« Posts tagged MovableType

Movable Type 4.21


ここしばらくは何かと時間がなくてほったらかしになっていたが、ちょっとだけ余裕がでてきたので、ブログシステムのアップデートを行った。Movable Type 4.13から、最新の4.21へのアップデートである。アップデート方法は、SixApartのサポートページに載っているとおりなので割愛する。
MovableType4.21は、コンテンツ管理やコミュニティ機能の強化などが行われているが、なによりうれしいのは、大幅なパフォーマンス向上。これまで何十分もかかっていた再構築の時間が、せいぜい数分程度になった。時間がなくて、テンプレートの移行などはまだこれからだけど、ちょっとづつ進めていこう。

http://www.sixapart.jp/movabletype/

さて、4.21のアップデートで行ったこと、自分の備忘録としてのメモを残しておく。
アップグレードの度、ダウンロードした圧縮ファイルをパソコン上で解凍・展開して、ftpツール使ってそのフォルダごとサーバ上にアップロード・・・・・ってのは、時間がかかって煩わしい。ましてサーバが混んでいる時などは、途中でハングしたりするなどするし・・・
今回のTipsは、大量のファイルをチマチマとアップロードするのではなく、圧縮したままの1ファイルをアップロードしてサーバ上で展開する方法である。この方法にしてからは、それまで時間がかかっていたアップロードが、5分とかからずに終わってしまう。なんでもっと早く気付かなかったんだろ・・・・・

※TELNET or SSH が使えるサーバ(たとえば、さくらインターネットやXREA)

  1. Movable Type 4.21 「MT-4_21-ja.zip」をダウンロードする
    (サーバによってはzipをサポートしていない場合があるらしい。その時は、tar.gzを使う)
  2. ftpツールを使って、ダウンロードした圧縮ファイルをそのまま(zipのまま)サーバにアップロード
  3. SSH (or TELNET)でサーバに接続
  4. 以下のコマンドを実行し、圧縮ファイルを解凍$ tar  xzf MT-4_21-ja.zip
  5. 解凍したら、ディレクトリ名を変更する。$ mv MT-4.21-ja mt
    (この例では、フォルダ名 "MT-4.21-ja"を、"mt"に変更)

たったこれだけで、アップロードは完了である。

Tipsをもう一つ。
シンボリックリンクを使うと、旧Versionのファイルには手を触れずに、新Versionの環境に移行することができる。メリットとしては、シンボリックリンクのリンク先を元に戻せば、そのまま旧Versionの環境にも戻るという点(DB環境は除く)。

  1. 解凍した後、ディレクトリ名を任意の名前に変更する。$ mv MT-4.21-ja mt421
    (この例では、フォルダ名 "MT-4.21-ja"を、"mt421"に変更)
  2. 以下のコマンドを実行することで、mt421ディレクトリへのシンボリックリンクを作成する。$ ln -s ./mt421 mt
    (この例では、"mt"というシンボリックリンクは、実フォルダ "/mt421"へリンクされる)
  3. これで、ブラウザから
    http://hogehoge.com/mt/mt.cgi
    を実行すると、実際には
    http://hogehoge.com/mt421/mt.cgi
    が実行される。

簡単でしょ。

ちなみに、シンボリックリンク解消するには、一般のファイルと同様に
$ rm mt
だけである。シンボリックリンクを貼ったファイルを消しても、リンク先の相手のフォルダ "mt421"が消えてしまうことはない。

Movable Type4.1

でましたね、MT4.1(製品版)。
バックアップをとった後、さっそくアップデートしてみた。

MT4.01からのアップデートは、上書きインストールするだけ。
Movable Type4 バージョンアップ手順

ログオンすると、自動的にデータベースのアップデートがおこなわれて完了である。
ベータ版を試すことはしていなかったので、しばらく試行錯誤が続きそうである。ちょっと使ってみた限りの操作感としては、また重くなった気がする。それほど気にはならないものの、MT4.0から4.01で改善されていたものが、4.0時代に戻ったぐらいだろうか。

