いちご狩り

とちおとめの写真
※とちおとめ (Nikon D700 + AF-S 50mm)

先週末、もう毎年恒例となっているいちご狩りに行ってきた。今年は今回が初めてだけど、やはりなんといっても品種は「とちおとめ」に限るでしょう。。。。ということで、義妹も連れだして、とちおとめを食べれるいちご園を目当てに出かけた。

「JAはが野 益子観光いちご団地」
http://www6.ocn.ne.jp/~nyohou/

ここは、「とちおとめ」でかつ良心的な価格の上、時間制限が無い。そんな多く食べれるものでもないが、ゆっくり味わって食べたい人には魅力的だ。
行くときめた途端、ヨメが「イチゴがなくなってはたいへんっ(><)」とtelにて予約の必要性を確認しだした。予約は特に不要ということだった(時期が
違うと予約が必要かもしれないので要確認)のだが、早めの時間に行くのがいちご狩りの鉄則・・・ということで午前中到着を目標に出発。

心配していた1000円高速の渋滞もなく道は空いていたこともあって、予定よりはちょっと早く到着したのだけど・・・思ったより混んでますね~。日曜日とはいえ、1月末というのは比較的早い時期で人も少ないだろうと思っていたのだが、いちごもとってもおいしいシーズンなのだそうで、多くの人で賑わっていた。駐車場案内係のおじさんに聞いた話では、前日の土曜日は鳩山首相がきたのだそうで、もっと混んでいたのだとか。
シーズンによって少しお値段が変わってくるいちご狩り。お高い季節=おいしい季節ということなのだろう・・・と信じ、入園券を買って目指すいちごハウスへ!
ずらりと並んだいちごハウス、ハウスあたりの人数を制限するため、購入順に一定人数で区切られていて、次々とハウスを変えて案内してくれる。
我先にと、がっつかなくても大丈夫・・・(●>∀<●)/

いちご狩りの写真

ハウスに入るなり、女性陣はといえば、大好きないちごを目の前にしてなのか少々興奮気味である・・・小さい方が甘いとか、大きい方もおいしいとか、評論家や調査員にでもなったような解説をしながら、幸せそうにいちごを食べていた。僕は、個人的には小粒で甘いほうが好きかな。
日のあたる側のいちごは、口にするとちょっと生温かくて変な感じがするので、日陰側の粒の方がおいしい・・・。外は寒空であってもハウス内は暖かいというより暑いぐらいなので、軽装をお勧めする。

ミツバチの写真

それにしても、このいちご園、今まで食べた中でも一番と言っていいほど大きく甘いいいちご!
時期や品種によるかもしれないが、ここのいちごは、甘くおいしくて、大きく食べ応えもある上、なんといっても時間無制限。食べすぎてお腹壊しても仕方ないし、そんなに食べれるものでもないけど、料金は決して高くないっ。

満腹になっていちごハウスを出てみると、さらに無料サービスで「ほうれん草狩り」なるものもできるのだとか。一人一枚のビニール袋をいただいたら、あとは
詰めれるだけ詰めて持ち帰っていいのだそうだ。休閑中のいちごハウスを使っての試みのようだけど、やってみると、これはこれで楽しい(笑)

いちご狩りの写真

引っこ抜いたほうれん草の土を落とし、葉っぱを傷めないようにしながらギュウギュウ詰めに詰める。詰めるコツは、ビニール袋半分くらいをめくって裏返しておき、ほうれん草は根っこと茎の部分だけを袋に入れる。一杯になったところで、めくっておいたビニールを元に戻す・・・・すると葉が折れずに袋に入ることができる。
そんなわけで、まるで白菜のようにパンパンになったほうれん草を持ち帰った。

我が家の食卓が、しばらくの間ほうれん草づくしであったことは言うまでもない。。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました