« Posts under USA閑話休題

Gas Station

アメリカのガソリンスタンドでは、給油を自分で行う"セルフサービス"が一般的(セルフの方がガソリンの単価がちょっとだけ安い)
日本のGSと全く同様の"フルサービス"も大抵あるのだが、私は、寒くて外に出たくないときとか以外は使わない。(ちなみに、「FULL」と書いてあるところに車を停めるだけでGSのオジサンが出てくる)。

ここでウンチク

New York州とPennsylvania州の間に「New Jersey州(以下NJ)」があるのだが、このNJは州の法律によってフルサービスしか認めていない。セルフサービスが存在しないのだ。なぜこんな法律があるかというと、どうも雇用機会を確保するためのようだ。PAやNYのセルフサービスのあるスタンドでは、広いGSに店員(というのかな?)は1人という場合がほとんど。また、コンビニを併設しているスタンドは、基本的にGSのエリアには人がいない。ところが、NJの大きなGSだと、3~4人の店員がいるのだ。
ウンチク終わり。

FULLサービスのメリットとしては、「寒い日でも車から出ないで済む」&「トロトロやっているオヤジにイライラすることがなく、給油がスピーディに行える」・・・といったこと。
ただ、FULLサービスは、人によってはTipをとられる場合がある。
(通常は、給油のみ程度なら基本的にはTipは不要)
・・・というのは、GSのオヤジが、例えば・・・
$19.50とかのハンパな金額で給油を止める>>$20出して、「釣りはいらない」といわれるのを期待。
といった感じ。
こういう場合には、お金を払ったときから、お釣りを用意する動作の前に、ちょっと間があく(ホンの1~2秒)。
この間、彼らは「釣り、いらないよ」と言われるのを待っているのだ。
で、そう言ってもらえない場合には、シブシブとお釣りの勘定を始める。
(全てのケースがそうだとは言い切れないが)
なので、Tipを出したくなければ無視していればいいのだ。

セルフでの給油の方法はいたって簡単。
場所によって操作が違う場合があるものの、おおまかな流れは一緒で以下のようになる。
●支払方法の選択
●給油するガソリン種別の選択
●給油開始
●給油終了
●支払い
の順。

まずは一番簡単な、クレジットカードで支払いの場合。
クレジットカードで支払う場合、窓口(カウンター)に行く必要がない。右写真の給油場所だけで全てが完了する。
1:カードを読ませる(右写真の左側、電卓のようなパネルの右横)。「Credit (Outside)」や「Credit (Inside)」とか「Cash
(Inside)」とかと表示されたボタンを押す必要があるときもあるが、Outsideとはこの場所で済ませる場合で、Insideとはキャッシャーに
行って支払い手続きをする場合。
カードリーダには「Insert Card & Remove Quickly」と表示されている場合がほとんどで、カード挿入口に「シュッ」とスライドさせるだけ。この後、クレジットカードの照合まで数秒掛かる。大抵は「One moment Please…」と表示される。
2:照合できると、場所によっては、ここでレシートが必要か否かを確認してくる。(場所によっては、給油の後の場合もある)
3:給油するガソリン種別の選択。レンタカー等の場合、特に指定されていなければ"レギュラー"で十分。写真のようにホースが分かれている場合は、レギュラーのノズルを取り、車の給油口に入れる。場所によっては、ホースが分かれていない場合があり、この場合は、ボタンを押して選択するようになっている。

 

4:ノズルを給油口に入れれば、後はノズルのレバーを握って給油を開始するだけなのだが、場所によってはもう一段階の操作が必要な場合がある。給油開始の「START」をする必要があるのだ。この操作方法は、場所により様々で、右写真のような「STARTボタン」があるところもあれば、右下写真の「ノズルがのっかっていた台座を「ガコン」と上(又は下)に動かす場合もあれば・・・。(後者の場合は「Lift lever」と書いてあるハズ)
ちなみに、レギュラーを入れるつもりが間違えてプレミアムのボタンを押しちゃった場合などは、このSTART操作をする前であれば取り返しがつくハズ。
5:ノズルのレバーを握って給油を開始する。満タンになれば勝手に止まるので、握りつづけなくても良いようにレバーを固定する"つっかえ棒"が付いているのだが、これが壊れている場合が多くある。その場合は、給油終了まで握りつづけていなければならない。
6:満タンになると勝手に止まるので、ノズルを元の場所にもどす。そうすると、ノズルが戻ったことをセンスして、自動的に給油終了となる。レシートがプリントアウトされるので、そのレシートを受け取って、車の給油口を閉めておしまい。このとき、給油口を閉めるのを忘れないように!!アメリカの車は、給油口のフタが紐で繋がっている場合が多いので、トランクの上等に置いたまま走り去ってしまうことはあまりないのだが・・・・ガソリンスタンドの出入り口付近で落っこちているものをタマに見かける・・・・・。 (^_^;)

 

