« Posts tagged VW

初体験!クルマ出張査定



昨年末のことなのでちょっと時間が経ってしまったけど、PASSATを売却する際に某サイトの中古車買取一括査定を利用してみた。
車種や年式、連絡先などの必要事項を入力すると、僕の住んでいるエリアでは10数社ほどの買取店がヒットした。
そして登録直後から続々と買取店からの連絡が入りはじめる。まだ実車をみてるわけではないので条件面から査定額を聞いているだけなのだが、基準額はどのお店も概ね同額といったところ。
だいたいの相場感が掴めたところで、実際に出張査定してもらうのは5社程度に絞ることにした。上積みが期待できそうな感触の良いお店を中心に、あとは電話での接客態度の印象で決めました。矢継ぎ早に掛かってくる買取店からの電話連絡には、こちらも初めてのことで右往左往していたので、そんな電話の応対ひとつでもお店の印象は違ってくるね。

出張査定は、平日は時間が確保できないので週末希望だったのだけど、予定していた週末は僕自身に急な出張が入ってしまった。そのため、本命以外の3社は僕が不在である土曜日にまとめてきてもらい、その後で本命の2社は僕が出張からもどって休みがとれる月曜日ということにした。
土曜日の3社は妻が対応したので聞いた限りなのだけど、車チェックに40分程度、その後で本部にデータを送って査定結果がでるまでに30分程度と、計1時間ちょっとぐらいだったそうだ。3社のアポは時間をずらしておいたので鉢合わせはありませんでした。

車のチェック中は、基本的におまかせ状態(放置状態)でOK。車のキーと車検証を預けて、あとは家でテレビをみながらくつろいでいてもよいみたいだ。
でも、もしニセ査定士だったら・・・と思うと落ち着いていられないので、僕なら立ち会いますが。。。
妻も初めは興味本位でどのようなことをしているのかチェックしていたようだが、どの会社も確認ポイントはほぼ同じだったみたいだ。

クルマの状態は、みがき傷すらほとんどない良い状態だったのですが、フェンダー部にドアを当てられたと思われる小さな凹みがあった。修理はしていないので、どの査定士さんも気づいていた。
もう一点、10円パンチで付けられたボンネット傷の補修塗装をしたことがあり、これは自己申告した。ディーラーでの修理だったのだけど、査定士さんも感心するほどきれいな仕上がりであったため、減点無しでした。

査定の際に修復歴を申告するかどうかは悩むところかもしれないけれど、査定士さんによると「(言葉は悪いかもしれないが)売り手・買い手の駆引きでもあり、見抜けなければ査定士の負け」なのだそうだ。ただ、心情的には申告してもらった方が好感を持てるとも言っていた。変に隠されると、もっとあるんじゃないか?と余計な疑いを持ってしまうこともあるそうだ。
そして、見抜けなかった傷などで後になって査定額が変わることはないそうだが、3つだけ例外があり「メーター戻し」「冠水歴」「フレームに達するような修復歴」だけは、たとえ査定後であっても事実が発覚した場合には、大幅減額や契約解除もあり得るとのことだった。この辺は業者によって違うかもしれないので、気になるようであれば確認してください。
その他、ディーラーオプションとはいえ社外品のナビを付けていたので、新車当時に取外して保管しておいた標準装備品の純正オーディオユニットも一緒に付けておいた(無くてもマイナスにはならなかったようだが)。
この土曜日の3社については、査定額を聞いた上で回答は保留してもらいました。

さて本命の月曜日、2社のアポは1時間ほどずらして予定していた。
朝一で約束していた1社目(A社)なのだけど、約束の時間の10分前になって、事故渋滞に巻き込まれているために大幅に遅れそうとの連絡が入る。
次の約束があることだけ伝えたのだが、何となく気になって交通情報をみてみると、どこにも事故渋滞の情報はなし。何か言えない事情があったのか、業者なりの駆け引きだったのかはわからないけれど、あまりいい気持ちはしませんね〜。

