« Posts tagged Windows

Windows7アップグレード版メディアでクリーンインストールしよう

win

「Windows7アップグレード版DVDでのクリーンインストール方法」
Windows7へのアップグレードにあわせてHDDを更改したいとか、前OS環境を残しておきたいとか、などの理由で、アップグレード版のインストールメディアを使いつつも、空っぽのHDDにWindows7をインストールしたい場合がある。
このようなケースは、アップグレード版DVDメディアではそのままインストールできない(プロダクトキーを受け付けない)ので、ちょっと工夫が必要だ。
ここでは、アップグレード版でクリーンインストールする4つの方法を紹介する。なお、ライセンスが有効なアップグレード対象となる元のOS(VistaやXP等)を所持していれば、以下の方法を行ってインストールをしてもライセンス違反とはなりません。

1.新規HDDへのクリーンインストール(その1)

まっさらのHDDにWindows7を入れるケース。HDDを更改する場合がこのパターンだ。

  • Windows 7のDVDでブートし新規インストールを選択する。
  • インストールを進めるとプロダクトキーの入力を求められるが、この時点では入力しない。
  • インストール完了後、再びDVDブートし、新規インストールを選択する。
  • インストール場所の選択画面で、ドライブオプションからパーティーションをフォーマット、または削除してインストールを選択。
  • インストールを進め、今度はプロダクトキーを入力。

2.新規HDDへのクリーンインストール(その2)

元のWindowsOSが別のHDDに残されており、それとは別の新規HDDにインストールするケース。
前項との違いは、旧OS環境のHDDにアクセス可能であること。この旧HDDはUSB接続のHDDでは不可。WindowsインストーラーにはUSB接続のドライバが含まれないためで、インストーラーからHDDがアクセスできないからである。

  • 元のOSが入っているHDDを接続
  • DVDブートし新規インストールを選択する
  • 画面に従いインストールしプロダクトキーを入力。

3.元のOSが入っているHDDへのクリーンインストール

これがマイクロソフト推奨のインストール方法。

  • DVDブートし新規インストールを選択する
  • インストール場所選択画面でドライブオプションからパーティーションをフォーマットまたは削除してインストール
  • 画面に従いインストールしプロダクトキーを入力。

4.レジストリを修正する方法

  • Windows7のDVDでブートし、新規インストールを選択する。
  • インストールを進めるとプロダクトキーの入力を求められるが、この時点では入力しない。
  • インストール終了後、regeditを起動。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Setup/OOBE/を見つける
  • MediaBootInstallをダブルクリックし、”1″ から “0” ヘ変更
  • regeditを終了し、コマンドプロンプトを開く。
  • slmgr /rearm のコマンドを入力し、実行
  • “Command completed successfully” のダイアログが出る。
  • 再起動する
  • プロダクトキーを入力する。

※元のOSはXP以降である必要は無く、何らかのWindowOSであればよい。ただし、元のOSのライセンスは有効なものでなければならない。
なお、これら作業は、あくまで自己責任で行うようお願いします。

Windows 7がやってきた

Windows7の写真

しばらく北海道の話題が続いたので、ここらで一息。
帰宅すると本日発売のWindows 7が届いていた。僕はいまはVistaを使っているのだけど、Vistaのウィークポイントを改善したというWidows 7には、ベータ版やRC(Release Candidate)版を試した限りではかなり期待ができそう。問題は、いつインストール(or アップデート)をするかということなのだが・・・・こんどの週末はこれで潰れてしまうかな。

二眼流

わが家のPC環境。
Dell Dimension9200 (Core 2 Duo E6400/2GBメモリ)で、Windows Vista Ultimate (32bit)。
500GBのRAID0ディスクとATI Radeon X1300PROの組み合わせである。

 

Vistaは当初64bit editionをインストールして使っていたが、あるUSB機器のドライバがいつになっても提供されないため、やむにやまれず32bit editionに入れ替えた。現状、メモリが2GBということもあって64bit版の必要性は低いので、メモリを3GB超に増設する頃にまた考えればいいや。
モニタは、EIZO S1907と以前から使っていたEIZO L557とで、17+19inchのデュアルディスプレイとしている。
デュアルディスプレイの便利さは、一度知ってしまうとやめられなくなる。特に、写真をPhotoshopで開いて編集しながら、DreamweaverでWebデザインする。。。などといった時など。片方の画面では表示を固定しておいて、もう一方の画面でキー入力やスクロールなどの操作を行なえる。
Macintoshを使っていた10年ほど前もデュアルディスプレイを使っていたが、Windowsに乗り換えてからはしばらく諦めていた。Windows2000あたりからサポートされ始めたものの、Videoカード専用のAGPやPCI Express x16が1つしかないため、VideoカードでDual Head(1枚で2系統出力)のものが必要であったからだ。
(Macは、Video専用スロットではなかったため、複数のスロットにVideoカードを挿して使えた)
1枚のビデオカードで2系統出力が当たり前になってきた現在では、スペースさえ許せばデュアルディスプレイが便利なことこの上ない。

