予定外の手痛い出費

うかつにもカメラを落下して破損させてしまった (--〆)

朝、目が覚めた僕は、「カメラ片付けるように!」と昨晩ヨメに言われたことを思い出した。起きがけの手に力が入らない状態で重量級のカメラを手にしたのが間違いだった。リビングテーブルに置いてあったカメラを持った途端、手を滑らせて床に落下させてしまった。
リビングテーブルの高さだから50cm程度だが、レンズ・ボディともにダメージは大きかった。外観はレンズフードの破損程度だけど、ズームリングを動かすとワイド・テレ両端近くに引っかかり感・・・レンズ鏡胴部の変形?。ボディは・・・ファインダーをのぞくとぼんやりと暗く、おそらくミラーか何か駆動系のダメージかと。一瞬の出来事だったけど、修理に万単位の修理費を覚悟しなければならないかも・・・・一気に目が覚めた。

その日の会社帰りにニコンサービスセンターに持ち込んだところ、その場でチェックしてくれた。所要時間は約30分程度。ボディの駆動部は調整だけで復旧し、ボディ・レンズとも機能的には問題がないものの、修理見積もり額はボディ¥3万、レンズは¥3万5千円。
内訳は、ボディ内部の細部チェック、そしてズームリング操作の違和感を気にするのであればレンズは要修理…とのこと。今年初めに買ったばかりのレンズだけに、レンズは修理することにした。ボディについては悩んだものの、「使ってみて何か異常あれば、その時に考えればいいのでは?」とのサービスセンターのアドバイスもあって、ボディ修理は今回見送り。

持ち込んだのが4/26夕方であったので、GWには間に合いそうにないと諦めていたのだが、4/28には修理完了の連絡があった。ニコンサービスセンターはGW期間中も営業しているとのことで、30日に受け取ることができた。
修理の内訳は、レンズ鏡筒部のAssy交換と、光学性能点検および調整。
※レンズ:Nikon AF-S 24-120mm/4G ED VR
部品代 鏡筒部組 24,472円
工賃 10.560円
クーポン割引 -8,152円
で、税込み28,224円也 (>_<)

 


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す