« Posts under 体験記

お山のてっぺん

dsc_1098

津軽の最高峰、岩木山山頂に登ってきた。

日本百名山に数えられる岩木山は、地元の人は昔から敬意と親しみをこめて「岩木のおやま」と呼んでいるそうだ。

秋も深まって、山頂付近は数日前に初冠雪。さすがにすぐに解けたけど、気軽に登るには、この週末が今年ラストチャンスかも。。。。

dsc_1362▲ココ8合目までは車で登ることができる。8合目から山頂までは徒歩で1時間半〜2時間程度。または、右に見えるリフトで9合目まで上り、そこから徒歩という方法もある。


▲紅葉し始めた岩木山スカイライン

根性のある人は麓の岩木神社から歩いて登るのだが、麓からだと山頂まで片道4-5時間コース。・・・とはいえ、地元の小学生が遠足で登るぐらいなので、高いハードルではないらしい。

dsc_09298合目からの登山道。登り始めはこんな感じ。8合目を8:55出発。

dsc_093820分も登るとゴロゴロとした岩が増えてくる。

dsc_1039▲9合目到着(9:45)。登山道からくると急に視界が開けたところで、8合目から徒歩50分ほど。リフト下り場もこの辺り。山頂に向かって、岩が並んだのが登山道だ。

ここから上は、ゴロゴロとした岩。落石防止のため杭や板で押さえられているが、足元を確かめながら、急斜面を登る。

dsc_1047

dsc_1088頂上に近づくにつれて、岩が大きくなり、斜度もますます急斜面に。

dsc_1236山頂を示すピラミッドが見えてきた(10:25)


▲地域PR動画

dsc_1117岩木山山頂到着(10:35)。天気は快晴、風も微風。朝のせいか雲は全く無く、視界360°のパノラマ!絶景!!

dsc_1206▲北方向。左に伸びるのが津軽半島。その先には北海道の渡島あたりまで見える。右端の市街地は青森市。

dsc_1159▲東方向。遠くに見えるコブ2つが八甲田。眼下の市街地は弘前市。

dsc_1143▲西方向。日本海を望む。右の街は鰺ヶ沢。

dsc_1263▲南方向。真正面が世界遺産の白神山地。

dsc_1256▲岩木神社の社から。鳥居の正面を麓にたどると岩木神社になるわけだが、弘前城(弘前市街)は写真中央の雲のあたり。

 

C200の初車検

IMG_2790

青森にきて初めての車検を青森県陸運支局で受けてきた。ユーザー車検で受けるのは3度め、メルセデスでは初めての車検だ。手続きなんかはもちろん東京の時と変わらないのだけど、田舎の青森では、いろいろと勝手が違っていた。まず、車検の時はテスター屋で予備検査を受けようと思っていたので、予め支局周辺のテスター屋をネットで探したのだけど皆無。整備工場は何軒かあったのだけど、いわゆる”テスター屋”ではないらしい。TELで確認すると、予備検査として可能なのは、光軸とサイドスリップのチェック程度。東京や横浜のような、車検場と同等の試験設備を持ったテスター屋とは違うようだった。そう言えば、東京のDに車検の相談をした際、MBのサイドスリップ(トーイン)は日本の車検基準でははじかれる場合があるけど、それでOKなので変に調整されないよう気をつけて・・とアドバイスされたことがあった。車のタイヤって、停まっている時は真上からみて左右が「ハ」の字になるようなセッティング。これをトーイン(つま先が内向き)といい、スピードが上がるにつれて左右タイヤが徐々に並行になるようになっている。高速走行時の走行安定性確保のためなのだけど、アウトバーンを高速巡航する前提で設計されているMBは、この「ハ」の角度がきついトーインになっているのだ。MBはサイドスリップ検査NGでも特例として認められていて、車検場では型式が特例認定対象であることを確認した上でOKになるそうだ。不慣れな整備工場に入れると、特例認定を見落とした整備士が車検基準にあわせて調整してしまい、高速走行がダメダメになることがあるのだそうだ。注意せねば。

車検当日は10時の予約。今季初の本格的な降雪となった日で「こんな雪で下回りの検査とかできるのかな?」と心配になって問い合わせてみると、「全然問題ありません。真冬には2m積もるんですから」と失笑されてしまった。

