ドメインパーキングのススメ

今回はドメインを使ったお小遣い稼ぎの話をしよう。
ニュースなどで聞いたことがある方も多いと思うが、ドメインは、オークションなどにおいて高額で落札されることがある。以下はこれまでの高額落札の例であるが、もともと取得に際して必要な費用は、取得した時代にもよるが数ドル~数十ドル程度である。このように、人気がでそうなドメインを取得しておくことは、将来大きな利益をもたらすかもしれないのだ。

・ 「vodka.com」が300万ドル(約3億4500万円)
・「g.cn」が2000万ドル(約23億円)
・「pizza.com」が260万ドル(約2億6千万円)
※いずれも1ドル=115円で計算

・・・とはいえ、こんな高額で取引されるケースは滅多にないのもまた事実。ところが、ドメイン名を取得しておくと、オークションに出品する以外にもドメインを使ってお小遣いを稼ぐ方法がある。それが「ドメインパーキング」とよばれるものだ。

ポータルサイトやリンクなどからネットを徘徊していると、一度ぐらいは、このようなリンクが貼られただけのページを見たことがあるのではないだろうか。

このようなドメインの多くは、更新切れとなったドメインを二次取得し、過去のリンクからアクセスしてきた人に広告を表示することによって収益を上げようとしていることが多い。あるいは、この広告は新規取得したドメインにも表示させることが出来るので、使っていないドメインをドメインパーキングにすることも可能だ。取得したものの使っていないドメインをただ寝かせておくよりも、広告を掲示して少しでも収益を上げようというのが狙いだ。

ボク自身も、ドメインを取得だけして実際には使っていないドメインがいくつか有るので、それらはドメインパーキングを利用している。ボクが使っているドメインパーキングは、ドメインの取得、ドメインオークションなどもしているイギリスの「SEDO」という会社であるが、他にもGoogleやGodaddyをはじめとして、いろいろな会社がドメインパーキングを提供している(会社によっては、有償の場合もある)。
SEDOの場合は、ドメイン自身を譲渡する広告(購入希望者からの連絡を待つ)を出しながら、広告ページをも表示させるという両建ての構造なので、3文字ドメインや、有名な単語や語呂のいい単語、名称などのドメインを取得出来た場合や、その他、バックリンクを沢山持った更新切れドメインなどにとっては効果的であろう。

SEDOにおいては、ドメインパーキングの利用自体は無料となっているので、ドメインを販売する場合はもとより、取得だけして使っていないドメイン(休止ドメイン)を所有しているのであれば一度使ってみることをお勧めする。


Comments (0)

› No comments yet.