あとになるはずだったB社の方は時間通りにきて、査定開始。
二人できていましたが、どちらもすごく感じのいい受け答えです。
30分ほどで査定は終わって、反応はかなり良し。これまでのどの査定額よりも高く買取ることを保証してくれたが、A社とガチであることを初めから伝えてあるせいか、査定額の提示はまだだ。どうしてもこの場で買い取りたいというので、B社にはA社の査定額が出るまで待ってもらうことにした。
ちなみに、5年使ったスタッドレスタイヤ(社外アルミ付き)はオクに出そうと思っていたのだけど、B社に聞いてみたところ、「5年だとスタッドレスとしてタイヤの価値はゼロなのでアルミの分だけ。一緒に出すなら査定にも考慮します」とのこと。もともと僕もオクで1−2万になればいい方と考えていたので、面倒だから、この際車査定に含めることにした。

そしてA社の査定士が到着したのは、約束の時間から1時間半を過ぎた頃。A社の査定士にも、先に査定を済ませたB社とガチであることを伝え、業者同士で決めてもらうことにした。
競合の方法にはいくつかあるそうなのだが、
1.各社の査定額を一斉に提示して一番高い値に決める入札
2.業者同士、その場でセリ
のいずれかをとる場合が多いそうだ。もちろんどの方法をとるかは売主が選択することができる。業者が多数の場合には1もありなのだが、各社の買取力がモロにでるので、業者側からは歓迎されないこともあるようだ。
僕は2の方法を選択した。すでに2社に絞れているので、セリが一番高く売る方法と思ったからだ。

ほどなくして査定の終わったA社と、かれこれ1時間近くも待っていただいたB社とのセリが始まる。土曜日の最高査定額からのスタートだ。両社ともケータイでどこか(おそらく本部)と話ながら、交互に1、000円単位で値を積み上げていく。
僕はその横でドキドキしながら成り行きを見守っているだけだ。10分ほどの後、A社が降りたところで確定。B社が競り落としました。心情的にはB社が競り落としてほしいと思っていたので、結果的にはよかったと思っている。
買い取り金額は180万円、ディーラー査定より¥60万up、土曜日の最高査定額より¥40万up、という結果となった。

ドナドナされていくPASSATを見送りながら、この車と過ごした色々なことが思い出されてくる。振り返ってみてもいいクルマだったと思う。そして、入れ替わりに、この日の午後にメルセデスが納車されたのであった。

------------
後日談だが、1ヶ月ほどしてB社から名義変更完了を連絡があった。
関西の方で新しいオーナーの手に渡ったようです。大事に乗って欲しいと思います。

2度目のユーザー車検

PASSATが2度めの車検を迎える。そろそろ買い替えを・・・と検討はじめたところなので、高条件で下取りしてもらうためにも、最低限車検はとっておきたい、とは言ってもコストは最小限に抑えたい・・・ということで、今回もユーザー車検で受けることにした。ユーザー車検の受けた方は前回の時にいろいろ書いたので、今回は提出書類のことを主にかくことにした。

事前に用意しておくもの

・検査の予約

インターネットから予約可能(予約の際、車検証に書かれている情報が必要になるので手元に用意しておく)

https://www.yoyaku.navi.go.jp/pc/reservationTop.do

※以下にURLが変わった
https://www.yoyaku.naltec.go.jp/pc/reservationTop.do

・納税証明書

毎年4月にくる自動車税の納付領収書。延滞が無いか確認されるので、最終的な直近(車検を受ける年のもの)のものが必要。

・自動車賠償責任保険

車検有効期間中、継続していること。車検当日でも、陸運支局や近隣の代書屋・予備車検場でも加入可能。

・点検記録簿

取説や車検証などと一緒に入っていると思うけど、記入済みであれば申請時に添付する。

・その他

はんこ。書類を色々と持ち歩くので、クリアファイルとかクリップバインダーのようなものがあると便利。

必要書類

たいてい、陸運支局(以下、車検場) の近辺には代書屋さんがあり、お金さえ出せば全部お任せで書いてくれるが、自分で書いてもそれほど難しいものではない。申請に必要な申請用紙は、陸運支局場内の用紙販売窓口に行って購入、もしくは配布を受ける(支局によって、無料だったり、10〜30円程度の有料だったりする)。それと、申請用紙には、ボールペンで記入するものと、鉛筆で記入しなければならないものの2種類がある。持参する筆記用具は両方必要です(支局でも貸してくれます)。
鉛筆記入の用紙は、マークシート式のものなのですぐわかるとは思うけど、間違えないようにしよう。なお、申請書は重量税や手数料の納付書を兼ねているので、印紙・証紙を貼って納付する。納付額は、車重や減税対象の有無・割合などで変わってくる。窓口で車検証を見せれば教えてくれるので、いくら分の印紙・証紙を買えばいいのかわからなければ窓口で聞いてみること。

