メノクラムヨウナ橋

DSC_5470

八甲田と黒石市の間に掛かる「城ヶ倉大橋」。平成7年10月27日に開通したこの橋は、アーチ支間長が255mと、上路式アーチ橋では日本一の長さを誇る。国道349号線において、津軽地方から八甲田経由で十和田方面に抜けるルートの要所となっている。眼下には城ヶ倉渓流を見ろし、秋には八甲田山麓の見事な紅葉がみられる十和田八幡平国立公園内有数の景勝地でもある。
歩道がついていて歩けるのだけど、谷底までの高さは122mもあるので、下を覗くどころか端っこに立つだけでも怖くて、お尻の穴がキューッとなるような感覚。冬季は凍結するためか、車は通れるものの橋の歩道は立入禁止になる。ちなみに、下の渓流まで降りるための遊歩道もあるのだけど、常に立入禁止。階段の老朽化が理由ということなのだけど、一説には、遊歩道に入る度に遺体が発見されるほど自殺者が多いからだとか。そんな自殺の名所でもある。

DSC_5478

DSC_5479


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す