« Posts tagged Philadelphia

スカンク

最近の日記というわけじゃないんですが、アメリカに出張していたときの話です。(当時の記事

仕事から帰宅し、駐車場からウチに入ろうとすると、玄関の前にノソノソと動く動物らしきものが電球
「スクワール(Squirrel:アメリカアカリス)にしては大きいし、トロいな・・・・」と思いつつ、よくよく見ると野生のスカンクたらーっ(汗)
(野良じゃなく、野生です)

「Splyダッシュ(走り出す様)・・・たらーっ(汗)」にビビりながら撮影カメラ

翌日会社で話したら「野生のスカンクは珍しくはないけど、見かけたら絶対に追い詰めたりしちゃダメexclamation ×2」とのことです。

このアパート、郊外の住宅地なのですが自然豊かなところで、シカ(Deer)もくるんです。

City Hall of Philadelphia

2004/10/25

3年半ぶりに訪れたPhiladelphiaは、当時は改装中であったPhildelphia美術館前からCityHallに伸びるメインストリートは、すっかりきれいになっていた。
この立ち位置は、映画『ROCKY』で、エイドリアンに勝利を誓うロッキーが吼えた位置である。

▲Philadelphia美術館前から、CityHallを望む

Allen Iverson@76ers

First Union Centerにて、76ers vs. Cleveland Cavaliers

NBAの試合観戦は久しぶりだ。
お目当てはやはり、Iverson!

SNOW STORM

一夜明けてホテルを出てみると、僕の車はすっか雪に埋まっていた。
会社の情報ダイヤルにtelをいれてみると、案の定、今日は休業となっていた。
ホテルの駐車場は除雪作業の真っ最中だが、頃合をみて車を移動しておかないと、除雪車の掻き出した雪で身動きがとれなくなってしまう・・・・(汗)

Philadelphiaのご当地もの

Philadelphiaのご当地グルメ。。。

■Philly Chease Steak (フィリー・チーズステーキ)
名前からはイメージしにくいかもしれませんが、日本で言うところのホットドッグにソーセージの代わりに細かいくず肉+溶けたチーズを挟んだものをイメージしてください。吉野家の牛肉のような薄切り牛肉を鉄板で焼き,それにとろけるチーズを絡ませて、ロールパンに挟んだものです。
メジャーなお店ではチーズを選ぶことができるようで、大抵はCheez Whiz、American、Provoloneの3種類あたりから選べます。それぞれ順に、トロー・・・・サラーッ・・・ボヨヨンという食感でしょうか。
肉とチーズのほか、標準的には炒めたオニオンがはいります。おおむね、ここまでが通常料金。
この他、オプションとして、マッシュルーム、ペッパー、エキストラチーズ(増量)などのトッピングが出来ますが、店により差があります。
Philadelphiaローカルでいえば、地元で老舗と評価されているお店が以下のお店です.

  1. Pat’s Steak
    開業は1930年と謳われていて、Philadelphiaでは一番老舗。
  2. Geno’s Steak
    こちらは1966年開業といわれてます。
  3. Jim’s Steak
    こちらは1939年開業とされてます。

1と2のお店は、9th StreetとPassyunk Ave.に道を挟んで立っています。
3のJim’sはSouth Streetにありますが、こちらは2号店のようで、他にもお店があるようです。
老舗とか元祖とか言われているところが一番おいしいとは限らない・・・のは日本でもよくあることですが、人それぞれの好みもあると思うので、あとはお試しください!!
僕は・・・Jim’sかなぁ。。。。

■Soft Pretzel
スナック菓子のプレッツェルは良く知られていますが、Phillyではパンのような柔らかいソフトプレッツェルが有名です。Philadelphia周辺のWaWa(コンビニ)のレジカウンターや、道路端の屋台トラックのカウンターには必ずと言っていいほど置いてあります。マスタードをたっぷりつけて食べるのが通のようです。

これとちょっと違うのがAuntie Ann’s。前述のものは固いパンのような印象ですが、Auntie Ann’sのものはバターが効いていて本当にソフト。
全米のみならず国外にも展開をしているようで、アジアにも支店があって、日本でも横浜にお店があるようです。ただし、日本のものはサイズが小さく、味も違うらしいです。Philadelphia近郊のモールはたいてい入っていると思います。レギュラーの塩味以外にも、ガーリック、セサミ、シナモンシュガー・・・・等々、風味は何種類もあります。マスタードをつけて食べたい時には、「Regular without salt please!」とオーダーすると、塩をふっていない素のプレッツェルが買えるみたいです。