1.自動車検査票

DSC_2856a
▲ボールペン書き。色々書くところがあるけど、車検証をみてその通りに転記すればよい。検査手数料の¥1,800円の印紙を貼る。
忘れやすいのが走行距離。概算でいいのだけど、検査の時に確認されることもあるので、調べ忘れていたら車に戻ってみてくる。
左の空欄は、検査を受ける時に結果が機械打ちされるので、書いたり汚したりしないように。

DSC_2860a
▲検査表2の方は、構造変更を伴う場合に必要なものらしい。

2.自動車重量税納付書

DSC_2857a
▲自動車税の納付書は、ピンク色の紙。車検証に書かれている通りに転記する。
書いたら重量税分の印紙を貼るんだけど、車種によっては免税・減税措置で安くなっているので、ちゃんと確認しましょう。

3,継続検査申請書

DSC_2853a
▲これだけが鉛筆書き。これも車検証に書いてあることを、そのまま転記すればよい。

車検

以上の申請書類を揃えて窓口(横浜の場合、継続検査受付窓口⑦)に出す。
記入漏れや必要書類の不足が無いかを確認された後、検査場に向かうよう指示される。あとは車列に並んで、検査を受けるだけだ。
検査の際は、いくつか自分自身で操作しなければならないことがあるので、最低でも以下のことはできるようにしておく。
・ボンネットを開ける方法
・車体番号の場所。(国産車はだいたいエンジンルーム内だけど、輸入車はフロントガラス下部だったり、ドアピラー付近だったりするので予め確認しておくとスムース)
・ウィンカー、および、ハイビームとパッシングの操作
・ワイパー操作
・ホーン(クラクション)操作
・サイドブレーキ・ハンドブレーキ操作(車種によって足踏み式だったり電動式だったりすることがあるので)

DSC_2844
▲検査にパスする度に、検査表に欄機械打ちでマークされる

DSC_2843
▲全て合格して検査完了のチェックをもらったら、陸運支局の窓口に提出する。

検査完了

DSC_2846
▲混んでなければ10分程度で新しい車検証とシールが発行される。

今回のPASSATの2回めの車検(継続検査)にかかった費用は、
申請用紙 25円
重量税印紙代 50,400円
検査手数料等 1,800円
自賠責 22,470円
テスター代 3,000円
合計: 77,695円
で、前回と同じ。
特に異常も無いし、2回めともなればだいぶ勝手もわかってきた。
故障修理や点検は必要に応じてやっているし、これでいいんじゃないかなぁ。

やられました・・・orz

昨年末のことだけど・・・・やられました。
洗車の時に気がついたのだけど、左前のフェンダーがポッコリと凹んでいました。隣の車がドアを開けたときにぶつけたのだと思います。場所からしてドアの高いミニバンか・・・
前回の洗車のときはなかったので、その間に行ったとこといえば、デパートか高速のSAかなぁ。。。

修理見積もりは¥8万~¥10万だそうです。
塗装も剥がれているほど傷は深く、相当の力でぶつかっているそうです。
保険も使えるけど、等級downするので割があわず、泣く泣く泣き寝入りすることにしました。
気に入っていて大事にしていた車だけにとてもショック。

クルマの傷の写真

ユーザー車検にチャレンジ・・・

早いもので、PASSATはもう車検の時期になる。

VWディーラーの見積もりでは、パサートは税金等込みの概算で16万円ほど。これに油脂類や消耗部品等の交換分が加算されるので、おおよそ20~25万円程度だという。僕のクルマは、約13000km程度とあまり走っていないのと、新車時に契約したVWサービスプラスにより、これまでも定期的にメンテナンスを受けてきたので、消耗品の交換はあまり必要ないだろう・・・とのこと。

