ケーブルTV

K41

アメリカでは、地上波(日本でいう一般的なTV)よりも、ケーブルTVが普及している。
そのチャンネル数は、最低でも50Ch程度はあり、24hrの放送が当たり前。
ニュースチャンネル、ウェザーチャンネルはもちろん、一日中映画やスポーツ中継を専門に流しているチャンネルもある。それと、スペイン語専門で放送してい
るチャンネルもある。(アメリカでの英語&スペイン語の関係は、ちょうど日本でいう日本語&英語と同様。英語に対する第一外国語がスペイン語なのだ)。
地上波も当然あるので、運がよければ受信できるのだが、アパートではアンテナが付いていないという場合が殆ど。
これは、美観の問題なのだろうか?私の住んでいるアパートもアンテナが設置されていないようだった。部屋の壁には2つの口があるのだが、1つが地上波用でもう1つがケーブルTV用とのこと。(ケーブル会社のヤツが言っていた)。
渡米後、TVを接続したら全く映らなかった。地元のケーブル会社を電話帳で調べて連絡し、加入の意図を伝えると、約2週間後に設置にきた。そのとき、何をしたかというと、室内での作業は単に壁の口からTVに同軸ケーブルを繋いだだけ。
そうそう、加入申し込みをする際、TVの台数を聞かれたので「??なぜ?」と思っていたら、この設置工事時に、ビデオ&各部屋のTV等にも接続をするためらしいことがわかった。
私は、ビデオを持っていなかったので「1台」で申し込んでいたのだが、ビデオ等があると、その分岐の工事も行う。
ちなみに、この契約台数によって、値段が微妙に変わる。
私の加入した一番安いベーシックは、Chが約30Chほど。このベーシックには、「地元News」「スポーツ中継」「CNN」等が含まれていて、映画の
Chもある。ただし、映画は比較的古いものばかり。最新作等の映画を観たい場合は、「HBO」等のChを契約する必要がある。また、Playboy等の
ちょっとHなChは、教育上の問題からか、「観たいときに都度ケーブル会社に電話をする」という必要がある。いつでも観れるというように契約することはで
きない。
私の契約しているベーシック(最低料金)で、約$35/月程度。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す