目に付くところでは、記事作成時のダッシュボードが大きく変更されている。本文の下に位置していた公開設定やカテゴリ蘭が、右側に移されていて、使いやすくなっていると思う。
スクロールせずに見渡せるので、ワイドモニタを使用している場合などにも好都合だろう。

今のところテンプレートの互換性などでの不具合はででないが、もうちょっと使い込んでみないとわからないか。

MT4.01アップデート

ちょっと日があいてしまったが、MovableTpye Ver4.0 のバグ対応版として、2007/9/18付けでVer4.01がリリースされた。
6Aの言葉によれば、「致命的なバグも多く修正されていますので、既にVer4.0で構築されている方は早めにバージョンアップを行う必要があります」とのことであったが、MT 4.0への移行がやっと落ち着いたところだったので、ちと様子をみていた。 (さぼっていただけ?)

このたび、「さて・・・・」っと重い腰をあげ、週末を利用して4.01へのアップデートを敢行したが、何の問題も無くあっさりと完了。 まだあまりカストマイズもしてないから当たり前か。。。ちょっと拍子抜けではあるが、楽チンに越したことはない。
Bug Fixと同時に「管理画面のパフォーマンスの改善がされた」と書かれていたのだが、さてどうだろう。。。。
実際に操作を行ってみた感じでは、確かに早くなったと体感できる改善がされているようだ。 特に再構築に要する時間が短くて、これだけでも速くなっていることが実感できる。

これまでも、3.3xから4.0系にしたことによるメリットとして

・エントリを自動保存するようになった。
書きかけのところ、ショートカットキーの誤操作などで思わずブラウザをcloseしてしまうことがあったが、自動保存されて
いることで救われる。
・ファイル管理が楽になった。
・Staticの単一Webページもまとめて管理できる。
・マルチブログの連携

などを感じていた。 苦労してバージョンアップした甲斐はあった。。。。と自分に言い聞かせていたものの、それと同時に「でも重いなぁ・・」とも感じていた。
それが、Ver4.01にすることで改善されてくれたことはとても嬉しい。

4.01へのアップデートのついでに、インデックステンプレートにsitemapテンプレートを追加した。 これをGoogle ウェブマスターツールを利用して登録する。 記事をエントリするたびに自動的にsitemap.xmlも更新してくれるので、Googleロボットは常に最新のsitemapを拾ってくれるというわけだ。

以下の内容でインデックステンプレートを作成して、出力ファイル名を「sitemap.xml」としておくだけである。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">

<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
<priority>1.0</priority>
</url>
<MTCategories>
<url>
<loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
<priority>0.4</priority>
</url>
</MTCategories>
<MTEntries lastn="9999">
<url>
<loc><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></lastmod>
</url>
</MTEntries>

</urlset>

Movable Type 4

いそいそと使いはじめたMovable Type 4であるが、MT3や他のブログツールと比較して気づいた点などをメモしておこうと思う。

 

特徴

■エントリー記事の作成がWYSIWYGになった。

MT4の特徴で目立つ変更ポイントである、WYSIWYGによるエントリー記事の作成機能。

MT4ベータ版の時は、WYSIWYGエディタから吐き出されるソース(tag)が大文字表記だったり、本来なら"<br />"であるはずの改行タグが旧い記述"<br>"だったりと、お世辞にも美しいとは言えないものだった。

正式版ではどうか??
ちゃんと小文字で吐き出されるようになっていたし、改行タグも修正されていた。
このようにキッチリ対応してくるあたり、さすが商品化されているだけあって、Wordpressなどとは違うね。

んでこのWYSIWYGエディタ、機能的にどうかというと・・・まだまだ発展途上かな。
フォントは、サイズ変更やBold/ItalicなどFontfaceの指定はできるが、Color属性が指定できず。
写真などのImageを挿入した際、キャプションを入れられるとよいなぁ・・・・これは、Joomlaのエディタでは可能。
Imageを回り込むような文章を作成すると、エディタ上での表示と実際のブラウザ表示が若干異なる。これはブラウザによるのかもしれない。

PC環境
 Firefox 2.0.0.7 
 Internet Explorer 7 ( 7.0.5730.11 )
 Internet Explorer 6 SP1 ( 6.0.2800.1106 )

