもしれないけど、少なくとも東京と神奈川の公安委員会は”そのまま切替は不可で実技試験あり”との回答だった。

教習時間は、普通自動二輪免許所持の場合、第一段階5時間、第二段階7時間。ちょっと前までは四段階制(1/4/3/4時間の計12時間)だったらしいけど、二段階制になった今も最少必修時間数は同じです。
IMG_0385

入校手続き

【5/24】

入校説明と同時に入校手続き。僕が入ったところは、キャンペーンか何かで、大型二輪教習の入学金は免除とのこと。普通二輪(MT)の現免許保有である僕の場合、全部コミコミで¥69,800円(最短技能教習と卒業検定含む)。現有二輪免許が普二AT限定の場合は+2万円。ちなみに、大型二輪に”AT限定”は無いです(・∀・)。
同日の大型二輪入校は他に二人いたけど、一人は大型スクーターでやってきたガタイのいいハタチぐらいのお兄ちゃん、もう一人は30代のおとなしそうな人。待合室で周りをみわたしても皆10代や20代の人たちばかり。まるでボクは、子供の付き添いか送迎のためについてきた父兄のようだ。わかっていたこととは言え、場違いとも言える状況の中で、年をとった自分を改めて自覚。受付の女性の話では、大型二輪については40代や50代の教習生は別に珍しくも無いそうで、時間の差はあれど皆さん合格していますよーとのこと。ちょっとホッとした。

IMG_0452

第一段階

【6/17】

初めての教習。初日なので、貸出ヘルメットやプロテクターの利用方法や教習簿の出し方、教習車の準備など、さらっとガイダンスがあった後、さっそく教習車に乗車して周回走行に入る。引き起こしや8の字押しとかあるのかと思っていたら、普通二輪保持者なので基本的にやらないらしい。ただ、「体格的に大型大丈夫か?」と思えるような教習生の場合は、やるということらしい。教習車とはいえ、約12年振りのバイクの感触。アメリカでは免許もあり1100ccに乗っていたこともあって、大型バイクなりの重量感や安定感、そして圧倒的なパワーは理解していたつもり。教習車のHONDA CB750はとーっても乗りやすくて、低回転からトルクもあり、これでどうやったらエンストするのか?と思うほど。一通り乗って、今日はおしまい。

【6/23】

今日は2時間教習。教習項目11「バランスの取り方(直線)」項目12「バランスの取り方(曲線)」が課題として指摘される。要は、一本橋とスラローム・クランクのこと。スラロームは特に苦手意識は無いのだけど、やはり通過が遅い。6秒を切るのが目標らしいが、僕は7秒前後とのこと。はぁ〜。。。
スラロームは、アクセルワークだけで切り返す方法とクラッチを断続でやる方法とがあるらしい。ちゃんとできればアクセルワークだけで十分間に合うから、アクセルに集中しなさいと指導される。「最近は、あまりバイクには乗っていませんかね?」と言われる。クセが無いのはいいのだが、操作系にギゴチなさが見受けられるそうだ。
一本橋は初めは10秒ぐらいで、12秒を目標にとのこと。僕の場合、橋上でリアブレーキで速度調節をするクセを直せと言われた。ブレーキは踏むな、クラッチワークとアクセルワークだけで渡れはずだと。要は半クラッチとクラッチ断の繰り返し、そしてバランス崩した時はちょっとだけアクセルいれて復帰するんだと。普通二輪の時には、リアブレーキでバランスとって・・・と言われた気がするんだけどなぁ。。。。。

【7/4】

今日も「項目11」と「項目12」のみ。ひたすら、一本橋・スラローム・クランクの繰り返し。

【7/6】

規定で言えば、今日は1段階の5時間目「見極め」の時間である。でも、またまた「11と12」。スラロームと一本橋はダイブ良くなったらしい。時間は良い、あとは精度を高めてとのこと。試験は一発勝負なので、ミスのないように・・・ということらしい。

【7/8】

今日は2時間教習。といっても、2時間目はAT教習。大型二輪とはいってもAT教習もやるのか・・・と思いつつ教習に臨んだわけだけど、ATをなめていました。大型スクーターって、乗り方が全然違う。ニーグリップが無いので膝元が落ち着かないのはわかっていたけど、何より、ホイールベースが長いので小回りが効かない、クラッチが無いので半クラができないといった点で、クランク通過に一苦労した。速度調整はブレーキしかないのだけど、それがまた不安定になって足をついてしまう。直線やスラロームがバカみたいに簡単な反面、クランクは厳しいです。

【7/9】

今日も2時間教習。もう1段階のみきわめの段階なんだど、○はもらえませんでした。夏になって、教習生が多くなってきた。車も多いが、バイク教習も多い。教習コースはバイク専用なんだけど、普通二輪と大型二輪が一緒に教習している。混んでくると、一本橋はスタート待ちで並ぶことが多くなるし、スラロームは進入前に前走の普通二輪と十分間隔をあけるようにしないと通過速度の速い大型二輪は追突しそうになってしまう。

