« Posts under ちょっとおもしろ

田んぼアート2016

DSC_7885

毎年のオリジナル図案が良かったのに、今年の田んぼアートは、某国民放送とのタイアップ企画。(でも、主役がいないのはなぜ?)

ローカル紙の報道によると、SNSをはじめメディアに取り上げられる機会が多いことに目をつけた企業体からのアプローチが、年を追うごとにすごく多くなったんだとか。

狭かった天守展望台も、今年は屋根の上に広い展望台を新設。ざっと数十人は入れるようになった。図案も、その新展望台から観ることを前提にした斜角に変更されている。

入場料も毎年のように値上がりして、新展望台までが300円。昨年までの天守展望台へ行くには、さらに+200円。

展望台の新設費用や維持費にあてるためだろうけど、ちょっと¥に色気が出てきた感じもする。

DSC_7897

▲は第2会場(道の駅)にある「シン・ゴジラ」。この第2会場は、以前から企業ものやキャンペーンものの図案だったから、これはこれで良い。

DSC_7890

▲石ころアートは、今年から「石原裕次郎」が追加となった。横ではまだ何か作成中のようで、測量していた。

DSC_7896

▲昨年からある「健さん」と今年新作の「裕次郎」。真ん中が「田んぼアート駅」で、横に通っているのが弘南鉄道。

昨年までの作品はコチラ
田んぼアート2015
田んぼアート2015 その3
田んぼアート2014
田んぼアート2013

DSC_7928
▲「田んぼアート駅」(弘南鉄道黒石線)。車両は東横線のお古ではないだろうか?

大正浪漫薫るハイカラスタバ

DSC_7170

昨年オープンした「スターバックス弘前公園前店」。国登録有形文化財の旧第八師団長官舎をリノベーションして利用したもので、もともとは大正6年(1917年)に建てられた建物。

当時は違う場所に建てられていたのだが、昭和の時代にこの場所に曳家で運んできたらしい。

2015年4月にオープンするまでは、文化財として公開などされていたのだけど、その維持費を賄う意味でも民間のアイデアを活用するということか。

DSC_7172

外観は大正時代の洋風建築そのままだが、和室を改装した飲食スペースの壁­にはホタテの貝殻から作ったしっくいを使用し、当時の佇まいのままに現代風に機能的に直されている。

スターバックスとして文化財への出店は、神戸・北野の異人館に続き全国2例目。

DSC_7173

青森県産のヒバやブナ­を取り入れた室内には、県産工芸品「BUNAKCO」のランプのほかにも、津軽の伝統工芸であり女性にも人気のある「こぎん刺し」の長椅子が置かれているなど、インテリアへのこだわりも注目のポイントだとか。

DSC_7178

DSC_7140

高原の夜空

DSC_5071

少し寒さも戻ったので、田代平に行ってきた。湿原は霧がかかっていてだめだったのだけど、高原の方は大丈夫。

 

 

Happy Hallowe’en 2015

DSC_4755

Halloween飾りの『メロス号』。ただし、乗客はゼロ (・∀・)

「田舎館村の田んぼアート2015」その#2

IMG_3484
▲「風と共にさりぬ」(英語title: Gone With the Wind)

前回に比べて、だいぶ稲が成長してきた。やはり7月から8月前半の時期が一番キレイと思う。

そして気になるのは、年ごとにメジャーになってきたせいか、人が多い!!

もともと展望台は10人も並べず、正面になる撮影ポイントにはせいぜい2-3人。週末は整理券をくばっての2-3時間待ちは当たり前になってしまった。

最近は観光バスで乗り付ける人たちも増えた。そして、入場料が毎年値上げ。

(確か一昨年までは、入場料は無料か、あっても100円程度。週末でも待ち時間無しがあたり前だった)

さて来年はどうなることやら。

IMG_3483