Adobe CS3 Master Collection

これまでAdobe製品は、昨年購入したLightroomの他、 Photoshop Elementsや旧MacromediaのDreamweaver 8なんかを使っていた。
以前はPhotoshopやAcrobatなども使っていたのだが、新Versionがでる毎のアップグレードについていけず、そのうちアップクレードの対象からも外れてしまったことで、ずっと旧いままになっていた。
 特にPhotoshopなんかは、Full Versionが良い事はわかっていても、10万円前後という価格を考えると「1万円程度のElementsで十分」と自分に言い聞かせていた。

ところがこのたび、とあるキッカケで 「Adobe CS3 Master Collection」を入手するチャンスに恵まれ、市価40万円もするこのソフトをかなり安く手に入れることができたのだ。
 このCS3 Master Collectionとは、10数種類ものAdobe 製品群を1つのパッケージにしたもの。Photoshopの最高峰"CS3 Extended"はもちろん、Ilustrator CS3やDreamweaver CS3、そして、Flash、Acrobat、Indesign、Fireworksなど、主要なAdobe製品がほとんど入っているのだった。
ざっと使った印象として、特にPhotoshop CS3とLightroomとの連携は快適そのもの。詳しいことは割愛するが、まさに1+1は2以上ということか。

さてこのプロ仕様ともいえるソフトウェア群、できないことは無いぐらいに強力であることは確かなのだが、それをボクが使いこなせるかどうかについては「?」なのだった。。。。。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す