東京ステーションシティ

永代通り沿いの旧JTBビル跡にたった「OAZO(オアゾ)」、そして社会現象ともなった「新丸ビル」「丸ビル」、はては東京中央郵便局も取り壊して高層化されるのだそうだ。 超一等地であり、経済効率からいえば高層化も理解できるのだが。。。。古い建造物は次の時代へ残す方法はないものなのか。 

この丸の内一帯の再開発と共に、JR東京駅駅舎の復元も計画されているようだ。 
(オリジナルの駅舎は、屋根形状がインドのタージ・マハル廟のような丸いドーム。 戦災後の復旧の際、より簡素な現在の形状となった)
この東京駅周辺の再開発計画を総称して、「東京ステーションシティ」というらしいのだが。。。。乱立する高層ビルに見下ろされる赤レンガの東京駅駅舎には、なんだか郷愁の想いを感じるのである。 

※今回のphotoは、色あせた写真風にレタッチしてある。




 

 
 

 

 
 

Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す