さて、次に増強すべきは何だろうか。

VistaのWindowsエクスペリエンスのスコアでは概ね5ポイント強。ハードディスクにいたっては最高点である5.9がついている。 それでも総合点が4.2程度なのは、Videoカードが足を引っ張っているから(4.2)だが。。。。
PCではゲームをしない主義なので高速描画は特に必要ないが、発色などの画質重視とHDI Dualが条件かなぁ。。。

 

Windows Vista

WindowsXP Media Center Edition 2005(あ~長い名前。。)/以下MCE2005 から、Windows Vistaへ移行しました。
もともとメモリを増やして3GBにするつもりであったので、メモリ等のパーツと同時購入でしか買えないDSP版(OEM版)のVista Ultimate 64bitにしたのだが。。。。。後になってこの選択が裏目にでることになる。当初は、メモリを増設し64bit版のVistaをインストールして使用していた。64bit版のメリットといえば、2GB超までも扱えるメモリしかないのでは?対してデメリットといえぱ、ソフトウェアの互換性やデバイスドライバの互換性についてまだまだ未知数であること。Vista対応が計画されているのであれば解決は時間の問題であると期待ができるが、Vista対応予定との謳い文句だけでは64bitも含んでいるとは限らない。
そんなわけで、現時点では64bit版を選択するのはチャレンジャーだとわかっているものの、広大なメモリ空間の魅力には逆らえず64bitを選択。
いざ使ってみると、Vista(64bit)は、XP(64bit)とは比較にならないほど高い互換性が実現されていた。Windows Mailなど標準アプリは当然として、比較的新しめのアプリケーションソフトのほとんどはOKだった。使用できないほど致命的な問題が発生したのは、Symantec Norton Internet Security 2006とAdobe(Macromedia) Dreamweaver 8ぐらいのもの。
まぁ、VirtualPC 2005はVista上で動いたし、最悪でもWindows XPのノートPCがあるし。。。で、64bitで行くことにしたのだ。

そんな感じで、『Windows Vista Ultimate (64bit)』 2ケ月ほど使ってみた。
落とし穴は意外なところに。。。。妻が体調管理に使っている、某USB機器が全く動かない(正確にはUSBデバイスとして認識しない)。これが我が家では結構大きな問題だったのである。
デバイスドライバの不具合は明らかである。製造元Webサイトには、動作環境として「Win98, Me, Windows2000, WindowsXP」の記述だけしかなく、Windows Vistaのことは何も書かれていない。製造元にメールで問い合わせたところ丁寧な文章で返信をいただいた。その返事は。。。。「Vista用のデバイスドライバは動作テストも完了していて、近々リリース予定。でもこれはVista 32bit用。64bit環境での動作確認は行なっておらず、別途64bit版の提供も予定していない。64bit版の要望が多くなれば変わるかもしれないが、現時点ではサポート対象外。となります」とのこと。
数日後、そのWebサイトに「Vista用 新version v2.50リリース」と掲載されたのだが、「Vista(32bit)」と注釈が付いていた。
さて、何とか動作させられないものかと、VirtualPC上のXPでやってみたが失敗。ゲストOSがXPであろうとも、ホストOS(Vista)が認識できない以上はどうしようもない。当然と言えば当然か。。。

ノートPC(Windows XP)上では当然問題なく使えるのだが、このノートは仕事用であるので妻に使わせるわけにもいかず。。。結局のところ、32bit版のVistaを再度購入するハメになった。最初からリテール版を買っていればよかった。Ultimateなので、32bit/64bitの両方が同梱されていたのに。。。(アップグレード版は、何かと煩わしいので基本的に避けている)。DSP版の64bitと32bitで計\46000程度の痛い出費であった。 ただし、ライセンス的にはそれぞれ別のものなので、2台のPCにインストール可能である。