IMG_2777
9時過ぎには到着して、支局近くの整備工場で予備検査を受けておく。光軸調整とサイドスリップの検査だけだったけど特に問題無し。工場のおっちゃんによると、青森でもユーザー車検が少ないわけではないが、予備検ってあまり需要がなく、まず車検を受けて不合格だったら持ち込まれるケースが多いんじゃないかとのこと。「青森はケチだから(笑)」と言っていた。その上、輸入車で代行車検でもなく自分で受けるのは珍しいらしい。
すぐに支局に行って申請手続きを開始。青森陸運支局は初めてだったけど、まずは運輸支局(向かって左側の水色の建物)の3番窓口で「継続検査です」と言って申請書を受け取る。申請書は無料だった(横浜では有料)。

IMG_2781

申請書の記入は、いまの車検証の内容を書き写すだけ(前回と同様なので細かいことは省略)。
記入したら、隣の白い建物(青森交通会館)の12番窓口へ行って印紙を購入。重量税は、エコカー減税により半額の20,000円であった。

IMG_2786

印紙を貼った申請書や現在の車検証、その他添付資料等をまとめて、再び3番の窓口へ提出。
5分も待たずに呼び出される。過不足が無いことを確認された書類一式が返却され、検査レーンに行くよう指示される。

IMG_2780

青森県陸運支局の場合、普通車の持ち込み検査レーンは右から2番めのレーン。検査場の改修工事中だったようだけど、検査は通常通りだそうだ。
外は、ちらつくというより、時折横なぐりの吹雪のような天気。車から出るのをためらうほどだ。
ボクの順になって、構内に入る前に検査官に車検証を提示。「はい、車から降りてボンネットあけてください。車体番号の確認しますね〜」。ボンネットを開けてみせると、検査員がボンネット内をあちこち探す。が、車体番号の刻印がみつからない。あれ?とかいいながら、ボクも一緒にフロンドウィンドウ下部、ドアピラーなどを見てみたがどこにも無い。しばらくして年配の検査員が「おーい、どーした?」と近寄ってきた。「運転席の足元みたか?」と会話が聞こえる。ボクがフロアマットをめくり、カーペットをめくってみると、運転席シートレール付近に車体番号があった。「ベンツはなー、ココにあるんだよ。」とドヤ顔のオッチャン検査員(笑)。
車体番号の確認が済むと、ワイパー作動、ウォッシャー噴射など外回りの検査。ヘッドライト(High/LowBeam)、ポジション、ウインカー、ブレーキランプなど灯火の検査が一通り終わると、検査場構内に進む。検査過程は横浜で受けた時と変わらない。前方の電光掲示板の表示に従ってライトやブレーキ操作するだけ。流れ的には、
1.サイドスリップ検査。特になし。
2.フットブレーキ検査。ガツンとおもいっきり踏むのがコツ。
3.パーキングブレーキ検査。普通に踏むだけ。
4.スピードメーター検査。ローラーに乗ってギュイーンと加速、40km/hでパッシングを2回。40km/hに合わせるコツは、加速しつつ調整ではなく、まずは50km程度に一気に加速し減速しながら調整する。
5.排ガス検査。マフラーになんか検査棒みたいなのを突っ込むだけ。
6.ヘッドライト光軸検査。HighBeamにし、窓みたいなのが付いたでっかい機械が車の前を横切って左右に動く。右と左それぞれOKで完了。
7.下回り検査。ハンドルを左右に切ってから、地下から検査官が下回りをハンマーでコンコン叩いて、オイル漏れや異常が無いか検査。下回りは雪で濡れてドロドロだったろうけど、特に問題なかったみたいです。

IMG_2793

今回のCクラスの車検(継続検査)にかかった費用は、
申請用紙 0円
重量税印紙代 20,000円 ※50%免税
検査手数料等 1,800円
自賠責(24ヶ月) 27,840円
テスター代 4,320円
合計: 53,960円

テスター代を除くと車検費用は5万円以下となるわけだ。アクアなどの100%免税エコカーだと3万円以下。いい時代になったものだ。。。

 

 