【7/25】

やっと、今日1段階のみきわめをもらえました。規定5時間のところ、5時間オーバーの10時間目です。そして課題は、やはり「クランク」。

IMG_0839a

第二段階

【9/16】

約2ヶ月ぶりの教習。今日から2段階の教習に入る。時間があいたのは、仕事が忙しかったこともあるけど、今年の東京は例年以上に異常なほど暑く、バイクに乗る気にならなかったのがホントのところ。そして、そして、大変なことに、10月付けでの転勤が決まってしまった。転勤準備をしつつ、あと2週間以内に卒検まで・・・は時間的にも結構厳しい。単身赴任なので、月一の帰省に合わせて教習するか、あるいは転校か、あるいは免許試験場での一発試験に切り替えるか・・・・
それはそれとして、第2段階項目6「交差点の通行(左折)」で課題が残る。要は大回りを指摘された。

IMG_0635

【9/17】

第二段階2日目。今日は3時間教習。ここまでくると、卒検を見据えた教習になってくるのだけど、僕の場合はやはりクランクがぎこちないらしい。規定の教習時間は残り3時間なのだけど、仕事の引き継ぎやら引っ越し準備やらで、教習の時間がとれない。7月・8月、暑さに負けず、教習をやっておくんだった・・・・・とかなり後悔。

【9/22】

キャンセル待ちのため教習所へきてみたが、しばらく待ってみてもキャンセルは出ず、教習をすることができなかった。

IMG_0841a

東京での教習はこれでおしまい。続きは・・・

東京での大型二輪教習はここまで。

仕事の関係で転勤となり、引っ越しました。
さてこのあとどうしようか。自力受験はちょっと。。。。転校はお金も掛かるし、もったいない気もする。

どうなったかは、続編で報告します!

「四十路オッチャンの手習い〜大型自動二輪免許(続編)〜」

GSX-R1100でアメリカを堪能


▲GSX-R1100 アメリカ在住当時の、ぼくの愛車である。。。。

日本では大型バイクになる”イレブン”だけど、ここアメリカでは排気量や大きさは関係なく、免許は一種類だけで「Motor Cycle」という括りだ。

会社の同僚から中古で買ったものだけど、ヨシムラの集合もついてていい音がするんだ。

写真の場所は、Pennsylvania Turnpike (I-76)のPennsylvania州とOhio州の州境、Ohio州に入ったあたり。

Return to Pennsylvania

3ヶ月近くの出張を終えて、Pensylvaniaへ戻ってきました。
バイクを持ち帰らなければいけないのだけど、今度はレンタルトラックで・・・と思ったものの、やはり高い。

2tトラックが、一日$40ぐらいで、所要二日としても$60・・・・なのだけど、それに走行距離が1マイルに付き40セント程度加算される。
ミネソタからペンシルバニアまでは約1300マイルなので、約$520。
TAXや保険も含めて、トータルで約$700ちょっとになる。

というわけで、またまたバイクで帰ってきた。

前回は9月初旬だったので、まだ暖かかったけど、今回はきっと凍えてしまうだろう・・・と、完全装備でのぞむことにした。
皮ジャン(ホントはツナギが欲しかったけど)とレインコートを購入。
皮ジャンは約$200、バイク用のレインコートが$80。

前回と経路を変えて、スペリオール湖沿いからミシガン州を南下・・・と考えたものの、やはり寒さのために断念。結局前回と同じコース。
そして、デトロイトに寄ろうと思っていたのだけど、オハイオに入ってからまたまた雨・・・・・
で、結局のところ、淡々と走りつづけただけ・・・・・・となってしまった。

Harley Touring

Pennsylvania州には無かったのだが、ここMinnesotaではバイクのレンタルショップがある・・・・とかで、バイク好きが同士でツーリングへ。

これは・・・・・・雨にたたられて大変だった。ボクのはまだカウルがある&フルフェイスだったからいいものの、ハーレー組は・・・皮ジャンにハーフキャップorジェットヘルだったので、濡れるのはもちろん、頬にあたる雨が石ツブテのようだった・・・・とか。

ちなみに、レンタル代(保険代込み)は、ロードキング(左から2番目)で$150/1日、他のもので$100/1日だったとか。ヘルメットなどもレンタル可だけど、こだわりが無ければその辺のホームセンターで買った方が安い。また、借りるときにDepositとして$1000がクレジットカードにChargeされる。このDepositはバイクを返却後に全額返される(傷をつけたりした場合は、その分が引かれる)
ハーレーは、満タンでも100マイル程度しか走らないので、給油に気を配らないとガス欠の可能性が高い。(アメリカでは、50マイル:80kmぐらいガソリンスタンドが無い・・・ということもザラ)
また、レンタルバイクは、備え付けのバッグ以外にはネットすらNG(傷がつく)とのことで、宿泊を伴う場合は荷物量が限定される。
なお、レンタカーと同じく国際免許でOK。バイクの国際免許を取得するためには、日本国内で普通自動二輪(大型でなくてもよい)を持っている必要がある。つまり、日本で普通自動二輪(要は中型二輪)を持っていれば、米では排気量無制限になる。

NY州やNJ州やCA州では、国際免許の有効期限は、米入国後3ヶ月(NJは1ヶ月)と決められているので注意が必要。免許自身の有効期限が残っていても無免許運転として処罰される(前例アリ)。国際免許は”非居住者”が一時的に運転することを許可するものであるので、3ヶ月を越えて滞在する者は、そもそも”非居住者”とは言わないので国際免許の利用資格を満たしていない・・・という解釈なのだそうだ。

当然、入国日を証明するもの(パスポート等)の同時携帯が義務付けられている。