次に、キャッシュでの支払いの場合。
1:現金払いの場合、当然上記1の操作は必要がない。
但し、「Cash (Inside)」と書いてあるボタンを押す必要がある場合はある。
2&3:クレジットの場合と同様
4:START操作をするところまでは同じだが、この後に屋内にいるキャッシャーがSTARTしてくれるのを待たなければならない。また、給油前に支払いをする必要がある場合もある。この場合は、例えば先に$20払っておくと、$20ブン入ったところで勝手に止まる。逆に、$20払っておいたのに$15ブンで満タンになったとしても、ちゃんとお釣りを返してくれるので大丈夫。
前金が不要な場合でも、キャッシャーが混んでいるとかの場合だとなかなかSTARTしてくれなくてイライラする場合もある。
5&6:クレジットの場合と同様。給油完了後、キャッシャーに行って支払いを済ませる(前金が多かった場合は、お釣りを受け取る)のだが、このとき給油ポンプの番号(必ず書いてある)を告げる必要がある。

ちなみに、昼間は後払いのGSでも、深夜の現金払いの場合は、まず間違いなく前払いとなる。
理由は言わなくてもわかってもらえると思うが・・・・・これがアメリカなのだ。

ちなみに(その2)、右上の写真の"87"とは、ポンプの番号ではなく、ガソリン単価のことでもない。
これは、このガソリン(写真の場合はレギュラー)のオクタン価を意味する。
日本のレギュラーって確か90程度だったと思うので、日本に比べるとオクタン価が低いのだ。
(最高級のプレミアムだと98~102程度の表示かな)。そういえば、アメリカの車のハイオク仕様って見たことがないが、あるのかな?
プレミアムを入れている人を観察すると、多くの場合は、LexusやAcuraやMercedez等の高級車・もしくはスポーツカー系の車のようだ。

ここでTips。
現金払いの場合は、給油が自動的に止まった後にレバーをチョコチョコと握って、任意の金額で止めることをお勧めする。
なぜかと言うと・・・
1:コインを増やさないためにキリのいい金額にする。例えば、$15.61で止まったなら、もうちょっと入れて$16ちょうどにする。(自動停止から、まぁ0.5ガロン(1.9リッター)程度は入るから、$1前後分は入る)
2:逆に、手元にたまったコインを使うために、わざとハンパな金額で止める。特に1セント(Penny)コインって、こうでもしないと使い道がないままどんどん溜まっていく。日本の1円硬貨と違って、Pennyは受け取ってくれる場所が限られるのだ。

Disposal

法律で決まっているのか否かはわからないが、どの家庭にもまず間違いなくついているのがこのディスポーザル。
何かというと、流しの排水溝についている粉砕機のこと。ジャガイモの皮等の生ゴミ等を流して、壁等の付いているスイッチをOnにすると、「ブィーン」という音と共に粉砕される。このとき、同時に水を流しておくこと!!
生ゴミが全く出ないのでとても便利なものではあるのだが、その使用法を間違えると大変なことに・・・。
(失敗談"たまねぎの皮"を参照)

CARPOOL (高速道路TIPS)

アメリカの高速道路には「HOV」もしくは「CARPOOL」と呼ばれる車線が存在する場合がある。

(下写真の菱形のマークがそれ)

これは何かというと、「複数の人が乗っている車に限り走行してよい車線」。
この"複数"とは、州や場所によっても違う。
写真のNJ Turnpikeでは、「ドライバーを含んで3人以上(3人は可)の車」はこの車線を走行してもよい。
(カリフォルニアのLA付近は、"2人以上"だった)
写真のように時間帯が指定している場合は、"この時間帯だけ"がHOVレーンとなる。(その時間帯以外は、どの車でも走行可)
カリフォルニアは、規制時間設定がなく、常設のHOVレーンだった。

 

このHOVの起こりは何かというと・・・(聞くところによると)
昔オイルショック時に、省エネルギーという目的から、全米で実施されたもののようだ。
1台の車に多くの人が乗れば、ガソリンの節約にもつながり、また排ガスの低減、車の台数の低減・・・・と良いこと尽くめ。
その見返りとして、渋滞時でも専用に確保された車線をスイスイ走行できる・・・としたもの。

違反の場合(ドライバー1人しか乗っていないのにHOVを走行していた場合)の罰金はメチャクチャ高くて、最低でも$300程度(¥3万円程度)のようだ。

日本においても導入すればいいのに・・・とも思ったが、日本ではアメリカと比べて「一人で乗っている車」の割合は少ないから、「3人以上専用」にしないと効果がないかもしれない。
それと、もともとほとんどが2車線しかないので、車線の確保ができないかも・・・・。

高速道路TIPS

アメリカの高速道路(Inter State)を走っていると、道路わきに右写真のような小さな表示をよく見かける。
これは何かというと、「州境からの距離」を示している。

