十和田湖そばに、キリストの墓!?

DSC_5420

十和田湖の東に位置する新郷村(旧戸来村)に、キリストの墓があるというので行ってみた。戸来(へらい)の名称はヘブライに由来しているのでは、という説もあるらしい。この戸来(へらい)村にあるのが「イエス・キリストの墓」。その真偽の程は定かで無く、日本国内はおろか他国でも全く認められてはいないものの、土地に伝わる地名や古文書、六芒星に似た家紋、乳児の額に「十字」を書く風習等をはじめ、この十和田湖周辺に伝わるキリスト伝説も少なくはないのだ。2011年3月の震災の後には十和田湖の水位が極端にさがり、それまで水面下に隠れていた岩場の奥からキリストに似た姿の岩が現れたともいう(この岩については人工物との説が有力ではあるが・・・)。そして「十和田」という言葉自体も、十/和/田と分解するとそれぞれが「十字(プラス)」と関連する漢字で表されるのであった。さてこれはいったい・・・?。ともあれ、言い伝えは言い伝えとして、これはこれで白黒つけなくてもいいじゃん・・・とも思う。

DSC_5416

コメント

タイトルとURLをコピーしました