MT4.01アップデート

ちょっと日があいてしまったが、MovableTpye Ver4.0 のバグ対応版として、2007/9/18付けでVer4.01がリリースされた。
6Aの言葉によれば、「致命的なバグも多く修正されていますので、既にVer4.0で構築されている方は早めにバージョンアップを行う必要があります」とのことであったが、MT 4.0への移行がやっと落ち着いたところだったので、ちと様子をみていた。 (さぼっていただけ?)

このたび、「さて・・・・」っと重い腰をあげ、週末を利用して4.01へのアップデートを敢行したが、何の問題も無くあっさりと完了。 まだあまりカストマイズもしてないから当たり前か。。。ちょっと拍子抜けではあるが、楽チンに越したことはない。
Bug Fixと同時に「管理画面のパフォーマンスの改善がされた」と書かれていたのだが、さてどうだろう。。。。
実際に操作を行ってみた感じでは、確かに早くなったと体感できる改善がされているようだ。 特に再構築に要する時間が短くて、これだけでも速くなっていることが実感できる。

これまでも、3.3xから4.0系にしたことによるメリットとして

・エントリを自動保存するようになった。
書きかけのところ、ショートカットキーの誤操作などで思わずブラウザをcloseしてしまうことがあったが、自動保存されて
いることで救われる。
・ファイル管理が楽になった。
・Staticの単一Webページもまとめて管理できる。
・マルチブログの連携

などを感じていた。 苦労してバージョンアップした甲斐はあった。。。。と自分に言い聞かせていたものの、それと同時に「でも重いなぁ・・」とも感じていた。
それが、Ver4.01にすることで改善されてくれたことはとても嬉しい。

4.01へのアップデートのついでに、インデックステンプレートにsitemapテンプレートを追加した。 これをGoogle ウェブマスターツールを利用して登録する。 記事をエントリするたびに自動的にsitemap.xmlも更新してくれるので、Googleロボットは常に最新のsitemapを拾ってくれるというわけだ。

以下の内容でインデックステンプレートを作成して、出力ファイル名を「sitemap.xml」としておくだけである。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">

<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
<priority>1.0</priority>
</url>
<MTCategories>
<url>
<loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
<priority>0.4</priority>
</url>
</MTCategories>
<MTEntries lastn="9999">
<url>
<loc><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></lastmod>
</url>
</MTEntries>

</urlset>


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す