それなら・・・ということで、今回はユーザー車検を受けることにした。

ユーザー車検

ユーザ-車検を受けるにあたって特別な知識は必要なく、あまり車に詳しくない女性の方でも無理なものではない。車の操作(ボンネットの開け方とか)や用語など、教習所で教わる程度のことを知っていればいいと思う。ただ、自分の車のことなので日常の点検程度は行えた方がいいと思うので、こんな機会に勉強してみるのもいかもしれない。車検のために過剰な整備は要らないのだが、必要な整備・点検はきっちりとすべきだろうし、¥を惜しんで車両整備をおろそかにしたのでは本末転倒なのである。

車検の話にもどるが、以下、簡単にまとめてみた。細かいことはあらためて書くことにしよう。
どこの陸運で受けるか・・・だが、車検証の記載事項変更などが無い限り、全国どこの陸運支局でも受けることができるので、僕は家から近い神奈川陸運支局にて受けることにした。

第三京浜の港北ICから5分ほどと近い上、設備が大きくて混んでいる時期でも予約がとりやすいこと、近隣にはテスター屋と呼ばれる予備車検場が多くあること・・・などで都合が良かったからだ。陸運局への持ち込み車検には予約が必要なので、インターネットから予約する。なお、予約時点でも車体番号や原動機型式が必要。車検証に書いてあるのでそれをみればいい。

当日は、朝9時過ぎに到着。すぐに陸運支局には行かず、その前に、車検に落ちる原因となりやすいヘッドライトの光軸チェック&調整のため予備車検場へと立ち寄る。一般的には”テスター屋”などとよばれる予備車検場は、陸運車検場の検査とほぼ同じ内容を予め実施することができ、光軸調整程度ならその場で調整可能。いわば本番に向けてのリハーサルだ。僕の利用した「ヨビケン」というテスター屋さんは、予約は不要で、3レーンある検査場があいていればすぐに実施可能とのことだ。金額は一緒だというので、光軸だけじゃなく一通り実施してもらうことにした。時間が早かったせいか他に客はおらず、10分程度で予備車検は問題なく終了。

陸運支局には9時半頃に到着。僕は第2ラウンド(受付10:15~)で予約していたので、時間は十分にある。混んでいる様子もないのでのんびりと手続きを始めた。

ユーザー車検
※申請手続き順序案内の最下段に「ユーザー車検(継続)」の手続き案内が記されている

ユーザー車検
※建物の壁面に「③」とか「④」とか書いてある。

神奈川陸運支局では、まず③と書かれた建物で書類一式と印紙(重量税+検査手数料)を購入。「継続審査」であることを告げて車検証をみせれば、必要な額の印紙(証紙?)を出してくれる。自賠責は、先のテスター屋さんで支払い済みだったので不要。2005年以前の登録車はリサイクル料を払う義務があるが、新車購入時に支払い済みなのでこれも不要だ。
次はその隣の④の建物に行って、自動車税(毎年5月頃にくるヤツ)の支払い確認を受ける。自動車税の領収書を渡し、書類にスタンプを押してもらっておわり。