デフォルトのエディタについては、現時点ではWordpressにはかなわないと思われるが、まぁJoomlaよりはずっと完成度が高い。
高機能エディタのプラグインがほしいところである。
この辺は、世の優秀なプログラマさんたちが解決してくれるでしょう。

■画像などのファイルを個別に管理・操作することが可能となった。

■Wordpressと比較すると、ウィジェットがわかり難い

■その他
細かいところでは、半角の「¥」がDefault Fontだとバックスラッシュになってしまう(テンプレートのstylesheetのせいか?) エントリー記事内で金額の記述をする際には不便。
全角のダブルクォーテーション("")が半角の記号("")に変わってしまったり、3点リーダー(…)が(…)に変わってしまったりというのもあった。
MT4ベータの頃からわかっていたものもあるが、MT4正式版でも同様だった。
エントリー記事が、日本語EUCなのも気になる。 JoomlaはUTF-8。 選択できた方がいいかなぁ。。

あとは・・・重い・・・重すぎ。 
エントリー記事をちょっと修正するたび、再構築を強要されて待たされる。 せっせと何をそんなにやっているのだろう?
多数の記事をまとめて修正するときなど、ページめくり(記事送り)でもイライラするのに、保存した途端に再構築。 強制にしなくてもいいんじゃないか?

新機能部分の完成度はさることながら、ツールとして全体を通しての使い勝手は、v3.xの頃より直感的に使えるようになったと思う。
使い勝手の良いプラグインが出揃ってないことや、ユーザー向けの情報がまだまだ少ないため、カスタマイズしたいユーザーは試行錯誤を強いられるかもしれない。
(残念ながら、不満な部分を自力で改善できるほどの能力は私にはありません・・・)
現状、標準機能のままで使いつつ、順次カスタマイズにチャレンジしていこうと思う。

 

なにより、今年四半期(?)を目処にMTがオープンソース化されるという話もあり、しばらく目の離せない状態が続く気配...

Movable Type 4.0に移行!

a62759d38da90102b58a8234843f8de9_s

ブログシステムをMovable Type 4.0に移行しました。

2007年8月8日 Movable Type 4.0 (以下 MTまたはMT4.0)がリリースされた。 前バージョンである MT 3.3 (2006年7月11日) からは約1年、MT 3.0 (2004年5月13日) からは実に3年ぶりとなるメジャー・バージョンアップ。
これまで自サイトのブログにはWordpressを使っていたのだけど、大分慣れてきた&ちょっと飽きてきた。 MT 4のリリースを機に、MobableTypeに乗り換えることにした。
(Wordpressで運用していた、Capcake’s Blog)

これまでもMT 3.1~3.3あたりは、ちょこちょこと試して使ってはいたのだけど、商用を目的としたwebサイト構築を頼まれる機会が多々あったので、自サイトでもオープンライセンスのツールを主に使っていた。
(MTの商用利用は有償であるため、小規模予算のサイトでは敬遠されることが多い)
MTは個人利用用は無償であるのだけど、勉強を兼ねて、自サイトでもオープンライセンスのツールを使っていた・・・・というわけ。

導入については、WordpressやJoomla!であった、レンタルサーバー環境の違いによるconfig設定の苦労がアホらしくなるほど簡単。MT3.xの頃も楽でしたが、4.0になってよりいっそう簡単になっていた。 ファイルアップロードの時間を入れても、10分もかからずにセットアップ完了。 (あまりにあっけなくて、ちょっとつまらない)

http://movabletype.jp/

http://www.sixapart.jp/movabletype/

MT4では、標準機能として CAPTCHA 認証が利用できるようになっている。 技術情報
CAPTCHAを利用するためには、MT4をインストールするサーバに Image::Magick という Perl モジュールがインストールされていることが必要。 Image::Magick のインストールされていないサーバ環境向けに、無償で利用できる「reCAPTCHA」というCAPTCHA 認証提供サービスを利用するためのモジュールが添付されている。 技術情報
MT4 では、どちらも使うことができる上、ブログごとに使い分けることもできる。