海峡いか釣り体験

IMG_2423
下北の風間浦でイカ釣り体験ツアー(¥3,000)。民宿の船長の話では、イカ漁ははじまったばかりで、量も少ない上、まだ小ぶりなイカしか上がっていないらしい。晴天とはいえ海峡は少し風が強く出航が心配されたのだけど、出航可否を問い合わせたところ、17:30の出航予定を17:00に繰り上げますとのこと。早めに出て早めに戻るということらしい。
前日の宿泊客は残念ながらボウズだったとのことで「行けば釣れるというものでもないし、運もありますから」とのこと。ツアー自体は夕食前の1〜2時間程度なので、あまり期待せず、と言われながらも、ワクワクしながら乗船。

出港して15分ほどで最初のポイントへ到着。岸が見えているので、4〜5海里(7〜9km)ほどだろうか。船長さんから仕掛けを渡されて「深さ35〜40mぐらいを目安に、仕掛けを煽って・・」との指導。 イカが掛かると重くなるからわかる・・・とのことなんだけど、うーん、わからず。他の釣り客(家族連れ)も初心者らしく、船長は大忙しのようだった。
ポイントを探して何回か移動をしたところで最初のアタリが!!
小ぶりなイカでほとんど重さを感じることはできなかったけど、なんとなくではあるものの、波の動きとは違う動きが指先からわかるような感じ。
このポイントで船長さんから指示されたタナ(水深)は、3m〜5m。こんな浅いところにいたなんて。。。

ポイントが見つかってアタリがではじめると、船長さんも熱くなって早口になってくる。ただでさえわかりにくい青森弁(下北弁?)、早口になると何を言っているかさっぱりわからない。
一度では聞き取れず、何度か聞き返した。

「あっしぇーどごっ、あっしぇーどごっ!」(浅いところ!浅いところ!)
「しゃんめーだーっcけwww」(3メーターくらいww)
「おぉー、いぃーかだだっ」(おぉー、いい型だ)
「こんどなも、かだいーごだ!っっ」(こんどのも型いいなっ!)
「こだかだ、はづがもしゃね!」(こんな型、今期初かもしれない!)

という感じ。
なお、型がいいとは、大物であること。船長いわく、ずっと小ぶりなイカ続きだったので、やっと大型の群れが来たかも!と喜んでいた。

一人あたり10杯ほど揚げたところでツアーは終了。時間にして2時間弱ぐらい。いそぎ港に戻るのだけど、帰路の船長、メチャメチャ飛ばす!。
帰るだけから当然といえば当然なのだが、揺れに耐え甲板にしがみついている我々としては、長袖+カッパをきているとはいえ、波しぶきをかぶるし、風は冷たくて寒いし・・・
イカを持って宿に戻ると「ずいぶん釣れたようでよかったですね。型もいいし。」と。2〜3杯を夕飯用に捌いてもらって、あとはおみやげように冷凍してもらうことにした。鮮度を保つには、皮を剥いて捌いて冷凍してしまうのが一番いいのだそうだ。  

IMG_2427▲本日の釣果。 IMG_2435▲1時間ちょっと前まで海で泳いでいたイカ。さすがに鮮度は抜群でコリコリしていて美味しい。イカゴロもそのまま食べても臭みは全くない。 IMG_2439▲イカゴロにつけて食べるのも良いが、地元ではウニに絡ませて食べるのだとか。なんとも贅沢!

雪の回廊ウォーク2014、今年の天気はイマイチ

今年も参加してきた「八甲田雪の回廊ウォーク」。深い積雪と天候に恵まれた去年のウォークとは打って変わって、今年は悪天候の予報。それもよりよって、催行当日の3月30日だけが雨&雪で、その前後一週間は晴れ。雨男or雨女は誰だ?
気温は麓でも一桁の6度、標高の高い峠付近は0度程度。前から吹き付ける雪に逆らうように身を屈めながら、8kmを歩ききった。

DSC_5871

そういえば歩きながら気がついたのだけど、他の地元の人の足あととヨメの足あとが違う。写真の左から2番めがヨメの足あとで、他の人は皆、カカトが長く伸びて引きずるような足あと。不思議に思いながら見渡すと、どこもこのカカトが伸びた足あとでした。なんでだろう?雪国ならではの滑らない歩き方?

DSC_5878