高速道路TIPS

アメリカの高速道路(Inter State)を走っていると、道路わきに右写真のような小さな表示をよく見かける。
これは何かというと、「州境からの距離」を示している。

Inter Stateは州をまたがって延びる道路なので、Inter Stateを走りつづけると必ず州境に到達するのだ。
この標識は、走っているInter Stateにおいて、「州境から何マイル走ったか」もしくは「州境まで、あと何マイルか」の目安となる。

右写真の1つだけでは「州境から85.9マイル走ったのか、それとも、あと85.9マイルで州境なのか・・・」はわからないのだが、この次にある標識の数字が「減っているか、増えているか」で”カウントダウン・カウントアップ”のどちらなのかがわかる。

ちなみに、ご存知の通りアメリカは”マイル表記”なのだが、新しい道路に関しては”キロメーター”を併記している場合がある。「アメリカもやっと世界標準のメートル法に移行しようとしている」ということが感じられるのだが、その足取りはカメのように遅い。(^_^;)
というのは、現在の自動車免許所有者世代の多くは、「メートルとマイルの換算」の教育を受けていないからのようだ。
現在のアメリカの小中学生は、ちゃんと「1マイル=1.6Km」と知っているようなので、彼らの世代が免許人口の大半を占めるようになる頃まで完全移行できないのかもしれない。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す