次には、④の建物を出て長い通路を通り、②の建物の継続検査の申請窓口へ向かう。ユーザー車検は「継続検査」と書かれた⑦の窓口だ。

ユーザー車検
※右の通路の正面の二階建ての建物②に、継続検査受付窓口⑦がある。

ここでは、③の建物で購入した書類に必要事項を記入し、印紙を貼って申請する。ほとんど車検証の内容を書き写すだけだが、書き方のサンプルも置かれているので、それを見ながら書けばよい。ボールペンで書くところと鉛筆で書くところがあるのだが、鉛筆で書くのは、マークシートのような申請書なのですぐわかると思う。僕は走行距離を見てくるのをうっかりしてて、一旦、車に戻るはめになった。これら一式を揃えて⑦の申請窓口に提出すると、「車に戻って7番のレーンに入ってください」と指示された。
書類を揃えて指示された7番レーンに並んだのは10:10頃なのだが、前の車が一向に進まない。頭上には「待機」の電光表示がされている。そのまま待つこと20分ほど、10:30をまわった頃に隣の建物から青いツナギを着たオッチャンたち(検査官)がわらわらと出てきた。第2ラウンドの検査開始は10:30~なので、どうも休憩時間だったらしい。
オーディオを消し、窓をあけて待っていると、僕のところにもコワモテのオッチャンがきた。オーナー車検であることを告げて「よろしくお願いします」と言うと、優しそうな笑顔で書類のチェックから始める。このオッチャンが検査終了までつきっきりで説明してくれた。
検査はスムースに進んで一発合格だったのだが、唯一、光軸検査の際に落とされかけた(汗)。右ライト→左ライトの順に測定するのだが、右ライトの時に車の前でテスターがグニグニ動いた後、「もう一度測定します」の表示。オッチャンが「ちょっと車から降りてみて」というので、僕が車から降りたところOKとなった。軸が少々低かったらしく、降りて荷重が減ったことで車高が上がり合格となったようだ。

ユーザー車検
※検査レーン。目の前の青い床のところはサイドスリップのテスター。

一通りの検査が終わり、合格のスタンプを押された検査票を持って窓口に行く。
その検査票と、ピンク色の重量税納付書、マークシートみたいな継続検査申請書、古い車検証の4つの書類を窓口に提出すると、5分ほどで新しい車検証とフロントガラスに貼るステッカーをわたされる。車検証に記載された内容に間違いが無いかを確認して完了だ。
時刻はもうすぐ11時。支局についてからこれまでで、所用時間は1時間半程度だ。
ちなみに、今回はどの手続きでも待ち時間はほとんど無かったが、月末や週後半は込んでいるらしい。
混み具合については、予約の状況をみればある程度予想がつくようだ。
(今回希望した日時の予約状況は、前日でも「〇」(空きあり)となっていた)

・・・・このあと、予想だにしなかった難関が待っていた。
フロントガラスのステッカーを張り替えるのだが、古いシールがメチャクチャ剥がしにくいのだ(笑)
周りに貼ってあるフィルムアンテナを傷つけないように慎重にしている・・・とはいえ、再利用による悪用防止のためか、ステッカーが硬化して脆くなっているのか、なかなかキレイには剥がれない。もう少し簡単に剥がれてもいいと思うのだけど。

今回のPASSATの車検(継続検査)にかかった費用は、
申請用紙 25円
重量税印紙代 50,400円
検査手数料等 1,800円
自賠責 22,470円
テスター代 3,000円
合計: 77,695円

この合計額は、光軸調整やサイドスリップ検査のため、事前にテスター屋さんで予備車検を受けた分の3,000円を加えたものなので、これを除いた74,695円が僕のPASSATでの必要額ということだ。

ユーザー車検

「神奈川陸運支局」
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/s_kanagawa/index.htm

「国土交通省 自動車検査インターネット予約システム」
https://www.yoyaku.navi.go.jp/pc/reservationTop.do ※2010/12月のシステム変更でURLが変わりました

「国土交通省 自動車検査・登録ガイド」
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/inspect.htm

「ヨビケン (予備車検場)」
http://www.yobiken.com/

3C PASSAT

購入から1年ちょっと。 走行距離もやっと5000kmを越え、そろそろ本調子である。
2リッターのターボエンジンは、まったくターボであることを意識させない。 以前乗っていたレガシーのツーリングワゴンGTとは、まったく正反対の性格ともいえる。 ロープレッシャーのターボは、ターボラグもほとんどない代わりに、急激なトルクの盛り上がりも無い。 どっかんターボしか乗ったことの無いボクは、ちょっと肩透かしをくらった感じだ。
燃費は。。。といえば、都心部中心の街乗りで10km/l弱ぐらい、高速だと12~13km/lまで伸びるのには驚かされる。 帰省の時などは、満タン(約70L)で実家との往復700kmを走ってもまだ余裕。 航続距離700kmといえば、東京-名古屋間を往復できる距離だ。 ガソリン価格の上昇が止まらない昨今、少しでも財布に優しいのにこしたことは無い。

▼この角度が、グラマラスな造形が感じられて結構スキなのだ。