ドライブスルー

McDonalds等のファーストフードはもちろん、アメリカでは銀行までがドライブスルー。
その上、ATMは24時間なので、とっさの時にはとても便利。
でも、クレジットカードさえあれば、現金がなくても平気なのだけどね。
日本の場合、カード払いだと手数料を取られる場合があるのだが、アメリカでは現金払いよりカード払いの方が安い時がある。これは、お店側からすれば、現金よりもカードの方が信用できるということが原因のようだ。多額の現金の支払い($200程度以上)には、その保証としてクレジットカードの提示を求められるなどという変なことがある。これまた"現金が信用できないアメリカ社会"の特徴・・・・かもしれない。
話を元にもどして、銀行はどこでも24時間が当たり前だし、(駐車場が確保できない都市部は別として)殆どの銀行にはドライブスルーがある。使い方の手順
としては日本とほぼ一緒。カードを入れて、暗証番号を入力して、口座(CheckingかSavingか)を指定して、金額を入力して・・・おしまい。
一般的に財布の中には、$80程度の現金を持っていればいいほうで、$30~$50程度のようだ。日本では、1万円札が財布に入っていないと不安でしょうがないのだけど・・・ね。
アメリカでは、コインが無くて困るときはあっても、お札が無くて困るのは$1~$2程度のTipを置くときのみ。
コインにしても、使うのはパーキングメーターか公衆電話のを使うときだけ。コーリングカードさえ持っていれば、パーキングメーターのみとなる。

下の写真は、車の運転席から撮影したもの(写真右にドアミラーがみえると思う)。
シートベルトすら外さないまま、ATMの操作ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました