Movable Type 4

いそいそと使いはじめたMovable Type 4であるが、MT3や他のブログツールと比較して気づいた点などをメモしておこうと思う。

 

特徴

■エントリー記事の作成がWYSIWYGになった。

MT4の特徴で目立つ変更ポイントである、WYSIWYGによるエントリー記事の作成機能。

MT4ベータ版の時は、WYSIWYGエディタから吐き出されるソース(tag)が大文字表記だったり、本来なら"<br />"であるはずの改行タグが旧い記述"<br>"だったりと、お世辞にも美しいとは言えないものだった。

正式版ではどうか??
ちゃんと小文字で吐き出されるようになっていたし、改行タグも修正されていた。
このようにキッチリ対応してくるあたり、さすが商品化されているだけあって、Wordpressなどとは違うね。

んでこのWYSIWYGエディタ、機能的にどうかというと・・・まだまだ発展途上かな。
フォントは、サイズ変更やBold/ItalicなどFontfaceの指定はできるが、Color属性が指定できず。
写真などのImageを挿入した際、キャプションを入れられるとよいなぁ・・・・これは、Joomlaのエディタでは可能。
Imageを回り込むような文章を作成すると、エディタ上での表示と実際のブラウザ表示が若干異なる。これはブラウザによるのかもしれない。

PC環境
 Firefox 2.0.0.7 
 Internet Explorer 7 ( 7.0.5730.11 )
 Internet Explorer 6 SP1 ( 6.0.2800.1106 )

デフォルトのエディタについては、現時点ではWordpressにはかなわないと思われるが、まぁJoomlaよりはずっと完成度が高い。
高機能エディタのプラグインがほしいところである。
この辺は、世の優秀なプログラマさんたちが解決してくれるでしょう。

■画像などのファイルを個別に管理・操作することが可能となった。

■Wordpressと比較すると、ウィジェットがわかり難い

■その他
細かいところでは、半角の「¥」がDefault Fontだとバックスラッシュになってしまう(テンプレートのstylesheetのせいか?) エントリー記事内で金額の記述をする際には不便。
全角のダブルクォーテーション("")が半角の記号("")に変わってしまったり、3点リーダー(…)が(…)に変わってしまったりというのもあった。
MT4ベータの頃からわかっていたものもあるが、MT4正式版でも同様だった。
エントリー記事が、日本語EUCなのも気になる。 JoomlaはUTF-8。 選択できた方がいいかなぁ。。

あとは・・・重い・・・重すぎ。 
エントリー記事をちょっと修正するたび、再構築を強要されて待たされる。 せっせと何をそんなにやっているのだろう?
多数の記事をまとめて修正するときなど、ページめくり(記事送り)でもイライラするのに、保存した途端に再構築。 強制にしなくてもいいんじゃないか?

新機能部分の完成度はさることながら、ツールとして全体を通しての使い勝手は、v3.xの頃より直感的に使えるようになったと思う。
使い勝手の良いプラグインが出揃ってないことや、ユーザー向けの情報がまだまだ少ないため、カスタマイズしたいユーザーは試行錯誤を強いられるかもしれない。
(残念ながら、不満な部分を自力で改善できるほどの能力は私にはありません・・・)
現状、標準機能のままで使いつつ、順次カスタマイズにチャレンジしていこうと思う。

 

なにより、今年四半期(?)を目処にMTがオープンソース化されるという話もあり、しばらく目の離せない状態が続く気配...


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す