留守中に空き巣にはいられた!!


結論から言うと、

不在にしていたPennsylvaniaのアパートに何者かが侵入した。

8/23現在、まだ何も進展していない・・・というより、何が起こったのかすらつかめていない。

これ、笑い話などではなく、深刻な問題なので、逐一報告したい・・・・・と思う。

それにしても、いったいどうなっているんだアメリカは・・・。

[レポート]
とんでもないことになりました。「出張の出張」の為に不在にしていたPennsylvaniaのアパートに何者かが侵入しました。
時系列で事の次第をお伝えしますが、何分”その現場にいない”もので、なかなか状況がつかめません。
日本においても泥棒に入られた経験などないし、戸締りを怠ったわけでもありません。
何個カギを掛けても、ドアごと蹴破られたら無意味・・・。

【1999/8/17 (Tue)】
Pennsylvania(以後Penn)の駐在の方(以後N氏)から「至急連絡が欲しい」とE-Mailがあった。
「何事か?」と思って急いで電話連絡してみると、「Pennのアパートが泥棒に入られたらしい」とのこと。
この時点でわかったことは、
@”部屋の換気”をお願いしていた同僚が換気の為に部屋に行ったら、ドアが壊れていて修理の跡があった。ただならぬ気配を感じた同僚は、部屋には入らずにN氏に連絡した。
@皆で行ってみると、確かにドアに修理の跡があって、部屋に入ってみると、ドリンクの空き瓶と警官の名刺があった。その名刺には「連絡が欲しい」と書いてあった。
@アパートの管理事務所に事情を聞きに行くと、「隣人の通報で、警官が来て検証をした。ドアは蹴破られていたので直した。細かい事情は警察に聞いてくれ」とのこと。
8/13(Fri)の16:00頃、ものすごい音(おそらくドアを蹴破る音)を聞いた隣人が不審に思い警察に連絡した・・・とのこと。
@物色された様子はあったものの、事情がわからないので、私本人と連絡がとれるまで待っていた。

基本的に貴重品は残していかなかったものの、カナダ$で数ドルとAudio類の有無を確認。それらはあった。
思いつく限り、盗られたものはない。
警察官の連絡先を聞き、夕方ではあったもののTELした。でも、留守番電話なので、メッセージとこちらの連絡先を残した
この時点で、会社側責任者2名(米駐在:以後K氏とT氏)へも連絡。

【8/18 (Wed)】
私が昼間再度警察にTelしたが、「パトロールで不在なので、メッセージを」と電話に出た女の子に言われて再度メッセージを残す。連絡がつかないことをN氏へ報告。
出勤時、K氏に私からわかっている限りの事情を話す。
N氏は、T氏へも連絡の上、事情説明

【8/19 (Thu)】
N氏が、警察へTelの上、直接出向く。でも、担当警官は既に帰宅していた。

【8/20 (Fri)】
私が警察へ連絡するも、また「パトロールで不在」とのこと。再度「連絡はこちらに」とメッセージを入れる。

【8/27 (Fri)】
今に至る現在、N氏も私自身も、警察とコンタクトできていない。

■わかったこと
被害:
ドア(枠ごと)・・・・・・アパート側で修理済み(?)
ユンケル1ビン・・・・米で購入したものではなく、日本からおみやげにいただいたヤツ。

警察の対応:
被害の申告が無い(できないよね)のと、人的被害(殺人等)が無い為か、深刻な問題とは取り上げていない。

アパートの対応:
@ドアが壊れていたから直した・・のみ。あとは警察と話してくれ・・・とのこと。
@でも、”直した”と言っても、元通りではない。裂けたドア枠を釘で打ち付けただけ・・・・らしい。そんな部屋に戻りたくないよ・・・・・・・。

報告に対しての会社側の対応:
N氏には懇切丁寧に面倒をみていただいているが、K氏の対応を見る限り、会社って冷たい。N氏だったからよかったものの、N氏個人に任せっきりで会社は何もしていない・・・気がする。
@「アメリカとはそういう国だから・・・・・・・日本とは違う」と言われた。「そういう国」の一言で片付けられたのではたまらない。被害が無かったから良いものの、殺されていたりしていても「そういう国・・・」と言うのか??
@自費で・・となるものの、タイマーか何かを購入し夜でも電気をつけるように・・・
@勤務の都合がつけば一旦戻る事も認めるが、プライベートの事なので、これも自費で・・・。警察からの要請であっても同様。要は、戻りたいなら自分の休日とお金を使って・・・ってこと。
@引越しを希望したら、これも”全て自費で”とのこと・・・・

要は、なーんにも無い。・・・・・・・・・好き好んでこんなとこ(アメリカ)に居るわけじゃないぞ!。

もし、被害があった場合は・・・・ 会社としては一切の家財保険も生命保険も入ってなかった・・・・・ので、何の補償もなし。

駐在員と違って、出張扱いの僕らは24時間/365日が”勤務”であるとされている。
その前提で休暇無しとか家を離れる場合には届出が要るとか・・の拘束を受けているわけなのだが、その”勤務”中に事件に巻き込まれたのだから、もう少し手を貸してくれてもいいのでは???と思う


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す