Inter Stateは州をまたがって延びる道路なので、Inter Stateを走りつづけると必ず州境に到達するのだ。
この標識は、走っているInter Stateにおいて、「州境から何マイル走ったか」もしくは「州境まで、あと何マイルか」の目安となる。

右写真の1つだけでは「州境から85.9マイル走ったのか、それとも、あと85.9マイルで州境なのか・・・」はわからないのだが、この次にある標識の数字が「減っているか、増えているか」で”カウントダウン・カウントアップ”のどちらなのかがわかる。

ちなみに、ご存知の通りアメリカは”マイル表記”なのだが、新しい道路に関しては”キロメーター”を併記している場合がある。「アメリカもやっと世界標準のメートル法に移行しようとしている」ということが感じられるのだが、その足取りはカメのように遅い。(^_^;)
というのは、現在の自動車免許所有者世代の多くは、「メートルとマイルの換算」の教育を受けていないからのようだ。
現在のアメリカの小中学生は、ちゃんと「1マイル=1.6Km」と知っているようなので、彼らの世代が免許人口の大半を占めるようになる頃まで完全移行できないのかもしれない。

EZPASS

他の有料道路としては、Tunnelや橋がある。
これらは、乗る場所と降りる場所が決まっているので、Ticketが必要ない。乗るとき(入るとき)にお金を支払う。

その支払い方法には大抵2種類あって、
●現金払い
●機械読み取り式の、別途まとめ払い
の2つ。
後者は、事前の契約&支払いのためのクレジットカードの登録を行い”発信機”を入手する必要がある。よって、日常的に有料道路を常用するような人、もしくは付近に居住している人が主に利用する。
(ここ東海岸のNY・NJ・PA付近では、”EZ-Pass”という名称)

Gateは、EZ-Pass用と現金用に分かれているので、現金払いの場合は、「Full Service」と表示されているGateに行く必要がある。 (下の写真)

EZ-Passは、車のスピードを落として(約5mph程度:10km/h弱)Gateを通過するだけ。車に取り付けた発信機の信号を読み取って毎月クレジットカードにチャージされる(この発信機は事前の登録時に配布される)。この発信機、タバコ程度の大きさで、フロントガラスに貼り付け・もしくはバイザーにクリップで固定するようにできているのだが、これを狙っての車上荒らしもあるので、多くの人はダッシュボード内にしまっておくようだ。必要時にフロントガラス付近に手でかざせばいいだけなわけだし。
EZ-PASSのGateは無人なのだが、前方と後方にカメラが備え付けられていて、ライセンスプレートとドライバーが撮影されている。”強行突破(?)”の場合には、これが証拠となる。
「なぜ後方にもカメラが?」という疑問もあるだろうが、これは州によって、車の前部のライセンスプレートが無い場合があるから。NY州はNJ州は車の前後へのプレート装着が義務なのだが、PA州は後ろだけ(任意というわけでもなく、そもそもが1枚しかないのだ)

旅行者等は、前者の”現金払い”を利用することになる。
現金払いについては別にどうってことはなく、Gateは有人なので、そのまま現金を支払うだけ。
(写真のHolland Tunnelでは、車は$4)

そうそう、有料道路の支払い方法で、もう一つあった。
上記のHolland Tunnel等の「数ドル」という料金ではなく、25セントとか50セントとかといった小額の料金の有料道路。
(New Jersey州だと、Garden State Parkwayがそう)
これは、EZ-Passでの利用の仕方は同じだが、現金払いに関して2つのケースがある。
●手持ちのコインがきっかりあって、お釣りを受け取る必要のない場合
●コインの持ち合わせがなく、お釣りが必要な場合
それぞれの場合によって、EZ-PassのGate以外に2つのGateを選ぶ必要がある。
前者(お釣り無し)の場合は「Exact Coin」と表示されているGate、後者(お釣り要)の場合は「Need Change」と表示されているGateになる。
後者はお金を差し出してお釣りを受け取るだけだから説明は不要だと思うので、前者の場合を説明する。
無人のGateに大きなバケツのようなカゴがついていて、そこに料金分のコインを投げ込むのだ。
そうすると、カゴの下の方にコインが落ちていって、正しい金額かどうかが計算される。それが確認されると前方の信号が青に変わる(もしくはGateが開く)ので、車を発進させる・・・という具合。
ここで使えるコインは、やはり25・10・5セントのみ。1セント(Penny)は使えないので注意が必要。
ちなみに、この小額の有料道路、数マイル(数k/m)走ったらまた料金所・・・・の繰り返し。
「もー面倒だなぁ、どうせならチケット式にして、最後にまとめて払った方が混まないし効率がいいのに・・」とも思ったが、前述の「NJはフルサービスのGSのみ」と同様、雇用機会を確保するためのようだ。
渋滞緩和のためにEz-Passを、雇用機会確保のために”有人のGate”を・・・という目的があるらしい。

アメリカでは、ホントに1セントは使えない場合が多いのだ。逆に25セント(Quarter)はよく使うので、私は車に常に20枚程度は常備している。