北限の猿、道端にいるんです

DSC_6684

下北半島の西側一帯に生息する野生のニホンザルは、世界で最も北に生息する猿。野猿公苑にいけばいつでも見れるものの、車で走っていれば道端で遭遇することも珍しいことではない。それほど田舎道ということでガソリンスタンドが何キロも無い、特に日曜はあっても閉まっていることが多いので注意が必要。この辺りのニホンザルは海藻や貝類が主食らしく、山間部よりも海岸沿いの方にでていることが多いとは聞いていたが、脇野沢の海岸線を走っていたら猿の群れに遭遇。人に近寄るようなことはなく、カメラを向けただけで逃げていってしまうほどなのだが、ちょうど子育ての時期らしくてどの猿も子ザルを抱えているからかも。

DSC_6670


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す