高速道路

アメリカの高速道路は、Freewayと呼ばれる無料のものの他に、日本と同様に有料のものもある。とは言っても、日本と比較すれば、やはり限りなく無料に近いといえるもの。ここではその有料の高速道路の利用の仕方について。

利用方法は、日本と同様。乗るときにTicketを受け取って、降りるときに支払いをするというもの。
右の写真は、New Jersey Turnpikeのもの。
チケットの、左上の"1"は車のクラス(普通乗用車は1)、高速道路に乗ったランプが"Six"・・・と表示されている。
そして、右側には、下りる場所によっての値段がPrintされている。

ちなみに、このチケットは、PennsylvaniaからNew Yorkに行くときのもの。
Pennsylvania Turnpike(Enter6)から乗って、Holland Tunnelの出口のExit14Cまでは、$3.55
(ちょっと見難いかもしれないけど、14cは下から6行目)
距離にして約80Km分ぐらいかな。

そうそう、高速道路の料金所では、たいてい「No Penny」という表示があって、1セント硬貨は使用できない。
「1セントだって、レッキとしたお金なのに・・・」と思われるかもしれないが、使えないものは使えないのだ。
だから、Pennyがどんどん溜まっていくのだ。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す