里帰り

先週末、ばあちゃんの49日法要のために里帰りしてきました。
田舎は季節感があっていいね。
実家の庭先を眺めているだけでも、いろんな発見があるし、なんだかホェ~いい気分と力がぬけていく感じ。


家の玄関先には、実をつけたまま柿の枝が生けられていた。
柿のシブ抜きを手伝ってきたのだけど、柿の木2本分で力尽きた。。。。あと2本分、どうしたものか。

 


庭先のもみじもみじ。紅葉にはまだちょっと早い。
天気がよかったせいか、とんぼがたくさん飛び交ってた。

 


▲商店街のイベントで朝市をやっていたので、「かりんとう」を買ってきたうまい!。
一斗缶ひとつ分で、\1,500円。 「多すぎるよ・・」と思ったけど、家族でわけてみると、案外たいした量ではなかった。

子供の頃をこんなところで過ごしてきた。
寓話 「都会のネズミと田舎のネズミ」なら、ボクは間違いなく後者である。 都会の窮屈な生活にも疲れてきたな・・・と思う今日このごろ、ちょっとだけどリフレッシュした感じ。。。。


Comments (4)

  1. 12:46 午前, 2007年11月1日☆アンナ☆  / 返信

    ご実家はやはり、リラックスできるのでしょうね。
    立派なお庭ですね。お手入れが大変そう~~とすぐ思ってしまいます(笑)
    かりんとうって棒状のしか知りません。平べったいのですね。一斗缶って、きっとたくさんの量でしょう。で、食べちゃったのですか??
    育った場所には思い出がいっぱい!リフレッシュできてよかったですね♪

    • 10:01 午後, 2007年11月4日すけのしん  / 返信

      ☆アンナ☆さん 

      コメントありがとうございます。
      なんだかリラックスできましたよ。実家はよいですね。学生時代の友人とも会えたし。
      かりんとうは、ウチでいただいた分はまだあります。甘いのは嫌いじゃありませんが、たくさんは食べれないので。。。。うれしい顔

  2. 9:30 午前, 2007年11月1日hamo  / 返信

    おばあちゃま、いい天気の四十九日にご成仏されましたね。

    仏様になって一番目の御仕事が、都会でちょっと疲れた大佐に
    「ほっとする時間をあげること」だったのかも。
    実家や育った田舎って、時の流れ方や空気の流れがしみじみやさしいですよね。心が開くっていうかなんというか。。

    • 10:28 午後, 2007年11月4日すけのしん  / 返信

      hamoさん

      コメントありがとうございます。
      ばーちゃんね。。。。そう言われればそんな感じかなぁ。 ストレスや寝不足、視力低下や電磁波の身体への悪影響とか、顔みせるたびに心配してましたね。
      hamoさんの日記も、力が抜けてなんだか癒されますよ。。。。感謝ですうれしい顔

コメントを残す